山深き駅(6)

2016年01月28日 13:16

03023.jpg


木が生長し、山の自然に還りつつあるこの空間は、普通列車がスイッチバックをしていた証。


2009/1 JR奥羽本線 赤岩駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→train-spotter様へ | URL | O7xVy9HA

    こんにちは。
    コメントありがとうございました。
    板谷峠、本当に魅力的ですね。使われなくなったスイッチバックをしていた当時の駅の遺構を眺めながら、往時を想像して過ごすのもいいものです。
    私は東北〜北海道方面が好きで、旅に出るときはそちらに向かうことが多いのですが、奥羽本線の魅力に気付くまでは、福島は通り過ぎて北東北まで行ってしまうことが多くありました。
    ふと、板谷峠の各駅を一つずつ降りてみようと思い立ち、幾度か通って見て体感した鉄道の姿は、感動的でした。
    またいつか訪ねたい鉄道の風景です。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. train-spotter | URL | SRg9hA82

    こんばんは。
    奥羽本線の赤岩、板谷、峠、大沢の各駅は本当に立ち寄るだけの価値が十分にある駅ですね。
    かつてED78やEF71の客車列車がスイッチバックをして難所を超えていましたが、今はステンレスの普通列車と新幹線が颯爽と駆け抜けていきます。新幹線からではこのような小さな駅は見過ごしますが、普通列車でこの区間を旅すると、各駅の特徴がスイッチバックの廃止された今でも観察でき、非常に興味をそそられます。かなりの遺構が自然に帰ってしまっても、鉄道が通っていたということはある程度分かるものですから、それも面白いものです。私は峠駅に訪問したことがありますが、スイッチバックの頃から変わらないであろう力餅を食べつつ、かつて使われていたホームなどを探索し、楽しいひと時を過ごせました。今赤岩駅はお写真のように冬に"列車"で訪問はできませんが、駅が冬眠から目覚めたら行ってみたいです。奥羽本線福島~米沢間、鉄道の歴史を感じられる区間と言えますね。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/3027-16d60cdd
この記事へのトラックバック