重たげな曇り空の下(3)

2016年06月14日 15:30

03299.jpg


ホームの水溜りは、雨の記憶の欠片。
季節外れに肌寒い風に吹かれるだけ、列車は旅立つ。


1997/6 海芝浦駅 JR鶴見線海芝浦支線鶴見行 車窓(103系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/3304-6f6233f3
    この記事へのトラックバック