列車は町の無人駅へ(8)

2016年07月16日 15:06

03364.jpg


西新井大師への参詣客が、このホームを埋め尽くす。
賑わいを想像するには静かな、昼下がりの無人駅。


2014/7 大師前駅 東武大師線1502D西新井行(8000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→あるまーき様へ | URL | O7xVy9HA

    こんばんは。
    コメントありがとうございました。
    亀戸線・大師線ともに、23区内とは思えないようなのんびりとした時間が流れています。ぜひゆっくりと行かれてみてください。
    大師線が賑わう一番は初詣でしょうが、2両編成の電車が行き来するだけの一駅の支線の日常からは、そんなに混雑する様子は想像がつきません。ゆっくりと走ってあっという間に終点へ、言葉通りのショートトリップです。
    西新井駅の中で大師線の切符を回収してしまうシステム、確かに合理的ではありますが、やはり使い慣れていないと違和感があります。西新井駅の中に、大師前駅の改札機があるのは、何とも言えずに不思議なものです。
    ぜひ、楽しんできてくださいね。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. あるまーき | URL | JrwFkL7k

    はじめまして

    風旅記さま
    先日は拙ブログへお越しいただき、また、コメントも頂戴しましてありがとうございました。
    東武大師線のシリーズ、興味深く拝見させていただきました。実は、ちょうど、東武の、ローカルな感じのする亀戸・大師両線に乗りに行ってみようと計画中でした。夏休みシーズンが済んだら行こうと思っているのですが...。
    西新井駅で改札をする独特なシステムは、聞いたことはありました。でも、きっと正月には賑わうのでしょうが、広いホームに2両編成の電車、また、大師前駅の不相応にも思えるような豪華さ、その雰囲気が存分に伝わってくるお写真の数々。見入ってしまいました。
    また、お邪魔させていただきたいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/3369-a2610a52
この記事へのトラックバック