雪深き鉄路(19)

2011年03月22日 09:46

00415.jpg


今では無人の終着駅、かつてはその先の石狩沼田との往来の中間駅であった。
駅員氏もいたのであろう。
今では全て板で塞がれてしまった窓口らしき場所、そして煙の出ることのない煙突。
今日も一日3本の列車が静かにやってきて、そして去ってゆく。

[2007/3 JR札沼線新十津川駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/420-be02c65f
    この記事へのトラックバック