冷たくなった潮風に吹かれて(1)

2016年11月01日 06:55

03609.jpg


あと少しで、吹き渡る潮風のように、列車がやって来る。
秋に冷え込んだ朝、そのときをじっと待っている。


2005/11 JR信越本線 鯨波駅~青海川駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

冷たくなった潮風に吹かれて(2)

2016年11月01日 07:05

03610.jpg


風が音を立てて、絶え間なく吹いている。
切り裂くようにして、一瞬で走り去った列車。


2005/11 鯨波駅~青海川駅 JR信越本線1322M二本木行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

冷たくなった潮風に吹かれて(3)

2016年11月02日 07:05

03611.jpg


モーターの音も高らかに、スピードを出して走っていった。
そしてまた、風の音が僕の全てになる。


2005/11 鯨波駅~青海川駅 JR信越本線1322M二本木行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

冷たくなった潮風に吹かれて(4)

2016年11月02日 07:09

03612.jpg


一層冷たい色になって、間もなく始まる冬を感じさせる。
列車は、そんな海を象徴するかのようなカラー。


2005/11 青海川駅~鯨波駅 JR信越本線1325M長岡行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

冷たくなった潮風に吹かれて(5)

2016年11月03日 07:25

03613.jpg


物悲しく、心を揺さぶる駅の風景。
この駅を訪ねる度に、胸の奥の方が熱くなる。


2005/11 JR信越本線 青海川駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

冷たくなった潮風に吹かれて(6)

2016年11月03日 07:33

03614.jpg


重たく覆い被さってくるような、空の色。
この駅が冬に包まれても、今日と変わらない毎日が続くのだろう。


2005/11 青海川駅 JR信越本線1324M直江津行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

冷たくなった潮風に吹かれて(7)

2016年11月04日 07:33

03615.jpg


ゆっくりと駅に入ってきた列車は、いつも通りの決まった場所に停まる。
海を望む、この駅で。


2005/11 青海川駅 JR信越本線1324M直江津行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

冷たくなった潮風に吹かれて(8)

2016年11月04日 07:33

03616.jpg


駅にいるのは、ただ、僕一人だけ。
風が冷たくなってきたと、季節を感じながら。


2005/11 青海川駅 JR信越本線1324M直江津行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

冷たくなった潮風に吹かれて(9)

2016年11月05日 07:35

03617.jpg


地面に音を響かせるようにして走る。
機関車の力強さは、見る者を魅了する。


2005/11 青海川駅 JR信越本線下り貨物列車(EF81型)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

冷たくなった潮風に吹かれて(10)

2016年11月05日 07:42

03618.jpg


駅のすぐ裏には高台への崖が迫る。
この小さな小屋は、いつからここにあるのだろう。


2005/11 JR信越本線 青海川駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

冷たくなった潮風に吹かれて(11)

2016年11月06日 07:44

03619.jpg


4灯のヘッドライトを輝かせて、列車は、灰色の空と海を走り抜ける。
ここにはまだ、“国鉄”がそのまま。


2005/11 青海川駅 JR信越本線3371M快速くびき野1号新潟行(485系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

冷たくなった潮風に吹かれて(12)

2016年11月06日 07:45

03620.jpg


秋が深まってゆく。
この駅に過ごす時間は、モノトーンの印象、そして風の音、波の音。


2005/11 JR信越本線 青海川駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

冷たくなった潮風に吹かれて(13)

2016年11月07日 07:47

03621.jpg


今度は、青い機関車。
風を巻き起こして、ますますスピードを上げてゆく。


2005/11 青海川駅 JR信越本線上り貨物列車(EF64型)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

冷たくなった潮風に吹かれて(14)

2016年11月07日 07:50

03622.jpg


風の冷たさに、季節の深まりを感じている。
列車が去れば、また、波打つ音だけ。


2005/11 JR信越本線 青海川駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

急行はまなすの想い出(1)

2016年11月08日 03:05

03623.jpg


函館駅のホームに青い客車が据え付けられる。
長年走り続けて、疲れが浮き出ているような、その姿。


2012/11 函館駅 JR江差線(JR函館本線)202急行はまなす青森行(14系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

急行はまなすの想い出(2)

2016年11月08日 03:06

03624.jpg


真夜中の3時過ぎ、列車から人が降りてしまえば、ホームにはエンジンの音だけが響き渡っている。


2012/11 函館駅 JR江差線(JR函館本線)202急行はまなす青森行(14系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

急行はまなすの想い出(3)

2016年11月09日 03:07

03625.jpg


青森と函館を結ぶ、「青函」の歴史。
連絡船が原点となって、それは列車に受け継がれた。


2012/11 函館駅 JR江差線(JR函館本線)202急行はまなす青森行(14系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

急行はまなすの想い出(4)

2016年11月09日 03:08

03626.jpg


青函トンネルの海峡線が開通して四半世紀、津軽海峡を越える列車を牽き続けてきた雄姿。


2012/11 函館駅 JR江差線(JR函館本線)202急行はまなす青森行(ED79形・14系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

急行はまなすの想い出(5)

2016年11月10日 03:09

03627.jpg


長く走り続けて、色褪せて。
当時の国鉄の財政事情から、改造で誕生した青函トンネル専用の機関車。


2012/11 函館駅 JR江差線(JR函館本線)202急行はまなす青森行(ED79形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

急行はまなすの想い出(6)

2016年11月10日 03:10

03628.jpg


客車に乗ると、すぐ目の前に機関車が見えた。
今から、牽引されて本州に向かうんだ。


2012/11 函館駅 JR江差線(JR函館本線)202急行はまなす青森行 車内(14系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

急行はまなすの想い出(7)

2016年11月11日 03:11

03629.jpg


機関車に据え付けられたヘッドマークを照らす、客車の灯。
風雪に耐えてきた、勲章のように。


2012/11 函館駅 JR江差線(JR函館本線)202急行はまなす青森行(ED79形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

急行はまなすの想い出(8)

2016年11月11日 03:11

03630.jpg


赤い機関車に、青い客車。
その存在がなくなるとは、夢にも思わなかった。


2012/11 函館駅 JR江差線(JR函館本線)202急行はまなす青森行(14系・ED79形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

急行はまなすの想い出(9)

2016年11月12日 03:13

03631.jpg


3時22分発。
ここまでのディーゼル機関車から列車を受け継いだ電気機関車は、先を見詰めている。


2012/11 函館駅 JR江差線(JR函館本線)202急行はまなす青森行(ED79形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

急行はまなすの想い出(10)

2016年11月12日 03:13

03632.jpg


海際のこの駅に吹く風は、もう、冷たい。
デッキと仕切られた車内は、きっと暖かだろう。


2012/11 函館駅 JR江差線(JR函館本線)202急行はまなす青森行(14系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事

急行はまなすの想い出(11)

2016年11月13日 03:19

03633.jpg


この駅に停まる30分も、間もなくおしまい。
青森に向けて発車する時刻が近付いてくる。


2012/11 函館駅 JR江差線(JR函館本線)202急行はまなす青森行 車内(14系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません
関連記事