新幹線と在来線と(9)

2015年11月05日 21:49

02874.jpg


そして、遠くないいつの日にか、津軽海峡の向こうへ。
北海道へと向かう新幹線は、否応なく、鉄道の在り方を変えてゆく。


2012/11 新青森駅 JR東北新幹線2099Bはやぶさ99号新青森行終着(E5系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→カムエク様へ | URL | O7xVy9HA

    こんばんは。
    コメントありがとうございました。
    私も「旅」という観点では新幹線にはネガティブなのですが、交通手段全般の中では飛行機よりも(新幹線を含む)鉄道を選択したいと思っていますので、その関係性の中では新幹線を自ら選びます。
    並行在来線問題などというおかしな言葉が当然のように使われていること自体が、変なのですよね。あたかも、在来線はお荷物だと言わんばかりのニュアンスです。
    個人的には、奥羽本線や田沢湖線で実現しているように、新幹線と在来線の直通運転と、青函トンネルで実現される本格的な3線軌条の整備で良いのだと思っています。フル規格の新幹線は、既に在来線があっての二重投資ですので、それに耐えられない程度の収入しかない場所に追加で作ってはいけないのですよね。
    そして改めて「旅」における鉄道。新幹線にはそれは期待できません。むしろその先に「旅」をできる鉄道があることを期待して乗るだけですね。それでも、飛行機にお金を使うよりも鉄道に使いたいと思う気持ちだけで乗っています。
    個人的には、高速バスにはどうしても乗る気になれません。だいぶ前ですが、東京から高知まで夜行便に乗ったことがありましたが、ゴールデンウィークの増発便だったために、トイレなしの4列シートでした。着いたときには身体が痛くヘロヘロ、やはり飛行機同様に、交通手段全体の中で鉄道を最優先に考えようと決めたのでした。
    鉄道、できる限り在来線、そして路線バスやフェリーを組み合わせ使いたいと思う気持ちは今後も変わらないと思います。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. カムエク(ブログでは風来梨) | URL | oyCfJ0mM

    新幹線と旅

    在来線が壊滅的な運行ダイヤとなったので利用せざるを得ませんが、できれば利用したくないし、どちらかといえば車両も不細工で好きになれないモノですね、新幹線は。

    それに在来線が共存できないで3セク化された所は、無理に新幹線を建設する必要がなかったと思ってます。例えば、最近開業した北陸新幹線ですが、東京発の利便性しか考慮されてないし。

    お陰で、関西圏は富山にいくのも乗換え+新幹線料金分の値上げとなったのに、乗換え時間を含む所要時間は反ってかかるようになってしまいました。 他にも、新潟行きの夜行列車がなくなった事て、日本海方面が大層行きづらくなりましたね。また、東北新幹線も、盛岡以降が出来たお陰で、在来線の乗り継ぎがかなり不便になりました。

    北海道新幹線ができたなら、関西圏から往復で5万以上かかる鉄道は渡道手段とはなりえず、フェリー(船)となるでしょうね。 当然、新幹線で在来線が分断されるので、「東日本・北海道パス」のような旅人向けの普通列車限定のフリー切符も発売停止となるでしょうね。

    このように貧乏旅や鉄道旅にとって、新幹線は旅費だけがかかる厄介モノですね。
    新幹線網の拡充は、鉄道から「旅」とその魅力を奪ってますね。

    でも、鉄道経営の面からみれば、鉄道事業で利益が上がるのは、新幹線という「都市間高速輸送」だけになってしまった現実があります。

    最近は、週末の登山などの県外のお出かけは、ほとんど夜行高速バスです。 アレ・・、イス幅が狭く寝辛く疲れます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/2878-302da155
この記事へのトラックバック