予土線に乗って(1)

2017年05月26日 15:57

04058.jpg


高度成長期に、鉄道はここまで建設された。
綺麗な弧を描いて敷かれたレールは、四万十川の雄大さの表れ。


2008/5 土佐昭和駅~十川駅 JR予土線4825D宇和島行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→ミュー様へ | URL | O7xVy9HA

    こんにちは。
    コメントありがとうございました。お返事が遅くなりまして失礼致しました。
    私も、四国の鉄道、大好きです。どの路線に乗っても、そこにしかない車窓を楽しめますが、予土線の四万十川の風景は格別です。
    直線的に敷かれた線路、気動車は速度を上げて走っていきます。山と川、美しい風景を眺めているのも、いい時間ですね。
    江川崎を出て宇和島までは、あまりにものんびりと走りますし、風景も穏やかで、、、幾度か乗りましたが、学生の貧乏旅行ゆえの寝不足で、、、いつもうとうとと・・・
    運転席の後ろから見ていると、本当に童心に返るようです。いつまで見ていても飽きません。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. ミュー | URL | FCbMmv32

    予土線特集

    こんばんは。ご無沙汰しております。
    4月が誕生月でしたので、フリーきっぷで乗ってきました。
    目当ては“はりぼて新幹線”です。

    四国の鉄道は初めてでしたが、やはり遠出はいいものですね。日常を忘れて楽しむことができました。またじくりと訪れてみたいです。
    一番前で見ていた景色を思い出しながら、予土線特集を拝見しております。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/4063-32900c05
この記事へのトラックバック