北海道の鉄道の記憶(8)

2017年09月11日 12:10

04305.jpg


小樽から、山を越えてゆく列車は、まだ新しい気動車。
雪降る夜に思いを馳せる、4灯のヘッドライトの厳めしさ。


1996/9 小樽駅 JR函館本線2940D長万部行(キハ150形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

北海道の鉄道の記憶(9)

2017年09月11日 17:00

04306.jpg


石狩湾を車窓に眺めて、列車は坂を下ってゆく。
賑やかな、港町を目指して。


1996/9 塩谷駅~小樽駅 JR函館本線2953D小樽行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

北海道の鉄道の記憶(10)

2017年09月11日 22:00

04307.jpg


普通列車用の気動車を急行用に改造し、寝台を備えた客車を挟んで走る。
北海道の鉄道は、工夫と努力によって成り立ってきた。


1996/9 札幌駅 JR函館本線311D寝台急行利尻稚内行(キハ400形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事