北海道 鉄路の情景(26)

2015年03月13日 10:28

01870.jpg


風に舞う雪が、レールの表面をなでる。
大きな山を望み、列車はさらに山に分け入る。


2007/3 然別駅~銀山駅 JR函館本線1934D倶知安行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→vanagon714様へ | URL | O7xVy9HA

    こんばんは。
    コメントありがとうございました。
    山を越えてゆく沿線の風景にも、線路の両側にどこか余裕があって、安普請で作られた感がないところに、この路線が幹線であることを実感します。
    沿線の観光地で最も有名なのはニセコではないかと思いますが、鉄道が輸送を担うように工夫できないものかと思ってしまいます。
    臨時ではありますが、特急列車も走るようになったこの区間が、改めて幹線らしさを取り戻して欲しいものだと思っています。
    今後とも、宜しくお願い致します。

  2. vanagon714 | URL | Swu1iJ7I

    こんにちは。お邪魔します。
    まさに山線という写真ですね!
    山の中を縫うように走る山線ですが沿線にはニセコなど
    風光明媚な観光地もあるのでもっと活用したらいいのになあと
    思います。
    JRがただのローカル線と決めつけてしまえばそれまでなんですけどね・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/1874-6bf0079a
この記事へのトラックバック