時が流れても(10)

2016年09月24日 18:05

03507.jpg


遠路遥か、列車は会津へ。
山を走り、川を眺め、その先を見詰めるが如くに。


2007/9 只見駅 JR只見線434D会津若松行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→リス丸様へ | URL | O7xVy9HA

    こんばんは。
    コメントありがとうございました。
    只見線は本当にいい路線だと思います。車窓の美しい風景、会津の鄙びた風景や越後の寒々とした風景、これらをのんびりと眺めているだけで、その時間がとても貴重なものに思えてきます。
    国鉄時代からの気動車がゆっくりと走り、途中の駅で長く停まったりもします。
    豪雨による最大で一部の区間が不通になったまま、再開の目処も立っていませんが、今列車が走る間だけでも少しでも多くの人にこの路線を訪ねて頂きたいと思っています。もし機会があれば、ぜひお勧め致します。
    大変嬉しいコメント、また見て頂いているとのこと、素直に喜んでおります。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. リス丸 | URL | uXGNHuLQ

    初めまして
    先日は、コメントどうもありがとうございました
    以来、度々ブログを拝見させていただいております

    あたたかみのあるライトと空の色が対比して、とても綺麗ですね
    印象に残る素敵な一枚だと思います
    只見線は、今まで訪れたことがないので、私も是非行ってみたいなと思っています

  3. 風旅記→ex-hisa様へ | URL | O7xVy9HA

    こんにちは。
    コメントありがとうございました。返信が遅くなりまして、失礼致しました。
    どのローカル線に乗っても楽しいものですが、強く記憶に残る路線があります。個人的には、北海道の路線は、距離の長さと雄大な風景が印象的で、忘れることのできない、鮮烈な記憶です。
    こちらの只見線も、只見や大白川の人跡未踏にも見えるような(実際には水力発電の開発がなされた地域ですが)山深い景色であったり、会津の鄙びた山村の風景は忘れられないものです。
    遠い夢かもしれませんが、いつの日にか、全線で復旧することを願わずにはいられません。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  4. ex-hisa | URL | LwaH4rCk

    ブログへの訪問・コメントありがとうございました。

    只見線の写真、拝見しました。
    雰囲気のよい写真が多くて、見とれてしまいました。
    黄昏時のローカル線の雰囲気は大好きです。

    只見線の一部区間が不通になってから、もう5年も経ちますね。
    不通になる前に、2、3度ほど全線を通して乗りましたが、自然豊かで美しい車窓でした。
    復旧には多額の費用が掛かるなど、厳しい状況ですが、何とか復活してほしいと願っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/3512-1a8445ae
この記事へのトラックバック