真紅の列車が夜に映える(11)

2016年02月22日 18:26

03072.jpg


この駅の先に延びる線路には市電が走り、3線軌条で貨物列車を国鉄に連絡していたという。
とうの昔に全てがなくなり、この駅が言葉通りの終点となっている。


2015/2 小島新田駅 京急大師線1880小島新田行終着(1500系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→武蔵宮様へ | URL | O7xVy9HA

    こんばんは。
    コメントありがとうございます。返信が大変遅くなり申し訳ございません。
    京急大師線は初めて訪ねた路線だったのですが、短い路線の割に表情も豊かで、大変魅力的に感じました。
    川崎の街の喧騒を離れて、住宅街を通り、工業地帯の入り口まで、車窓がどんどん変わっていきます。
    一昔前であれば古い電車も走っていて、なお興味深かったものと思います。
    また季節を変えてこの路線をたずねようと思っています。
    今後とも宜しくお願い致します。

  2. 武蔵宮 | URL | /zhZ17pU

    どうもこんばんは。情景を綺麗にまとめられていて、大変参考となりました。少しずつになりますが、楽しませて頂きたいと思います。

    小島新田駅。塩浜操車場が造られる際に分断され、味の素連絡線が廃止され、そして現在は立体化工事の真っただ中。時代とともに変わってきた駅は、まだまだ変化の途中ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/3076-7462ed81
この記事へのトラックバック