海辺から九頭竜川に沿って(21)

2014年05月18日 11:19

01582.jpg


鄙びた駅の雰囲気と対照的な、古さを感じさせないカラーとデザイン。
終着駅に列車が並ぶ。


2009/5 勝山駅 えちぜん鉄道勝山永平寺線1025K勝山行終着(MC6101形)・1120K福井行(MC6101形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事


コメント

  1. 風旅記→レイルファンにっしー様へ | URL | O7xVy9HA

    コメントありがとうございました。

    こんばんは。
    痛ましい事故が2回起き、新しい経営体制になり、この鉄道のイメージは大きく変わりました。地方の中小私鉄はどこも経営が厳しい状況にあると思いますが、逆に公的な資本の投入など、経営を安定化させないと新しい施策もできにくいのではないかと思っています。
    えちぜん鉄道で初めて「アテンダント」というシステムを体験しましたが、切符の販売や案内を丁寧に行う姿は、ワンマン化・駅の無人化といったコスト削減策を補う大切な施策だと感じました。
    この先も元気であって欲しいと願っています。
    今後とも、宜しくお願い致します。
    風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

  2. レイルファンにっしー | URL | -

    風旅記さんこんにちは。

    この鉄道も現在のスタイルに移管されて以来、無事に生き延びてくれてて嬉しい限りです。再生のカギはいろんな企業努力によるものですが、アテンダントさんの存在やキャラクターグッズの売り上げも大きなポイントになってます。

    まだまだ経営は苦しいようですが、これからも存続してほしいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazetabiki.blog41.fc2.com/tb.php/1586-12a9900c
この記事へのトラックバック