通勤電車は遠くまで(12)

2017年03月12日 13:49

03900.jpg


交流区間の中距離を走る列車が、上野ではなく品川を目指している。
時と共に鉄道は変化して、当たり前も、いつしかそうではなくなってゆく。


2016/3 藤代駅 JR常磐線3181M特別快速土浦行 車窓・1190M品川行(E531系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(11)

2017年03月12日 13:48

03899.jpg


郊外の駅に、少し間延びした時が流れている。
この駅に来る列車は、交直両用の車両だけ。


2016/3 藤代駅 JR常磐線3181M特別快速土浦行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(10)

2017年03月12日 13:48

03898.jpg


東京のベッドタウンと、郊外の田園が、入り混じり車窓に流れてゆく。
さりげなく存在する鉄道の要衝、今ここが無加圧の、直流と交流の境目。


2016/3 取手駅~藤代駅 JR常磐線3181M特別快速土浦行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(9)

2017年03月11日 13:46

03897.jpg


東京への通勤圏内に、交直切替のデッドセクション。
限られた車両だけが、この先へ直通してゆく。


2016/3 取手駅~藤代駅 JR常磐線3181M特別快速土浦行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(8)

2017年03月11日 13:43

03896.jpg


今までの隣に架けられた新しい鉄橋。
大きくカーブして、駅につながる線路はダイナミックになった。


2016/3 天王台駅~取手駅 JR常磐線3181M特別快速土浦行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(7)

2017年03月11日 13:43

03895.jpg


利根川に架かる橋も、そこを走る列車も、全てが新しく変わっていた。


2016/3 天王台駅~取手駅 JR常磐線3181M特別快速土浦行 車窓・380M上野行(E531系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(6)

2017年03月10日 13:20

03894.jpg


繰り返しのアナウンス。
ここから先の車窓を楽しみに、だいぶ遅れてやって来た列車に、乗り込む。


2016/3 北千住駅 JR常磐線3181M特別快速土浦行(E531系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(5)

2017年03月10日 13:18

03893.jpg


荒川を長い鉄橋で越えるために、この駅から大きな空の下へ飛び出してゆく。


2016/3 北千住駅 JR常磐線1385H快速取手行(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(4)

2017年03月10日 13:17

03892.jpg


見慣れた通勤電車の、普段見ないカラー。
地下鉄を乗り換えて着いた、郊外へ向かう列車のホーム。


2016/3 北千住駅 JR常磐線1385H快速取手行(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(3)

2017年03月09日 12:44

03891.jpg


路面電車を廃止して、代わりに地下鉄を作り、乗り入れるその先も地下鉄。
この車両にとっての風景は郊外だけ、東京はすっかり暗闇の中だろう。


2016/3 水天宮前駅 東京メトロ半蔵門線B1231K準急中央林間行(8500系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(2)

2017年03月09日 12:39

03890.jpg


この列車は、地下の終点まで。
東京の街の隅々まで地下鉄が至り、多くが郊外電車と繋がった。


2016/3 水天宮前駅 東京メトロ半蔵門線A1187S押上行(08系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

通勤電車は遠くまで(1)

2017年03月09日 12:39

03889.jpg


旅の始まりは、暗闇に光る線路から。
気持ちはもう、列車を乗り継いだ先へ。


2016/3 三越前駅~水天宮前駅 東京メトロ半蔵門線A1187S押上行(08系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

信州へ、越後へ(16)

2017年03月08日 12:55

03888.jpg


僕は、上越線で旅を続ける。
信濃から越後への列車、再び信州へと山道を帰ってゆくのだろう。


2008/3 越後川口駅 JR飯山線131D越後川口行終着(キハ110形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

信州へ、越後へ(15)

2017年03月08日 12:53

03887.jpg


暖かな車内で、少しの間転寝をしていた。
乗り換えの駅で冷たい空気に触れて、軽く身震い。


2008/3 越後川口駅 JR飯山線131D越後川口行終着(キハ110形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

信州へ、越後へ(14)

2017年03月07日 12:52

03886.jpg


単行列車の終着駅は、山間の小さな駅。
降りた人々は、駅を出てゆくのか、上越線に向かうのか。


2008/3 越後川口駅 JR飯山線131D越後川口行終着(キハ110形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

信州へ、越後へ(13)

2017年03月07日 12:04

03885.jpg


列車は新潟県へ。
時間を遡るような感覚は錯覚だろうか、車窓はまるで、冬。


2008/3 越後鹿渡駅~越後田沢駅 JR飯山線131D越後川口行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

信州へ、越後へ(12)

2017年03月06日 11:19

03884.jpg


まだ、春は遠いのかもしれない。
季節は廻っているようで、実は止まることもあるのかもしれない。


2008/3 上桑名川駅~桑名川駅 JR飯山線131D越後川口行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

信州へ、越後へ(11)

2017年03月06日 11:17

03883.jpg


この路線が、新幹線と交わることになるとは想像もせず、ゆっくりと車窓を楽しんでいた。


2008/3 上境駅~上桑名川駅 JR飯山線131D越後川口行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

信州へ、越後へ(10)

2017年03月05日 11:16

03882.jpg


朝から列車を乗り継いで、再び、山深くに分け入ってゆく。
この列車で、冬に戻っていくような錯覚。


2008/3 上境駅~上桑名川駅 JR飯山線131D越後川口行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

信州へ、越後へ(9)

2017年03月05日 07:36

03881.jpg


耳に違和感を感じるのは、標高を上げてきたからだろうか。
車体を揺らして、ぐっと本線から曲がると、そこに駅がある。


2008/3 姥捨駅 JR篠ノ井線1533M長野行 車窓(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

信州へ、越後へ(8)

2017年03月04日 23:26

03880.jpg


夜を走る普通列車に乗って、今日の旅路はここまで。
まだひんやりとした空気は、この土地ならではかもしれない。


2008/3 松本駅 JR篠ノ井線1557M松本行終着(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

信州へ、越後へ(7)

2017年03月04日 23:04

03879.jpg


幹線としての機能を高めるために、新しい線路に付け替えられた。
昭和の終わり、開業したこの駅には、最初から駅舎さえ設けられなかった。


2008/3 みどり湖駅 JR中央本線1557M松本行 車窓(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

信州へ、越後へ(6)

2017年03月03日 22:08

03878.jpg


高原の駅、夜には人影も少ない。
この先へ向かう列車は、まだ来ていなかった。


2008/3 小淵沢駅 JR中央本線369M小淵沢行終着(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

信州へ、越後へ(5)

2017年03月03日 21:13

03877.jpg


乗り継ぐ列車の発車まで、30分の待合せ。
その時間の流れを自然に受け入れ、列車を見て楽しむ。


2008/3 甲府駅 JR中央本線下り貨物列車(EH200形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

信州へ、越後へ(4)

2017年03月02日 20:15

03876.jpg


慣れ親しんだ近郊型電車は、今はもう走っていない。
この列車に乗ると、今から遠くに行けるのだと心が躍った。


2008/3 甲斐大和駅 JR中央本線354M大月行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事