スローモーション(1)

2016年05月01日 07:28

03210.jpg


川を渡る風は冷たくて、僕は、軽く身震いした。
向こう岸を走る列車の音は、水音に掻き消されてしまいそう。


2005/5 上牧駅~水上駅 JR上越線721M水上行(107系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

スローモーション(2)

2016年05月01日 07:28

03211.jpg


耳をすませば、モーターの音が遅れてやってくる。
ただじっと眺めれば、列車が通り抜ける一瞬もスローモーションになって。


2005/5 上牧駅~水上駅 JR上越線721M水上行(107系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

スローモーション(3)

2016年05月02日 07:28

03212.jpg


2両編成を2本つないだ列車は、木陰へと消えてゆく。
一瞬のことが、果てしなくゆっくりと。


2005/05 上牧駅~水上駅 JR上越線721M水上行(107系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

スローモーション(4)

2016年05月02日 07:28

03213.jpg


こうして旅のひとときは、記憶に鮮烈に残りながらも、あっという間に過ぎ去ってゆく。


2005/5 上牧駅~水上駅 JR上越線721M水上行(107系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

スローモーション(5)

2016年05月03日 07:28

03214.jpg


スローモーション。
この旅は、過ぎ去るものへの視線とカメラアイ。


2005/5 上牧駅~水上駅 JR上越線721M水上行(107系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

スローモーション(6)

2016年05月03日 07:39

03215.jpg


そして、過ぎ去った存在。
戦後直後から昭和の末期まで、列車を牽き続けてきた。


2005/5 水上町水紀行館保存車両(EF16形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

スローモーション(7)

2016年05月04日 07:39

03216.jpg


走ることさえなくなってしまった機関車は、目の前で途切れた線路を黙って見詰めている。


2005/5 水上町水紀行館保存車両(EF16形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

スローモーション(8)

2016年05月04日 07:43

03217.jpg


真夏の暑さも、真冬の豪雪も、この機関車が上越線の列車を通してきた。
水上に機関区があって、石打までの区間を黙々と、昭和57年まで。


2005/5 水上町水紀行館保存車両(EF16形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

スローモーション(9)

2016年05月05日 08:18

03218.jpg


季節が町より遅れてやってくる。
駅のすぐ横には小さな滝、爽やかな空気に包まれている。


2005/5 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

スローモーション(10)

2016年05月05日 08:25

03219.jpg


時も季節も切り離された、地下深くのホームへ降りてゆく。
どこまで続くのだろう。眩暈がする程、深くへ。


2005/5 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

スローモーション(11)

2016年05月06日 08:31

03220.jpg


立ちはだかる山を、南から北へ貫く。
新清水トンネルの中、谷川連峰の地下深くに列車が到着する。


2005/5 土合駅 JR上越線1729M長岡行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

スローモーション(12)

2016年05月06日 08:31

03221.jpg


ヘッドライトがこの駅に届き始めた。
乗る人のいないホームに、停止目標が列車を待っている。


2005/5 土合駅 JR上越線1729M長岡行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

スローモーション(13)

2016年05月07日 08:31

03222.jpg


ホームのある副本線へ、列車は向きを変えた。
速度を落としているのだろう。薄暗いホームをゆっくりと走ってくる。


2005/5 土合駅 JR上越線1729M長岡行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

スローモーション(14)

2016年05月07日 08:32

03223.jpg


緩やかに停まった列車は、2両だけ。
毎日5本の普通列車が、この駅に時間を取り戻してくれる。


2005/5 土合駅 JR上越線1729M長岡行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

スローモーション(15)

2016年05月08日 08:32

03224.jpg


何両も車両を連ねた列車が来たのは、もう過去の話なのだろう。
トンネルができて半世紀、ゆっくりと時を重ねながら、今日も旅人を待っている。


2005/5 土合駅 JR上越線1729M長岡行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

東武の18m車(1)

2016年05月08日 10:55

03225.jpg


軋む音を立てながら急カーブのトンネルを走り抜け、列車は、春の淡い青空の下に出た。
半世紀以上も続く直通運転の歴史、東武の車両も地下鉄に馴染んでいる。


2013/5 三ノ輪駅~南千住駅 東京メトロ日比谷線B1035T南栗橋行 車窓・A1021T中目黒行(20000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

東武の18m車(2)

2016年05月09日 10:56

03226.jpg


終点までこの先、地下鉄の2倍以上の距離を走ってゆく。
一つ一つの駅を確かめながら。


2013/5 南千住駅 東京メトロ日比谷線B1035T南栗橋行(20000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

東武の18m車(3)

2016年05月09日 11:07

03227.jpg


5扉車は、混雑が酷いラッシュ時を想像させる。
間延びした週末の昼前には、似合わない。


2013/5 南千住駅 東京メトロ日比谷線B1003T東武動物公園行(20050系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

東武の18m車(4)

2016年05月10日 11:12

03228.jpg


東武の車両が、地下鉄線内で折り返してゆく。
鉄道会社間のバランスを取るための複雑な運用。


2013/5 南千住駅 東京メトロ日比谷線B1027T北千住行(20000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

東武の18m車(5)

2016年05月10日 11:13

03229.jpg


列車はすぐに次の駅へ。
ホームを見渡す鏡に、アシンメトリーな世界。


2013/5 南千住駅 東京メトロ日比谷線B1027T北千住行(20000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

東武の18m車(6)

2016年05月11日 11:19

03230.jpg


走り始めて25年が経ったとは思えない。
金属そのままの美しさ。


2013/5 南千住駅 東京メトロ日比谷線A1013T中目黒行(20000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

東武の18m車(7)

2016年05月11日 11:20

03231.jpg


車体を大きく傾けた姿が格好いい。
VVVFの独特な音を響かせて、駅に滑り込んでくる姿。


2013/5 南千住駅 東京メトロ日比谷線B1015T北千住行(20070系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

東武の18m車(8)

2016年05月12日 11:30

03232.jpg


東京メトロの路線であることを忘れてしまいそう。
半世紀前から絶えることなく続いてきた、東武の乗り入れ。


2013/5 南千住駅 東京メトロ日比谷線B1007T北千住行(20000系)・A1023T中目黒行(20000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

東武の18m車(9)

2016年05月12日 11:30

03233.jpg


20m級の車両に置き換えられると言う。
まだ現役で走り続けて欲しい、東武の18m車。
最後の日まで頑張れと、心の中で呟く。


2013/5 南千住駅 東京メトロ日比谷線B1007T北千住行(20000系)・A1023T中目黒行(20000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

横須賀色と機関車と(1)

2016年05月13日 08:54

03234.jpg


硬い光が似合う青。
建設された時代の面影を残す地下駅に、鮮やかに輝くラインカラー。


2015/5 JR総武本線 馬喰町駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事