日本最古の(13)

2016年08月18日 17:32

03539.jpg


レールに近い第三軌条に電気が流れている。
危なくないように、線路を封鎖する踏切があった。
最古の地下鉄は、独特な設備に支えられて、今日も忙しなく走り続けている。


2014/8 東京メトロ銀座線 上野検車区


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→コレ1989様へ | URL | O7xVy9HA

    こんにちは。
    コメント頂きありがとうございました。返信が遅くなり失礼致しました。
    ファインダーを通じて細かな情景まで見ることで、今の時代は写真を通じて旅を記憶するようになっているのかもしれません。
    以前の、後の現像・プリントのことまで考えてフィルムに枚数の制約を感じていた時代には、最初からそこまで細かいことにカメラを向けることはなかったのだろうと思いますし、結果として見逃していたのかもしれません。
    カメラの在り方が変わることで、旅人の視線も変わっていると思うと、興味深いですね。
    デジタルの時代になり、ビビッドでコントラストのはっきりとした写真が増えているように感じています。それを敢えてフィルムの頃のように画像を手直しするのか、デジタルの特性としてその特性を活かした写真を撮るようにするのか、考えてもいいのかなと思っています。今のように簡単に画像を加工することはできませんでしたが、昔から新しいフィルムが出れば、使い手がその好みや活かし方の考えを巡らせていたと思いますので、それを今も続ける方がいのかな、くらいの感覚です。
    少なくとも、デジタルの世界を盲信することだけはしたくない、という感覚です。
    駄文失礼致しました。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. コレ1989 | URL | K6LUbpOs

    こんにちは

    今回も楽しく拝見させて頂きました。

    静かな雑居ビルの中を上野検車区に向かって歩きますと、地上に並行して線路が無いのでいきなり現れる踏切に少し違和感を覚えた印象があります。

    私も銀座線といえば01系かな、と思います。
    銀座線に限らず、東京メトロの駅が明るい印象なっていって、それはそれで良い事ですが、営団時代の無骨な発車ブザーや少し薄暗い連絡通路も趣きがあったかな、と思いました。



    前回お話頂いた、フィルムカメラの件ですが私もやはり同意見かもしれません。
    古い写真を見返し、撮影枚数が少ないのはやはり当時自分には24、もしくは36枚の撮影制限があったようです(笑)
    現像も正規店に出すと早く仕上がるのですが、そんなお金に余裕は無く安い業者に委託している書店やクリーニング店に出しては3日後の仕上がりを少しモヤモヤしながら待っていました。(フィルムっていろんなお店に出せましたね)

    10年ぶりに鉄道趣味を始めて、まともにカメラを握るのも10年ぶりになるのですが、本当に今の性能は凄いですね。
    私も確かにファインダー越しになる機会は増えましたが、いろいろな路線や車両、細かな設備まで目を向けられるのも際限なく撮影出来るカメラのお陰かな、とも思うのです。

    目で見たものだけでは無くても現地の音や匂いも旅の記憶に収まるかな、と思います(上から目線に見えたら申し訳ありません。。)
    私はたまにその旅のときに聴いてた音楽などで、記憶がフラッシュバックすることがあります(笑)

    長文、失礼しました。
    カメラのお話で丁度思うところがあり、コメントさせて頂きました。

    今後も、楽しみにしています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/3535-eaf4e87a
この記事へのトラックバック