45km/hまで(10)

2016年07月05日 19:02

03341.jpg


列車はスピードを上げて、大きな川を渡ってゆく。
大阪の真ん中へ。新しい線路で。
武庫川線の最高速度は45キロ、もう、遠い存在に感じられて。


2012/7 阪神なんば線1822快速急行近鉄奈良行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません


コメント

  1. 風旅記→burning s様へ | URL | O7xVy9HA

    こんばんは。
    コメントありがとうございました。お返事遅くなりましたこと失礼致しました。
    身近なところにも大きな川を渡る鉄橋は多々ありますが、新しいものほど高さがあるように思います。この、新淀川を渡る橋からの風景を眺めて、違和感がある程に水面が近くに感じられて、印象深い車窓でした。
    今では近鉄と乗り入れをし、主要な路線の扱いになっているのだろうと思いますが、以前の西大阪線時代を見てみたかったとも思います。
    地下鉄との相互乗り入れが当たり前で、多くの路線が、中心の山手線に接続している東京の私鉄と違い、ターミナル駅が分散している関西の私鉄には「都会のローカル線」があって、魅力的に映ります。西大阪線時代や、南海の汐見橋駅までの区間などでしょうか。
    水辺を走る列車を撮るのは楽しそうですね。また再訪してゆっくり沿線を巡ってみたい場所の一つです。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. burning s | URL | -

    こんにちは。

    阪神なんば線の車窓で一番に来るのはこの風景ですね。

    鉄橋の高さが低く目の前に川の水が近くに迫ってるので
    走行時一気に進んでく時よりも前の列車の関係でスピード落として
    ここを走ってる時は早く着いてくれぇと思ってしまいます。

    前後の駅は訪問はしたことありませんが前後の駅のホームから
    鉄橋に入る画をいつか撮ってみたいと思ってます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/3346-954ed2dc
この記事へのトラックバック