旅に出たい気持ちのまま(1)

2016年08月01日 23:50

03394.jpg


満員になった夜行列車では足りなくて、追加の列車が走っていた。
硬いボックスシートに身を捩らせて、眠れたような、目が覚めていたような時間。


2000/8 品川駅 JR東海道本線9375M臨時快速大垣行(167系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→train-spotter様へ | URL | O7xVy9HA

    こんばんは。
    コメントありがとうございます。
    夜行列車はもう使う機会が持てない程に少なくなってしまいました。今も定期列車で走るサンライズ瀬戸・出雲にいつか乗ってみたいと思いながら、なかなか山陰地方を訪ねる機会もなく、普段は眺めるばかりです。
    ムーンライトと銘打った夜行列車も、昔は多数走っていました。その中でも、東海道本線の「ながら」と、上越線方面の「えちご」は、よく乗った列車でした。今思えば、若い時だからできる旅のようにも感じますし、一晩くらい浅い眠りのままシートに身を埋めて遠くに行きたいとも感じます。
    今では旅のスタイルが変わったのでしょうが、それでも夜行バスには気が向かない自分がいます。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. train-spotter | URL | SRg9hA82

    こんばんは。ご訪問ありがとうございました。
    私は373系と189系のムーンライトながらに乗車したことはありますが、残念ながら急行型電車による大垣夜行には乗ることができませんでした。165系には乗車したことがありますが、あの固いボックスシートでは、とても大垣まで深い眠りにつくことはできなかったと思います。しかし、それでも必ず満員になる電車でしたね。それが今ではムーンライトながらでさえも一年間で2週間程度の臨時列車になってしまいました。本当に夜行列車を使う人が少なくなり、寂しいです。18切符と夜行快速を使って旅をする。そんな時代ももう終わってしまうのでしょうか・・・
    今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/3399-752c9a1b
この記事へのトラックバック