地下から出ることなく(10)

2017年11月05日 16:41

04429.jpg


計画的に作られた街にも、多少の自然の息吹。
まるで異世界に誘うかのように、口を開けている地下への入口。


2014/11 都営大江戸線 光が丘駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(9)

2017年11月05日 13:29

04428.jpg


列車は、一度も外の空気に触れることはない。
終点の駅で階段を昇れば、透き通った空に人工的な街。


2014/11 都営大江戸線 光が丘駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(8)

2017年11月04日 12:39

04427.jpg


日本で一番、距離の長い地下鉄。
1兆4千億円もの建設費をかけて、東京の地下に新しい路線が造られた。


2014/11 都営大江戸線 都庁前駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(7)

2017年11月04日 12:35

04426.jpg


建設費を少しでも減らそうと、トンネルを狭くした。
他よりも一回り小さな車両が、東京をぐるりと一周走っている。


2014/11 都庁前駅 都営大江戸線1211B1光が丘行(12-000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(6)

2017年11月03日 12:34

04425.jpg


6の字を描くように走る。
東京を一周した線路の結節点、片方は終点、もう片方は放射部へ。


2014/11 都庁前駅 都営大江戸線1211B1光が丘行(12-000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(5)

2017年11月03日 12:07

04424.jpg


ホームに立った時の視線。
今までよりも安全で、その代わり閉鎖的な空間、それがいつしか当たり前に。


2014/11 汐留駅 都営大江戸線1115A1都庁前行(12-000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(4)

2017年11月02日 12:06

04423.jpg


地上から隔離された、地下の駅の空間。
線路から僕を隔離する、一直線に延びるホームドア。


2014/11 都営大江戸線 汐留駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(3)

2017年11月02日 12:04

04422.jpg


地下に、どんな線路が敷かれているのか、よく見えない。
よく見えないから、ちゃんと見てみたくなる。


2014/11 汐留駅 都営大江戸線1131B1光が丘行(12-000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(2)

2017年11月01日 12:03

04421.jpg


複雑な分岐器、列車の走る姿を想像する。
本線、留置線、浅草線への連絡線、全てを捌いている。


2014/11 都営大江戸線 汐留駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

地下から出ることなく(1)

2017年11月01日 12:02

04420.jpg


地下に広がる不思議な空間。
線路が分かれて、見えないどこかに向かっている。


2014/11 都営大江戸線 汐留駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

函館駅、夕暮れ(14)

2017年10月31日 17:15

04419.jpg


記憶の彼方へと走り去った特急列車。
僕は今も、こんな函館駅の情景に憧れの気持ちを抱いている。


2012/10 函館駅 JR江差線(JR函館本線)4023M特急白鳥23号函館行終着(485系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

函館駅、夕暮れ(13)

2017年10月31日 17:14

04418.jpg


この車両が生まれた頃、まさか津軽海峡を走るとは思っていなかっただろう。
スマートにリニューアルされて、雪降る町の足として走り続けた。


2012/10 函館駅 JR江差線(JR函館本線)4023M特急白鳥23号函館行終着(485系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

函館駅、夕暮れ(12)

2017年10月30日 17:13

04417.jpg


この駅で繰り返されてきた、乗り継ぎの情景、今はもう見られない。
青函連絡船から、青函トンネルを走る列車、時代に連なる大切な風景。


2012/10 函館駅 JR函館本線5019D特急北斗19号札幌行(キハ183系)・JR江差線(JR函館本線)4023M特急白鳥23号函館行終着(485系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

函館駅、夕暮れ(11)

2017年10月30日 17:09

04416.jpg


北海道の車両の、この色合いが好きだ。
冷たい青、透き通る白、ラベンダーの紫、若葉の緑。


2012/10 函館駅 JR函館本線5019D特急北斗19号札幌行(キハ183系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

函館駅、夕暮れ(10)

2017年10月29日 17:08

04415.jpg


津軽海峡から、冷たい風が吹き付ける。
ただ広い構内は、長距離ランナーの束の間の休息の場。


2012/10 函館駅 函館運輸所 JR函館本線滞泊列車(キハ183系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

函館駅、夕暮れ(9)

2017年10月29日 17:07

04414.jpg


走り去って、もう、見えなくなる。
特急スーパー白鳥、新幹線の開業と共にその姿は消えていった。


2012/10 函館駅 JR江差線(JR函館本線)4042M特急スーパー白鳥42号新青森行(789系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

函館駅、夕暮れ(8)

2017年10月28日 17:07

04413.jpg


函館駅の空はいつ見ても、大きいと思う。
特急を眺めていると、ホームの案内が北斗星上野行に切り替わった。


2012/10 函館駅 JR江差線(JR函館本線)4042M特急スーパー白鳥42号新青森行(789系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

函館駅、夕暮れ(7)

2017年10月28日 17:07

04412.jpg


美しく弧を描くホーム、滑るように発車してゆく。
青函トンネルを越えて、青森を目指して。


2012/10 函館駅 JR江差線(JR函館本線)4042M特急スーパー白鳥42号新青森行(789系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

函館駅、夕暮れ(6)

2017年10月27日 17:06

04411.jpg


海を渡る特急が、海を感じる駅で発車の時刻を待つ。
鋭く光るヘッドライトが、薄暮を照らしている。


2012/10 函館駅 JR江差線(JR函館本線)4042M特急スーパー白鳥42号新青森行(789系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

函館駅、夕暮れ(5)

2017年10月27日 16:59

04410.jpg


間もなく到着する特急列車を待つ姿。
駅に凛々しい時間が流れる。


2012/10 函館駅 JR函館本線5019D特急北斗19号札幌行(キハ183系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

函館駅、夕暮れ(4)

2017年10月26日 16:58

04409.jpg


北斗という名前、北海道の鉄道に夢を見ている。
ブルーモーメントを走り抜ける3時間半、この駅がその旅の始まり。


2012/10 函館駅 JR函館本線5017D特急北斗17号札幌行(キハ183系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

函館駅、夕暮れ(3)

2017年10月26日 16:56

04408.jpg


函館本線を走る列車の競演。
普通列車、特急列車、この駅で出発の時を待っている。


2012/10 函館駅 JR函館本線823D長万部行(キハ40形)・5017D特急北斗17号札幌行(キハ183系)・5019D特急北斗19号札幌行(キハ183系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

函館駅、夕暮れ(2)

2017年10月25日 16:53

04407.jpg


江差線という名前がなくなって、今、思い出す。
エンジンの音を響かせて、1両だけの区間列車が駅を出てゆく。


2012/10 函館駅 JR江差線(JR函館本線)1160D上磯行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

函館駅、夕暮れ(1)

2017年10月25日 16:51

04406.jpg


日本3大夜景と呼ばれて、澄んだ空気に美しき町の輝き。
駅に着いた旅人は、函館山を見上げて何を想うだろう。


2012/10 函館駅 JR函館本線823D長万部行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大糸線を辿れば(12)

2017年10月24日 21:15

04405.jpg


信州の爽やかさが、この特急列車には残っている気がして暫く眺めていたけれど、混雑に押し出されるようにしてホームを後にした。


2001/10 新宿駅 JR中央本線14ML特急スーパーあずさ14号新宿行終着(E351系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事