車窓は春の姫川(11)

2016年06月23日 08:02

03316.jpg


雪解け水で冷たいのだろうか。
川に迫り出すようにして、気動車はエンジンを唸らせ力行してゆく。


2008/6 中土駅~北小谷駅 JR大糸線423D糸魚川行 車窓(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→ミュー様へ | URL | O7xVy9HA

    おはようございます。
    コメントありがとうございました。返信が遅くなり失礼致しました。
    大糸線を旅していますと、自然と深呼吸していることがあります。書いてくださったように、本当に清々しく、身体が喜んでいるのだと思います。
    姫川は暴れ川で、豪雨で災害が起きたりもしましたが、流された鉄橋も架け替えられ、大糸線も復旧しました。この路線の魅力は、美しい自然に囲まれての清々しい空気にあるように思います。
    この頃はまだ古い気動車が走っていて、窓を開けて列車に乗るのも楽しいものでした。
    もし機会がありましたら、ぜひ旅されてみてください。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. 風旅記→Aii様へ | URL | O7xVy9HA

    おはようございます。
    コメントありがとうございました。返信が遅くなりまして失礼致しました。
    トリップしたような気分、大変嬉しいお言葉です。
    元々このブログを始めたのは、自分の旅の軌跡をそのままお見せしながら、鉄道の魅力を少しだけでも発信できたら、と思ったのがきっかけでした。
    旅の気分をお伝えすることができたならば、こんなに嬉しいことはありません。
    エンジンを響かせて、美しい山の景色を眺め行く列車の旅、どうか一人でも多くの方が、新幹線を降りてからローカル線に少しの寄り道をして楽しんでくれることを願っています。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  3. ミュー | URL | FCbMmv32

    清流

    こんばんは。

    単行気動車で川沿いを行く旅路は、何とも旅情を掻き立ててくれますね。
    済んだ青空に新緑の木々が生き生きとしていて、見ていて清々しいです。
    力強いエンジンとレールのジョイント音の合唱に、ボックスシートに身を預けて風を感じる。。。
    たまりませんね!

  4. Aii | URL | USanPCEI

    こんばんは。
    大糸線の車窓を写したお写真、ほんのわずかな間、
    トリップしたような気分になりました。
    力行をし始めた気動車のエンジン音は、
    さぞかし、気持ちのいい音色を、
    響かせているんでしょうね…。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/3321-718cd628
この記事へのトラックバック