工業地帯へ向かう赤い列車(5)

2018年02月09日 21:36

04666.jpg


この駅は、近い将来に地下駅になると言う。
仮設のホームは、歩くと鉄板に靴音が響く。


2015/2 小島新田駅 京急大師線2180小島新田行終着(1500系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→libertyrail様へ | URL | O7xVy9HA

    こんばんは。
    コメント頂き、ありがとうございます。
    京急の、品川〜川崎〜横浜は躍動感に溢れていますが、大師線はそれとは切り離された世界にあるように感じます。川崎の駅も地上の短い専用ホームに別れていて、短い列車がゆっくりと入ってくる様子は、旅の途中のような感覚にさえなります。
    京急の出自とも言える路線でありながら、今は完全なる支線、しかも川崎市の都市計画の右往左往に巻き込まれている側面もあるようで、産業道路との交差部を地下化するだけでなく、川崎側も地下鉄計画との関連で移設と地下化が計画されたことがあったようです。
    まだまだ路線の風景はまだまだ変わるのかもしれませんが、見ていきたい魅力のある路線ですね。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. libertyrail | URL | -

    こんにちは。

    京急大師線は2014年12月に乗りましてビュンビュンぶっ飛ばす本線とは真逆の
    川崎大師がある下町と工業地帯へつながる小さな路線という印象を持ってます。

    小島新田の一つ前が産業道路という変わり種の面白い駅名があり
    名前聞いただけで気に入りました。
    仮設の駅もあと少しで役目を終え地下駅になりますが
    どんな駅になるのだろうと個人的にも楽しみであり地上からなくなるのが
    ちょっと寂しいなと複雑な心境を持ってます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/4671-168a3bb2
この記事へのトラックバック