風旅記

私的旅行記による、幾つかの一場面をあなたに
土地の記憶のかけらをここに残し、
それが誰かの旅の道標となることを願って
写真が好きな一旅人のささやかな旅行記をここに。

Archive2015年03月 1/2

北海道 鉄路の情景(1)

蕾が綻び始めた東京を抜け出して、雪舞う季節を旅している。1日、3往復だけの鉄路を。2007/3 石狩月形駅 JR札沼線5423D新十津川行(キハ40形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

北海道 鉄路の情景(2)

...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(3)

...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(4)

...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(5)

...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(6)

...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(7)

...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(8)

...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(9)

...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(10)

...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(11)

...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(12)

...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(13)

...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(14)

...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(15)

...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(16)

終着小樽に向けて。カーブの連続する海沿いの鉄路を、スピードをますます上げてゆく。2007/3 小樽築港駅~南小樽駅 JR函館本線2737M小樽行 車窓(721系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(17)

北海道で最も長い路線、函館本線の様々な顔。小樽から先の山間部はローカル線の雰囲気。2007/3 小樽駅 JR函館本線1934D倶知安行(キハ150形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(18)

晴れ間が見え、北海道にも春が少しずつ感じられて。2両編成のディーゼルカーには、座席に空きがない程の乗客が乗っている。2007/3 小樽駅 JR函館本線1934D倶知安行(キハ150形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(19)

小樽を出た新しい気動車は、ぐんぐんと坂を登ってゆく。街が下に見えた頃、海が遠くに見えた時、僕は車窓を眺めている。2007/3 塩谷駅~蘭島駅 JR函館本線1934D倶知安行 車窓© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(20)

車窓に視界が開けた。海は、いつでも視線を惹きつけ離さない。2007/3 塩谷駅~蘭島駅 JR函館本線1934D倶知安行 車窓© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

北海道 鉄路の情景(21)

この車窓を眺めて旅する時間が好き。そして叶うことならば、また違う季節に、この列車から鮮やかな色合いの車窓に出会いたい。2007/3 仁木駅~然別駅 JR函館本線1934D倶知安行 車窓© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(22)

列車の行き違いのために、少しの間停まった駅。銀世界が広がる、静かな駅。2007/3 然別駅 JR函館本線1934D倶知安行(キハ150形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(23)

俄かに厚い雲が流れてきた。雪が積もり、ホームがどこまでなのかも分からない。北海道の3月。2007/3 JR函館本線 然別駅© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(24)

運転士氏が、対向列車が遅れているとのアナウンス。ホームに降りて写真を撮らせてもらっている内に、駅に小樽行が滑り込んできた。2007/3 然別駅 JR函館本線1934D倶知安行 車窓(キハ150形)・1931D小樽行(キハ150形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(25)

この先はだいぶ雪が積もっているのだろうか。数分の遅れでやってきた列車には、監視役が前面に立っていた。2007/3 然別駅 JR函館本線1931D小樽行(キハ150形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

北海道 鉄路の情景(26)

風に舞う雪が、レールの表面をなでる。大きな山を望み、列車はさらに山に分け入る。2007/3 然別駅~銀山駅 JR函館本線1934D倶知安行 車窓© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

北海道 鉄路の情景(27)

ここを特急列車が走っていたのだと、想像してみる。真冬の白、新緑の萌黄、錦秋の赤、青函連絡船から乗り継いで見た景色は感慨深かったことだろう。2007/3 然別駅~銀山駅 JR函館本線1934D倶知安行 車窓© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

北海道 鉄路の情景(28)

まだ手の届かない春。木々は葉のない枝を揺らし、列車が通り過ぎるのを見送っている。2007/3 然別駅~銀山駅 JR函館本線1934D倶知安行 車窓今日から新しいダイヤが施行されました。乗ったことのある思い出の列車も、写真の1枚も撮ることの叶わなかった列車も、記憶の彼方へと通り過ぎて行きました。仕事で必要があれば北陸新幹線にも乗るかもしれません。でも、僕自身は“上野東京ライン”に乗って、そしてまたいつも通り全国の普通...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(29)

列車は走る。エンジンを高鳴らせて、まだ温まらない世界を、走る。2007/3 然別駅~銀山駅 JR函館本線1934D倶知安行 車窓© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(30)

山深く、列車は右へ左へ、カーブを繰り返しながら、一駅10Kmを走る。冬に戻ったような雪。2007/3 然別駅~銀山駅 JR函館本線1934D倶知安行 車窓© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(31)

大きな景色の中の小さな駅。北海道一の幹線にある、小さな山の駅。2007/3 銀山駅 JR函館本線1934D倶知安行 車窓© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  4
  •  -

北海道 鉄路の情景(32)

軽やかに、リズミカルに、レールを鳴らしながら山を下ってゆく。緩やかにカーブする線路が美しくて、この写真が気に入っている。2007/3 銀山駅~小沢駅 JR函館本線1934D倶知安行 車窓© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(33)

小さな集落が見えてきた。山を越えて、列車は、次の駅へと旅人を運ぶ。2007/3 銀山駅~小沢駅 JR函館本線1934D倶知安行 車窓© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北海道 鉄路の情景(34)

この駅に来てみたかった僕だけが、一人ホームに降りた。誰もいない無人駅。旅の列車を見送る。2007/3 小沢駅 JR函館本線1934D倶知安行(キハ150形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

八高線昔日(1)

JRがスタートして間もない頃、鉄道はまだ国鉄と昭和の面影を色濃く残していた。1980s 高崎駅 JR八高線(JR高崎線)上り列車(キハ35形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

八高線昔日(2)

形式が揃えられることもなく、雑多な車両が新旧共に混用されていたのも懐かしい。後年、千葉の久留里線に移っていった。1980s 高崎駅 JR八高線(JR高崎線)上り列車(キハ38形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

八高線昔日(3)

東京都に残っていた唯一の非電化路線。八王子までの全線でのんびり気動車が走り、どこか物凄く遠くの地を旅しているような感覚だった。1980s 高崎駅 JR八高線(JR高崎線)上り列車(キハ40形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

八高線昔日(4)

重連の機関車だけが駅に到着した。貨物輸送がまだ当たり前だった頃。1980s 児玉駅 JR八高線回送列車(DD51形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

八高線昔日(5)

凛々しいその姿。当たり前と思っていた鉄道の風景が、いつしか失われていった。1980s 児玉駅 JR八高線回送列車(DD51形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

八高線昔日(6)

...

  •  0
  •  -

八高線昔日(7)

...

  •  0
  •  -

下町電車(1)

...

  •  0
  •  -

下町電車(2)

...

  •  0
  •  -

下町電車(3)

...

  •  0
  •  -

下町電車(4)

...

  •  0
  •  -

下町電車(5)

...

  •  0
  •  -

下町電車(6)

住宅が立ち並ぶ町を、ひっそりと、細やかに結んでいる。大きな私鉄の会社の、小さな路線。2014/3 亀戸水神駅 東武亀戸線B49亀戸行(8000系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

下町電車(7)

普通の通勤電車さえ、この路線の空気に馴染んで穏やかになってゆく。2014/3 亀戸水神駅~亀戸駅 東武亀戸線B49亀戸行(8000系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

下町電車(8)

散歩しながら見知らぬ路地に入っていく感覚。カーブで車輪を軋ませながら、また電車が通り過ぎた。2014/3 亀戸駅~亀戸水神駅 東武亀戸線B50曳舟行(8000系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

下町電車(9)

2両編成にぴったりのホームの短さ。電車がそろりと入ってきて、停まった。2014/3 亀戸水神駅 東武亀戸線B51亀戸行(8000系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -