大切な風景(9)

2017年02月05日 11:08

03818.jpg


隣の駅を訪ねれば、そこにも、落ち着いた駅の風景。
程なくして、無人駅になった。


2012/2 JR八高線 丹荘駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→コレ1989様へ | URL | O7xVy9HA

    こんばんは。
    コメント頂き、ありがとうございました。
    国鉄時代からある古い駅舎は減る一方で(それは仕方ないのですが)、建て替えられると、その駅に駅員がいることはこの先もうないのだと思い知らされるような、小さな待合室だけの建物になることが殆どで、やはり寂しい気持ちになります。
    この駅に、小さな私鉄線が接続していたこと、私はウィキペディアで初めて知りました。知れば、それを見てみたかった、今も残る痕跡を追ってみたいと思いますが、知る機会がなければそのままなかったことになり、やがて存在が無に帰します。
    社会全体が忘れること、寂しいことですね。
    私も八高線は大好きです。里山の風景は、車窓に眺めていて幸せな気持ちになります。ベッドタウンとしての町並みとも、秩父の山深さとも違う、この路線も関東の一つの表情だと思っています。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. コレ1989 | URL | -

    こんばんは

    いつも楽しく拝見しています。

    かつては上武鉄道との接続も担っていた丹荘駅ですが、近年では交換設備が廃止されたとも聞き衰退気味のようで少し寂しく思います。
    風格のある駅舎もここ最近は老朽化による建て替えでシンプルなデザインのものに変わっていく風潮があるので、こちらも早め早めに訪れることが出来たらなと思います。

    埼玉県民の手前味噌で恐縮ですが、八高線は関東から近くローカル風情が漂い、始終着駅の路線接続も良いので小旅行にはとても良い路線ですね。



    引き続き、素敵な記事を楽しみにしています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/3823-c8839c24
この記事へのトラックバック