信州へ、越後へ(1)

2017年03月01日 18:37

03873.jpg


夜に旅立ち、西へ、信州へ。
さらに山へ分け入る、入口の駅で。


2008/3 高尾駅 JR中央本線東京行(E233系)


書評・・・・・
普段接することのない心理学の世界の、ごく入口なのだろう。
平易な言葉で書かれたその体系は、自分で実践することの難しさをむしろ実感させる。
今まで受けてきた教育の基本思想をこんなに意識したことはなかったし、断片であったとしても覚えておきたいと思える内容。
『嫌われる勇気―─自己啓発の源流「アドラー」の教え』岸見一郎・古賀史健著(ダイヤモンド社2015年第24刷)☆☆☆☆・


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/3878-982c373a
    この記事へのトラックバック