通勤電車は遠くまで(1)

2017年03月09日 12:39

03889.jpg


旅の始まりは、暗闇に光る線路から。
気持ちはもう、列車を乗り継いだ先へ。


2016/3 三越前駅~水天宮前駅 東京メトロ半蔵門線A1187S押上行(08系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→ミュー様へ | URL | O7xVy9HA

    こんにちは。
    コメント頂きありがとうございました。
    東京の地下鉄で、地上を走る郊外電車との相互乗り入れをしていないのは、規格の異なる銀座線と丸ノ内線、そして大江戸線だけ。他は全てが都心を離れて向こうの方まで走っていきます。
    半蔵門線は、気が付けば東急・東武をつなぐ役割を果たして、関東を縦断する長距離列車の運行を日々支える存在になりました。一昔前には想像もしませんでしたが、頂いたコメントの通り、街から街への大動脈として機能するに至っているのが見事だとも思っています。
    地下鉄の何気ない駅でも、次に来る列車はどこの会社の車両か、どこまで走ってゆく列車かと想像しながら眺めていると、それも楽しいものです。(とは言いつつ、やはり外の駅の方が気持ち良いですが・・・)
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. ミュー | URL | FCbMmv32

    ギラリ

    こんばんは。

    HIDを輝かせながらの入線シーン、カッコイイですね~。
    何気なくタイトルを見ていましたが、地下鉄は何も地下ばかりを走るわけではないんですよね。
    地上へ出てさらにその先へ。街から街へと大勢のお客さんを運んでいるんですよね。そう考えると、感慨深いです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/3894-f886aee8
この記事へのトラックバック