北関東を走る(9)

2017年07月26日 12:54

04201.jpg


両毛線のホームは、新幹線の高架下。
行き止まりの線路に、折り返しを待つ近郊型電車。


2013/7 小山駅 JR両毛線454M高崎行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→レイルファンにっしー様へ | URL | 6rEmdV5I

    こんばんは。
    お返事が大変遅くなり失礼致しました。コメント頂きありがとうございます。
    115系は身近に様々な路線で乗ることのできる、旅を感じさせてくれる存在でした。見ることができなくなるとは想像もしないくらいにありふれた車両でしたが、乗れば、山を、雪を、海を、様々な車窓を楽しませてくれた、思い出の列車の数々にもなっている、大切な存在です。
    近い将来、高崎エリアも全ての普通列車がステンレスのものに置き換えられてゆくことと思います。それも時代の流れで仕方ないことだとは思いますが、この無骨な近郊型電車の姿は、将来にも忘れることはないだろうと思っています。
    風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

  2. レイルファンにっしー | URL | -

    残り少なくなりました

    風旅記さんこんにちは。

    昨年末くらいから急に高崎の115系が大量削減になってきました。まだ両毛線はある程度走ってますが、上越・信越線は大幅に減って、いよいよかという雰囲気です。

    載ってもとっても楽しいこういう車両が減っていくのは何とも寂しい気分ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/4206-89037e5a
この記事へのトラックバック