大雪の日(11)

2014年12月31日 15:56

02362.jpg


麓に向けて坂を下る本線の脇に、今も残る旧板谷駅の跡。
スイッチバックのホームに、ゆっくりと客車が入っていった姿を想像する。


2008/12 JR奥羽本線 板谷駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→やぶお様へ | URL | O7xVy9HA

    こんばんは。
    コメントありがとうございました。
    この日、板谷峠は大雪で、線路への雪崩の除雪のために列車は何時間も遅れていました。普通列車を降りたときの寒さは今でも覚えています。
    新幹線に直通する「つばさ」が通り過ぎてしまえば、音のない世界でした。
    つばさの車両も既に世代交代し、もう一昔前の写真になってしまいましたね。
    今後とも、宜しくお願い致します。
    良いお年を!

  2. やぶお | URL | -

    白と黒の世界に魅せられました

    風旅記さん、こんにちは。
    板谷の雪景色に感動しました。
    まさに白と黒のモノトーンの世界。
    なんだか神秘ささえ感じます。
    初代つばさがちょこんと登場しているのも、
    心憎い演出だと思います。

    風旅記さん、今年もすばらしいお写真を魅せていただきありがとうございます。
    来年もよろしくお願いします。
    どうぞよいお年を。

  3. 風旅記→レイルファンにっしー様へ | URL | O7xVy9HA

    こんばんは。
    スイッチバックが不要となるだけ、電車の性能が上がったのだと思いますが、普通列車に乗れば、車掌さんも乗っており、駅に停まる際には実に慎重にソロリソロリと低速からもどかしい程にゆっくりと停車します。
    ここが鉄道にとって厳しい峠であることは、今でも変わらないのでしょうね。
    個人的には、(酒も飲みますが甘党ゆえ)峠の力餅が好きです!
    今後とも、宜しくお願い致します。
    良いお年を!

  4. レイルファンにっしー | URL | -

    風旅記さんこんばんは。2014年ももうあとわずかですね。

    この板谷峠のスノーシェッド、EF71がスイッチバックをしてた頃の遺構ですね。新型つばさに切り替わってもう随分経ちます。走る車両はスマートになっても、景色は変わらず昔のまま。ちょっと昔の駅弁立ち売りを50系客車の窓から買う画像が懐かしく思いだされます。

    また来年もよろしくお願いいたします

  5. 風旅記→Wonder+Graphics様へ | URL | O7xVy9HA

    こんばんは。
    ご丁寧にありがとうございます。
    板谷峠の各駅、スイッチバックを行く客車列車に乗ってみたかったと思います。
    きっと風情があったのではないかと、今も残る各駅の遺構を眺めながら思ったものでした。
    新幹線用の車両は、世代更新の頻度も頻繁ですね。もう、このときに撮った車両もとうにいなくなってしまいました。
    今後とも、宜しくお願い致します。
    良いお年を!

  6. 風旅記→旅写人様へ | URL | O7xVy9HA

    こんばんは。
    福島の駅前でそこまで降っていなくても、板谷峠に入ると大雪、峠の駅を降りれば歩くのも大変な程に積もっていることがあります。
    お車で行かれたとのこと、道中の道の悪さも含めて、大変だったのではないでしょうか。
    私も久しく峠の各駅に降りていませんので、またいつか再訪したいと思っています。
    今後とも、宜しくお願い致します。
    良いお年を!

  7. Wonder+Graphics | URL | ILWriQ6E

    板谷の峠も、スゥィッチバック設備の無くなってからは「つばさ」で通過するばかりとなっています。
    スノウシェッドを埋める積雪ばかりは変わりませんね。
    こちらのBlogも一年間楽しませていただきました。
    来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

  8. 旅写人 | URL | -

    こんにちは
    私も板谷駅や峠駅が大好きです。
    3年ほど前、峠駅で雪の中でスタッグした事が思い出されます。
    お写真拝見して、また行ってみたくなりました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/2366-a3370b24
この記事へのトラックバック