大切な風景(1)

2017年02月01日 10:33

03810.jpg


列車を通してきた歴史が違うのだろう。
繋げられた2本のレールは、輝き方を異にしている。


2012/2 JR八高線 児玉駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大切な風景(2)

2017年02月01日 10:40

03811.jpg


澄んだ空、透明な風。
陽だまりのベンチは、乗客が来るのを待っている。


2012/2 JR八高線 児玉駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大切な風景(3)

2017年02月02日 10:43

03812.jpg


鉄道の、時間の流れの雄大さを感じる。
昔は荷役用だっただろう線路に、大正10年と刻印された名もなき建屋。


2012/2 JR八高線 児玉駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大切な風景(4)

2017年02月02日 10:44

03813.jpg


関東近郊のローカル線。
100Km近くを走る中、こんなに静かな駅にも停まってゆく。


2012/2 JR八高線 児玉駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大切な風景(5)

2017年02月03日 10:45

03814.jpg


本屋と書かれた木札。
木造の駅舎は、優しい風景を作り出す。


2012/2 JR八高線 児玉駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大切な風景(6)

2017年02月03日 10:52

03815.jpg


上り列車が到着した。
ブレーキの音を立てて、この列車を待つ人のもとへ。


2012/2 児玉駅 JR八高線232D高麗川行(キハ110系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大切な風景(7)

2017年02月04日 10:52

03816.jpg


風を切って、乗客を乗せて走る、鉄道は凛々しい。
エンジンの音が、頼もしく聞こえてくる。


2012/2 児玉駅 JR八高線232D高麗川行(キハ110系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大切な風景(8)

2017年02月04日 10:52

03817.jpg


エンジン音も高らかに、排煙を噴き上げて、列車は次の駅へと走り始めた。


2012/2 児玉駅 JR八高線232D高麗川行(キハ110系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大切な風景(9)

2017年02月05日 11:08

03818.jpg


隣の駅を訪ねれば、そこにも、落ち着いた駅の風景。
程なくして、無人駅になった。


2012/2 JR八高線 丹荘駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

大切な風景(10)

2017年02月05日 11:27

03819.jpg


冬の澄んだ景色に包まれて、今日も列車は走っている。
いつまでも見ていたい、大切な鉄道の風景。


2012/2 丹荘駅~群馬藤岡駅 JR八高線235D高崎行(キハ110系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

終点から終点へ(1)

2017年02月06日 19:23

03820.jpg


夜の終点の駅に着いた列車、乗っていた人々は早々に改札に向かい、もう誰もいなくなった。


2015/2 浦賀駅 京急本線1742浦賀行終着 車内(800系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

終点から終点へ(2)

2017年02月06日 19:24

03821.jpg


大きな1枚の扉、最近見なくなったと思いながら眺めていた。


2015/2 浦賀駅 京急本線1742浦賀行終着(800系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

終点から終点へ(3)

2017年02月07日 19:25

03822.jpg


ここが終点、線路の終わり。
都会の駅とは、風が違う。


2015/2 京急本線 浦賀駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

終点から終点へ(4)

2017年02月07日 19:27

03823.jpg


再び、都会の駅へと帰ってゆく。
静かな夜の駅で、この列車の終着駅の喧騒を思い浮かべる。


2015/2 浦賀駅 京急本線1943品川行(800系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

終点から終点へ(5)

2017年02月08日 19:34

03824.jpg


夜の線路は、トンネルに吸い込まれてゆく。
丘が海に迫る、神奈川の鉄道の風景。


2015/2 京急本線 浦賀駅~馬堀海岸駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

終点から終点へ(6)

2017年02月08日 19:35

03825.jpg


暗闇を照らし、一つ一つの駅を辿って品川まで。
列車の凛々しい姿にはっとして、カメラを向けた。


2015/2 浦賀駅 京急本線1901品川行(800系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

終点から終点へ(7)

2017年02月09日 20:07

03826.jpg


もう一つの終点へ。
美しいデザイン、この路線の看板列車。


2015/2 三崎口駅 京急久里浜線1802A快特三崎口行終着(2100系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

終点から終点へ(8)

2017年02月09日 20:08

03827.jpg


僕は、このデザインが本当に好きだ。
スマートさと機能美を兼ね備えて、ダイナミックな真紅。


2015/2 三崎口駅 京急久里浜線2003A快特品川行(2100系)・2059SH快特品川行(1000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

終点から終点へ(9)

2017年02月10日 20:09

03828.jpg


ここもまた、線路の終わり。
その先へ延びる意思が形に見えている、今の末端。


2015/2 京急久里浜線 三崎口駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

終点から終点へ(10)

2017年02月10日 20:10

03829.jpg


線路の終わりから、また夜の旅が始まる。
ここから、猛スピードで走る列車の躍動を感じ取って。


2015/2 三崎口駅 京急久里浜線2003A快特品川行(2100系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

津軽海峡の駅

2017年02月11日 13:51

03830.jpg


空を映して、微かに青味を帯びる雪。
この駅は、津軽海峡と共にある。


2016/2 JR函館本線 函館駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(1)

2017年02月11日 16:36

03831.jpg


乗り慣れた地下鉄は、起伏のある風景を走っている。
架線のない、開放感のある線路を。


2015/2 後楽園駅 東京メトロ丸ノ内線A1659荻窪行(02系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(2)

2017年02月12日 16:40

03832.jpg


“地下鉄”が、ビルの中層階にあるホームに滑り込む。
その向こうには、もう暮れ始めた冬の外の空気。


2015/2 後楽園駅 東京メトロ丸ノ内線B1641池袋行(02系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(3)

2017年02月12日 16:50

03833.jpg


鉄骨の梁は、この路線が開業したときからのものだろうか。
戦争が終わり、まだ10年も経っていなかった頃。


2015/2 御茶ノ水駅 東京メトロ丸ノ内線B1643池袋行(02系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

支線のある地下鉄(4)

2017年02月13日 16:50

03834.jpg


外の光が手に届きそう。
コンクリートを打ち、固め、今なお列車の走るトンネルができたのは、昭和29年。


2015/2 東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅~淡路町駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事