列車を待つ時間(9)

2015年10月20日 07:30

02842.jpg


どこまで行くのだろう。
機関車の力強い音が、風の合間を伝ってゆく。


2008/10 笠島駅 JR信越本線下り貨物列車(EF81形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→焼きとんちゃん様へ | URL | O7xVy9HA

    こんばんは。
    コメントありがとうございました。
    新幹線の開業ごとに在来線がJRから切り離されていくのを寂しく眺めていますが、この区間は、昔から変わらず「信越本線」という伝統ある名を背負っています。
    碓氷峠がなくなり、軽井沢から直江津までは切り離されてだいぶ短くなってしまいましたが、直江津から柏崎までの日本海を車窓に眺めての絶景は、この先も失われることはないと信じたいものです。
    在来線特急列車も少なくなった今、ここの主は貨物列車と言っても過言ではないかもしれませんね。
    何度でも旅したい路線です。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. 情景...

    こんばんは、お邪魔します。

    日本海縦貫線は、藍色の荒浪の海が絶景ですね。北陸新幹線と上越新幹線の間の在来線は、そこだけぽっかり空いた、取り残されたような世界のようで、静かで波の音に EF81のモーター音もかき消されそうな、そんな印象を持ちました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/2846-3e021f9f
この記事へのトラックバック