夕に和歌山、そして夜に大阪(10)

2018年05月05日 20:41

04857.jpg


暗くなって、もう車窓がよく見えなかった。
けれど、着いた駅の風情が心に響いたのをはっきりと覚えている。


2010/5 天王寺駅 JR阪和線和歌山行(103系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→焼きとんちゃん様へ | URL | O7xVy9HA

    こんにちは。
    お返事が遅くなり、大変失礼致しました。
    国鉄の103系、そして東武鉄道の8000系を見ていますと、今の時代までよくぞ活躍し続けてくれたことに拍手したくなります。そして同時に、シンプルであることの良さ、シンプル・イズ・ベストと納得する気持ちにもなります。だからこそ、今でも使い続けることができるのではないかとも思っています。
    今のコンピュータで制御される車両とは明らかに違って、アナログ寄りな存在にどこかほっとするような感覚があるのも不思議なものです。
    この世代の車両が本当に見られなくなるのは、そう遠くないのかもしれません。寂しいことですが、最後まで第一線で活躍し続けて欲しい車両です。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. こんにちは
    見れば見るほど古いです。103系頑張っていますね。いま新製すると装備される機能がほぼついていないんですから、もう多くを求めない感じです。

    あとは、少しでも長く活躍することを希望することでしょうか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/4862-cab9c4c9
この記事へのトラックバック