大きな変化を前に(1)

2017年08月01日 10:42

04213.jpg


高架の駅、線路を見ればその古さを感じる。
開業から半世紀以上、絶えることのない毎日の光景。


2014/8 南千住駅 東京メトロ日比谷線A937T中目黒行(20000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大きな変化を前に(2)

2017年08月01日 10:46

04214.jpg


高架下の改札口は、綺麗に改装されている。
隣にはJRの駅、急速に変わってゆく街。


2014/8 東京メトロ日比谷線 南千住駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大きな変化を前に(3)

2017年08月02日 10:51

04215.jpg


貨物駅と操車場、工場、倉庫。
そんな街に、今では高層マンションが建ち、地下鉄が似合うようになった。


2014/8 北千住駅~南千住駅 東京メトロ日比谷線A940S中目黒行(03系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大きな変化を前に(4)

2017年08月02日 11:19

04216.jpg


川の景色が霞んでいる。
大きな空を走る、シルバーの地下鉄。


2014/8 南千住駅~北千住駅 東京メトロ日比谷線B1004S東武動物公園行(03系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大きな変化を前に(5)

2017年08月03日 11:20

04217.jpg


東武から乗り入れてきた列車、ずっと変わらぬこの路線の風景。
列車は、変わりゆく沿線を見続けている。


2014/8 北千住駅~南千住駅 東京メトロ日比谷線A1013T中目黒行(20000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大きな変化を前に(6)

2017年08月03日 11:44

04218.jpg


麗らかな隅田川も、この辺りでは、何もない普通の都市の川。
無機質な色の電車が似合っている。


2014/8 南千住駅~北千住駅 東京メトロ日比谷線B1116S北千住行(03系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大きな変化を前に(7)

2017年08月04日 12:01

04219.jpg


この車両も、あと数年で見納めになるという。
東京メトロも東武も、最新の電車が走り始める。


2014/8 南千住駅 東京メトロ日比谷線A1030S中目黒行(03系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大きな変化を前に(8)

2017年08月04日 12:04

04220.jpg


小型の車両が走っていた地下鉄に、20m車が走るようになる。
変わろうとしている日比谷線の風景、この日、見た世界が。


2014/8 南千住駅~北千住駅 東京メトロ日比谷線B1133T北千住行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(1)

2017年08月05日 17:46

04221.jpg


列車で着いた、終点の駅。
ホームに降り、排煙を噴き上げて走る対向列車を眺めていた。


2007/8 気仙沼駅 JR気仙沼線2945D気仙沼行終着(キハ48形)・2944D小牛田行(キハ48形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(2)

2017年08月05日 17:50

04222.jpg


大きな地震と津波が地域と鉄道を壊し、今は、駅の中にバスが走っている。
僕は、この町、このときのことを、忘れない。


2007/8 JR気仙沼線 気仙沼駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(3)

2017年08月05日 17:55

04223.jpg


この列車を降りて、この改札を通り、町を歩いて、港へ。
偶々出会ったお祭り、勧められるままにビールを飲み、魚をたらふく頬張った。


2007/8 気仙沼駅 JR気仙沼線2945D気仙沼行終着(キハ48形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(4)

2017年08月06日 18:53

04224.jpg


乗るはずだった列車は、とうに行ってしまっていた。
初めて訪ねた港の、この上なく楽しい思い出、暮れゆく駅で後ろ髪引かれる思い。


2007/8 JR気仙沼線 気仙沼駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(5)

2017年08月06日 18:54

04225.jpg


さあ、この駅を出発しよう。
エンジンの音も勇ましく、北へ、夜のリアス式海岸を楽しみに。


2007/8 気仙沼駅 JR大船渡線339D盛行(キハ100形)・滞泊列車(キハ100形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(6)

2017年08月06日 19:30

04226.jpg


全国でこんなにも有名になるとは思わなかった。
駅に列車が停まっていた姿が、今、いとおしくなる。


2007/8 陸前高田駅 JR大船渡線339D盛行(キハ100形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(7)

2017年08月07日 19:32

04227.jpg


ローカル線に乗っていると、吸い込まれそうな夜の暗さに出会う。
このときの僕には初めて聞いた駅の名、窓から漏れる灯だけ。


2007/8 陸前高田駅 JR大船渡線339D盛行(キハ100形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(8)

2017年08月07日 19:32

04228.jpg


夜の駅で、列車が行き違う。
ここに駅があり、毎日の何気ない鉄道の風景があったこと。


2007/8 陸前高田駅 JR大船渡線339D盛行(キハ100形)・342D一ノ関行(キハ100形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(9)

2017年08月07日 20:06

04229.jpg


夜の駅は、心を掻き毟るような情の世界。
ホームで振り返り、振り返り、列車の灯を見ていた。


2007/8 盛駅 JR大船渡線339D盛行終着(キハ100形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(10)

2017年08月08日 20:32

04230.jpg


夜の駅を、再び走り始めた。
ホームの残像、向こうには、幾つか数える程の灯。


2007/8 三陸駅 三陸鉄道南リアス線釜石行 車窓(キハ100形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(11)

2017年08月08日 20:43

04231.jpg


夜を走る列車には、僕ただ一人。
トンネルと高架で、海沿いを貫く列車で。


2007/8 三陸鉄道南リアス線釜石行 車内(キハ100形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(12)

2017年08月08日 21:02

04232.jpg


気さくに話しかけてくれた運転士氏、僕にとって忘れられない列車。
彼此もう10年、記憶に残る全てが今も元気であって欲しいと、胸が苦しくなる。


2007/8 釜石駅 三陸鉄道南リアス線釜石行終着(キハ100形)・JR山田線669D宮古行(キハ100形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(13)

2017年08月09日 21:05

04233.jpg


誰も乗っていなかったから、ホームにいるのも僕一人だけ。
今度はきっと、明るい車窓を楽しみに来るよ。


2007/8 釜石駅 三陸鉄道南リアス線釜石行終着(キハ100形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(14)

2017年08月09日 21:09

04234.jpg


三陸鉄道のホームに、まだ明かりは点いていた。
エンジンを止められて夜を明かす気動車、今晩はもう、走らないのだろう。


2007/8 釜石駅 三陸鉄道南リアス線滞泊列車(36-200形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(15)

2017年08月09日 21:54

04235.jpg


向こうからやってくる列車を、待つ。
夜の駅に、エンジンの音だけが響いている。


2007/8 岩手船越駅 JR山田線669D宮古行(キハ100形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(16)

2017年08月10日 21:54

04236.jpg


本州最東端の駅、と書いてある。
ホームに降りて、少し歩いて、その実感はあるような、ないような。


2007/8 JR山田線 岩手船越駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

三陸夜の旅(17)

2017年08月10日 21:57

04237.jpg


綺麗な車内が、眩しい程に明るく見える。
忘れていた夜陰を、全身で感じている。


2007/8 岩手船越駅 JR山田線669D宮古行(キハ100形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事