予土線に乗って(13)

2017年05月30日 16:24

04070.jpg


大好きな駅。
幾度も四万十を旅して、この駅を見てきた日々。


2008/5 江川崎駅 JR予土線4825D宇和島行(キハ54形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→ミュー様へ | URL | O7xVy9HA

    こんにちは。
    こちらもコメントを頂戴し、ありがとうございました。
    江川崎駅も、過去には賑わっていたのでしょうね。宇和島から線路が届いたときには、終着駅として、機関車や客車、貨車が停まって、乗客も駅員も、集う場所としての駅があったのだろうと想像しています。
    四万十川は、雨が降れば濁りますが、その後数日待てばまた元の美しさに戻っていくと思います。もう随分前ですが、四万十川ではその時々の天気に合わせてよく遊びました(もちろん台風や豪雨のときには一刻も早く水辺から離れることが鉄則です)。
    トロッコは、さすがに元貨車、ガタガタと振動するようでした。それも含めて、風を浴びながら風景を見ている時間が、大人も子供も、直感的に楽しめる最高にいい乗り物です。もっと人気が出ていいと思っています。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. ミュー | URL | FCbMmv32

    四万十川とともに

    風旅記さん、こんばんは。

    四万十川と一緒に、江川崎まで来ましたね。楽しく拝見しております。
    清流と一緒に寄り添い、トロッコ列車はさぞかし爽やかな乗り心地であったと思います。
    自分が乗った時は雨上がりでしたので、やや濁流だったのが残念でした。しかしこれも、自然の姿なんですよね。
    江川崎駅は広々とした構内でした。かつてはここにSLや気動車たちが集う光景が見られたのでしょうね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/4075-1b0ad412
この記事へのトラックバック