常磐線 ある日(11)

2013年05月13日 05:38

01929.jpg


切符を求める人、小荷物を預ける人、切符を集める駅員。
時代を遡って、この駅の歴史を想像してみる。
今は静かな、無人駅で。

[2010/5 JR常磐線 末続駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→みやした様へ | URL | O7xVy9HA

    コメントありがとうございました。

    こんにちは。
    待合室には写真なども飾られて、手入れがされているようでした。
    飯田線に通っていらっしゃるのを貴ブログで拝見しています。無人化が進んでいく様子を見ていると、やはり寂しいものでしょうね。
    私も、以前訪れた羽越線の鼠ケ関駅で、駅員さんにお茶を出して頂いたことがあり、再訪したときに無人化されていて落胆したのを、今でも覚えています。
    せめて、地元の方に愛される駅であって欲しいと願っています。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. みやした | URL | EBUSheBA

    無人駅

    元は確かに駅員さんがいたのだけれども、もうずっと前から無人駅になってしまった。
    そんな駅がずいぶんと多くなりました。
    私がよく行く飯田線も、今年の春で一気に無人化が進んでしまい、通い始めた20年ほど前に比べるとずいぶん寂しくなったなと感じます。
    この駅はきれいなところを見ると、当時ちゃんと掃除される方がいたんでしょうね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/1933-68e4581f
この記事へのトラックバック