春まだ遠くへ(2)

2017年04月10日 19:17

03961.jpg


その先への下り列車に乗り継ぐ。
ボックスシート、仙台の表示、東北に来たことの嬉しさを感じて。


2005/4 いわき駅 JR常磐線273M仙台行(455系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→レイルファンにっしー様へ | URL | O7xVy9HA

    こんばんは。
    コメント頂き、ありがとうございます。
    急行型電車、今の優等列車に比べれば、座席は狭く背もたれは垂直、昔ながらのボックスシートで、特段設備が良い訳ではありませんでしたが、乗って車窓を眺めていると本当に旅が楽しくなってくる感覚がありました。
    デッキと扉で仕切られた社内が落ち着くのかもしれませんし、その車内が冬は温かく感じられたのかもしれません。
    東北方面や北陸方面で普通列車に乗っていると、幼かった頃に家族で乗ったような、薄っすらとした記憶が浮かんできました。
    既にこれらの車両もなく、その後の車両さえ廃車になっていっています。
    時が経つのは早いですね。

  2. レイルファンにっしー | URL | -

    風旅記さんこんばんは。

    この455系も、懐かしい国鉄急行の旅を体感できる車両でした。乗り心地もよく、車内でボックスを占領して駅弁を食べるにはもってこいの車両でしたね。

    いま、そのような旅を体感できるのは、JR東日本なら東北地区のキハ40ぐらいですかね~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/3966-65b39476
この記事へのトラックバック