列車は来なくなった(1)

2015年09月01日 10:43

02062.jpg


レールは、既に錆びていた。
ところどころに草が生え、風が吹いている。


2010/9 JR北陸本線貨物支線 敦賀港駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

列車は来なくなった(2)

2015年09月01日 10:46

02063.jpg


綺麗に並べられたコンテナは、これからどこへ行くのだろう。


2010/9 JR北陸本線貨物支線 敦賀港駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

列車は来なくなった(3)

2015年09月02日 10:47

02064.jpg


ここは、敦賀港駅。北陸本線の貨物支線。
トラック代行輸送に切り替えられた、貨物列車の来ない貨物駅。


2010/9 JR北陸本線貨物支線 敦賀港駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

列車は来なくなった(4)

2015年09月02日 10:51

02065.jpg


踏切のレールの隙間はアスファルトで埋められ、無情にも、道路を優先する柵が線路を横切っていた。


2010/9 JR北陸本線貨物支線 敦賀港駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

列車は来なくなった(5)

2015年09月03日 10:53

02066.jpg


気付いたときに、ただ驚くことしかできなかった。
悲しかった。


2010/9 JR北陸本線貨物支線 敦賀港駅~敦賀駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

列車は来なくなった(6)

2015年09月03日 10:54

02067.jpg


線路から外されてしまった姿に、寂しさがこみ上げる。
横たえられた、その姿に。


2010/9 JR北陸本線貨物支線 敦賀港駅~敦賀駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

列車は来なくなった(7)

2015年09月04日 10:54

02068.jpg


無造作に積み上げられた警報機、遮断機が折り重なる。
灯火を失った鉄路に、再び列車が走る日はもう来ないのだろうか。


2010/9 JR北陸本線貨物支線 敦賀港駅~敦賀駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

列車は来なくなった(8)

2015年09月04日 10:58

02069.jpg


踏切の跡、線路の方を向けば、そこには青々とした夏草。


2010/9 JR北陸本線貨物支線 敦賀港駅~敦賀駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

列車は来なくなった(9)

2015年09月05日 11:06

02070.jpg


1年半の時は、レールを錆の色に染め上げて、それでもいつの日にか、再び貨物列車が走ることに仄かな期待を残している。


2010/9 JR北陸本線貨物支線 敦賀港駅~敦賀駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

列車は来なくなった(10)

2015年09月05日 11:08

02071.jpg


走りぬける特急列車の車窓に映る、この、か細い線路に気付く人がどれだけいるだろう。
2009年4月に運行休止となった、この貨物線に。


2010/9 JR北陸本線貨物支線 敦賀港駅~敦賀駅 ※敷地外からの撮影


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

列車は来なくなった(11)

2015年09月06日 11:09

02072.jpg


運行休止と言われてから、少しずつ時が流れていった。
今、この線路はどうなっているのだろうか。
少しずつ錆びながら、変わらず港へと続いているのだろうか。


2010/9 JR北陸本線貨物支線 敦賀港駅~敦賀駅 ※敷地外からの撮影


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

記事まるごとの無断転載に困っています

2015年09月06日 12:00

つい先日、この『風旅記』の記事がまるごと無断転載されたサイトがあるのを発見しました。
写真も文章も全て、そのまままるごとの無断転載です。
非常に腹立たしくもあり、また今後同様の被害にあわないための対策が悩ましくもあります。

***

このブログを無断転載している、いわゆる「パクリサイト」を見付けたのは、本当の偶然でした。
自分で公開した記事の内容に自分で事実確認したいことが出てきて、その場で検索をしたところ、検索結果にこのブログの記事のタイトルが複数並んでいました。
特にSEO対策などをしている訳でもなく、いつもは検索結果の上位に出てくることはないため、少し驚きよく見てみると、確かに私の書いた記事のタイトルなのですが、ブログ名が見たこともないものになっていました。
確認のため開いてみたら、出てくるわ出てくるわ、過去の記事から継続して、写真も文章もまるごとコピーされていました。

***

こんな内容の薄いブログではありますが、私としては、費用も時間も使って、何らかの思いを抱いて出た旅の様子を、言葉を選び、少しは頭も使って記事にしています。自惚れに聞こえましたらすみません。
根底には、自分が大好きな鉄道、特に地方のローカル線の経営が苦境に立たされている状況の下、鉄道の旅の魅力を一人でも多くに伝えたい、鉄道がより多くの人に使われるようになればいい、という願いのようなものがあります。
それを、連絡もなく、そのまま完全コピー、しかもあたかも自分で撮り書いたかのような体裁で堂々と公開しているときたら、やはりこれは許せません。

***

しかし悩ましいのは、今後の再発防止の対策です。
陳腐な表現で書けば、インターネットが、このような無料のブログサービスがなければ、私のような無名の一個人が表現をする場は限りなくゼロに近い程に限られてしまいます。
そういった恩恵を受ける一方で、インターネットを使って広く情報を公開するということは、今回のようにコピーされるリスクや思いまで踏みにじられる嫌な経験をする可能性を完全に排除はできないのだと、理解していなければいけないのだろうと実感しました。
ここは、あまりシビアに考え過ぎず、「オリジナリティーは自分にある」という自信とプライドを持って堂々としていようと思っています。
その上で、再発防止策の具体的な内容です。
ITの知識が薄いため、全く不完全なのかもしれません。
・ RSS配信を全文ではなく一部配信に変更(アドバイスを頂きました)
・ コピーライト表記を全ての記事に掲載
ただ、どうしても写真の中には文字を入れたくなかったのです。本当は画像内にも©を入れる方が対策としては良いのでしょうが…

***

無断転載しているサイト、ご丁寧に©表記まで転載していました。
呆れて言葉もありません。
連絡先は一切書かれていないため、同一人物が公開しているのであろう他のブログに削除要請のコメントを入れたものの、いまだ音沙汰なしです。

皆様もお気を付けください。[2015/9/4]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
[ 続きを読む ]
関連記事

旅先で(1)

2015年09月06日 23:49

02678.jpg


見知らぬ土地で鉄道を見かけたときに、使えるのならば使いたいとの気持ちになる。
この日、もう列車が来ることはなかった。


2004/9 タイ国有鉄道北本線 ドンムアン駅(タイ王国 Kingdom of Thailand)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

旅先で(2)

2015年09月07日 01:10

02679.jpg


ホテルに荷物を置き深夜の街に出れば、美しい駅舎が輝いていた。
国の中心にある駅は、荘厳だ。


2004/9 タイ国有鉄道北本線 ホアランポーン駅 Hua Lamphong Station(タイ王国 Kingdom of Thailand)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

旅先で(3)

2015年09月07日 11:11

02680.jpg


地下鉄は座席がプラスチックのベンチ。
僧侶が街の生活に溶け込んでいるのが、興味深い。


2004/9 バンコク・メトロ Bangkok Metro ブルー・ライン線 車内(タイ王国 Kingdom of Thailand)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

その先へつながる(1)

2015年09月08日 13:49

02781.jpg


普段この駅を使っていたとしても、おそらく気付くことはないだろう。
見えないその先につながる線路が分かれている。


2014/9 東京メトロ有楽町線 市ケ谷駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

その先へつながる(2)

2015年09月08日 13:49

02782.jpg


目を凝らしてみれば、トンネルの薄明かりの中で複雑に絡み合うレール。
それは、南北線への連絡線と留置線だという。


2014/9 東京メトロ有楽町線 市ケ谷駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

その先へつながる(3)

2015年09月09日 13:11

02783.jpg


特殊な配線だからこそ、事故を防ぐために必要なのだろう。
地下鉄ではあまり見かけない信号機が光っている。


2014/9 東京メトロ有楽町線 市ケ谷駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

その先へつながる(4)

2015年09月09日 14:24

02784.jpg


見慣れているけれども見るところのない暗闇のトンネルを抜けて、列車が出た地上は、一際明るく見えた。


2014/9 地下鉄成増駅~和光市駅 東京メトロ有楽町線B1345S川越市行 車窓(10000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

その先へつながる(5)

2015年09月10日 14:25

02785.jpg


ダイナミックに東上線を跨ぎ、急な坂を下りれば、有楽町線は終わり。
線路はそのまま東上線へ続き、様々な行先の列車が行き交う。


2014/9 地下鉄成増駅~和光市駅 東京メトロ有楽町線B1345S川越市行 車窓(10000系)・ 東京メトロ副都心線A1357S急行元町・中華街行(10000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

その先へつながる(6)

2015年09月10日 14:26

02786.jpg


昔はなかったホームドアが、時代の移り変わりの象徴のよう。
ゆったりとした郊外へ、列車はそのまま走ってゆく。


2014/9 和光市駅 東京メトロ有楽町線B1345S川越市行(10000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

その先へつながる(7)

2015年09月11日 14:30

02787.jpg


有楽町線のこの電車には、何度となくよく乗った。
副都心線に合わせたカラーになって、雰囲気は少し変わってしまったけれど。


2014/9 和光市駅 東京メトロ有楽町線A1435S新木場行(7000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

その先へつながる(8)

2015年09月11日 14:33

02788.jpg


この駅を管理するのは東武鉄道。
東京から埼玉に入って最初の駅は、ベッドタウンの雰囲気。


2014/9 東武東上線 和光市駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

その先へつながる(9)

2015年09月12日 14:39

02789.jpg


走り始めて21年目、副都心線開業に合わせてリニューアルされて、そこからさらに6年。
何気なく乗っている通勤電車にも、長い時間の蓄積がある。


2014/9 和光市駅 東京メトロ有楽町線A1405T新木場行 車内(9000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

その先へつながる(10)

2015年09月12日 14:40

02790.jpg


地下へ潜る列車から、地上に出てきた列車を見送る。
6路線の線路がつながって、今まで縁のなかった電車もやってくるようになった。


2014/9 和光市駅 東京メトロ有楽町線A1405T新木場行 車窓(9000系)・東武東上線D4353K川越市行(5050系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事