風光る東北で(4)

2017年04月25日 08:28

03993.jpg


駅に停まるごとに、車内が賑やかになっていく。
終点の駅、ホームに若さが弾けだした。


2009/4 仙台駅 JR東北本線573M仙台行終着(719系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→コレ1989様へ | URL | O7xVy9HA

    こんにちは。
    コメントありがとうございます。お返事遅くなり失礼致しました。
    719系もいよいよ引退ですね。JRになってからの車両は皆、まだ新しいように思っていましたが、国鉄がなくなって既に30年、廃車が出てもおかしくないだけの時間が経っていました。早いものです。
    仙台駅に向けてどんどん乗客が増えていき混み合ってゆく車内、イメージが湧きます。若い人も増えて、仙台が東北で一番大きな街であることも、列車に乗っていると感覚的に伝わってきます。
    書いてくださいました臨時の快速列車、私も乗ったことがあります。
    http://kazetabiki.blog41.fc2.com/blog-entry-3009.html
    確かに停車駅が少なかったような、コメントを頂き思い出したような、忘れてしまったような… 在来線を快走する列車、乗っていて楽しいですね。遠くまで普通列車を乗り継いで行くときには、このような列車があると随分、楽ができたような気持ちになるのでした。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. コレ1989 | URL | PyJ1BqQs

    こんばんは。楽しく拝見しています。

    自分の印象では槻木、岩沼あたりからどんどん乗客が増えていって名取あたりでとても混雑している印象がありました。
    黒磯-郡山間ではロングシート車に乗る確立が(自分の中では)高いのに、この区間ではクロスシート車に当たる率が高いです。

    この区間で719系ですと、近年では繁忙期に運転される臨時快速電車を思い出します。
    注目度は低いですが、定期の快速電車よりも停車駅を絞っていてなかなか軽快な走りが楽しめてよかったです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/3998-e382fbc6
この記事へのトラックバック