風旅記

私的旅行記による、幾つかの一場面をあなたに
土地の記憶のかけらをここに残し、
それが誰かの旅の道標となることを願って
写真が好きな一旅人のささやかな旅行記をここに。

Archive2015年01月 1/2

北の路面電車(1)

...

  •  4
  •  -

北の路面電車(2)

...

  •  0
  •  -

北の路面電車(3)

...

  •  0
  •  -

北の路面電車(4)

...

  •  0
  •  -

北の路面電車(5)

もう一方の終点に向けて路線を延ばして、環状運転をする計画がある。最盛期の3分の1だけになった路面電車に、明るい話題が出る今の時代。2012/1 札幌市交通局山鼻線 すすきの停留所© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北の路面電車(6)

氷の線路の終わりに向けて、ゆっくりとやって来る。2012/1 すすきの停留所 札幌市交通局山鼻線すすきの行終着(8520形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北の路面電車(7)

足早に通りに出てゆく人、今か今かとドアが開くのを待つ人。生活と共に札幌の街を走る。2012/1 すすきの停留所 札幌市交通局山鼻線すすきの行終着(8520形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北の路面電車(8)

氷点下の街に、光が溢れ返っている。電車は、その中で埋もれるようにして走り始めた。2012/1 すすきの停留所 札幌市交通局山鼻線西4丁目行(8520形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

北の路面電車(9)

夜に、酒に、寒さに、満たされて静かに過ごす時間。もう終電に近いだろうか。2012/1 すすきの停留所~資生館小学校前停留所 札幌市交通局山鼻線西4丁目行© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北の路面電車(10)

車内は暖かだろうか。窓際に立つと、冷たい空気が頬をかすめた。2012/1 すすきの停留所~資生館小学校前停留所 札幌市交通局山鼻線西4丁目行© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北の路面電車(11)

一日の内で一番気温が下がるとき。レールに鈍く物憂げな光。2012/1 札幌市交通局一条線 西4丁目停留所 ※横断歩道より撮影© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北の路面電車(12)

まだ初電はやってこない。いつも賑わっている街に、今だけは人影疎ら。2012/1 札幌市交通局一条線 西4丁目停留所 ※横断歩道より撮影© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北の路面電車(13)

今日という日が始まる直前。誰もいない、異空間のような停留所。2012/1 札幌市交通局一条線 西4丁目停留所© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

北の路面電車(14)

レールは真っ直ぐに延びている。いつの日にかこの停留所が終着ではなくなる日を夢見て、ここを去る。2012/1 札幌市交通局一条線 西4丁目停留所 ※横断歩道より撮影© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

雪・途中駅(1)

列車は、真冬の駅に着いた。車体もレールも、ホームも、凍てつくある冬の夜。2010/1 米沢駅 JR奥羽本線465M米沢行終着(719系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

雪・途中駅(2)

乗り継ぎの待ち時間、誰もいなくなったホームを歩く。とうに終電の走り去った米坂線のホームは、ただ雪が積もるばかり。2010/1 米沢駅 JR米坂線夜間滞泊列車(キハ110形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

雪・途中駅(3)

明日、また走るときまで静かに停まっているのだろう。雪はホームにまで吹き込んで、真白な夜。2010/1 米沢駅 JR米坂線夜間滞泊列車(キハ110形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  4
  •  -

雪・途中駅(4)

白いボディーに雪が積もる。スマートになった列車の白さは、雪の純白に上書きされてゆく。2010/1 米沢駅 JR米坂線夜間滞泊列車(キハ110形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

雪・途中駅(5)

今日、これ以上先へ走る列車はもう、ない。冷え込んだ夜に着いた駅、山形。2010/1 山形駅 JR奥羽本線467M山形行終着(719系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

雪・途中駅(6)

標準軌の列車が、狭軌の列車に出会う。雪を疾走してきた。2010/1 山形駅 JR奥羽本線467M山形行終着(719系)・JR仙山線(JR奥羽本線)夜間滞泊列車は(719系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

雪・途中駅(7)

また雪の降り方が強くなってきた。仙山線の車窓にも、美しい雪の風景が流れていたことだろう。2010/1 山形駅 JR仙山線(JR奥羽本線)夜間滞泊列車(719系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

雪・途中駅(8)

エンジンの音が、静かになった夜の駅に響いている。今日の左沢線の最終列車、もう少しで発車してゆく。2010/1 山形駅 JR左沢線(JR奥羽本線)1355D寒河江行(キハ101形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

雪・途中駅(9)

...

  •  0
  •  -

雪・途中駅(10)

...

  •  0
  •  -

雪・途中駅(11)

...

  •  0
  •  -

雪・途中駅(12)

...

  •  0
  •  -

雪・途中駅(13)

...

  •  0
  •  -

雪・途中駅(14)

...

  •  0
  •  -

雪・途中駅(15)

...

  •  0
  •  -

雪・途中駅(16)

新幹線と同じ標準軌が、在来線の狭軌に向き合う。決して超えることのない境界の駅。それでも旅は、その向こうへと続いてゆく。2010/1 新庄駅 JR奥羽本線421M新庄行終着(719系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

ある日東北から(1)

小牛田駅、夜に着いた寒さの印象ばかりだったこの駅で、今日は暖かな日差しに包まれた。2004/1 小牛田駅 JR陸羽東線3132D快速湯けむり小牛田行終着(キハ112形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

ある日東北から(2)

幹線の列車でも2両編成。これが今の鉄道の現実、冬晴れの駅で一抹の寂しさ。2004/1 小牛田駅 JR東北本線533M一ノ関行(701系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

ある日東北から(3)

小牛田でお昼を食べよう。駅近くに小さな店を見つけ、ほっと一息。ここは鉄道の要衝。ディーゼルカーがたくさん停まっている。2004/1 小牛田駅 JR石巻線滞泊列車(キハ48形・キハ58形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

ある日東北から(4)

ぎりぎりの時間に飛び乗った石巻線の列車、車内はポカポカ、窓からは暖かい日の光。食後の眠くなる午後、気が付けば・・・2004/1 小牛田駅 JR石巻線1639D女川行(キハ48形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

ある日東北から(5)

石巻に着いて、眠気を振り払うように駅を見渡せば、側線があったのだろうか空地が広がっていた。2004/1 JR石巻線 石巻駅© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

ある日東北から(6)

以前は山手線を走っていた車両が、今は東北の地を走っている。静かな帰り支度のとき。仙台に向けて出発する。2004/1 石巻駅 JR仙石線あおば通行(205系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

ある日東北から(7)

田園地帯の単線を走る。真っ直ぐに延びる線路が、傾き始めた陽に光る。2004/1 JR仙石線あおば通行 車窓(205系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

ある日東北から(8)

線路が海に一番近付くとき。人の少ない小さな駅に停まったとき。車窓には静かな水面が広がる。この旅から10年、あの日からもうすぐ4年、今のこの土地を列車で訪ねたい。2004/1 陸前大塚駅 JR仙石線あおば通行 車窓(205系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

ある日東北から(9)

対向列車が通り過ぎると、信号が青に変わった。また、出発する。2004/1 陸前大塚駅 JR仙石線あおば通行 車窓(205系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

ある日東北から(10)

ベッドタウンの戸建住宅が並ぶ町。段々と仙台に近付いてゆく。2004/1 JR仙石線あおば通行 車窓(205系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

ある日東北から(11)

東北本線を一路、東京に向かって走り始める。国鉄時代の最後の試行錯誤、地方都市の列車の改善を目指したこの電車も、今はもう走っていない。2004/1 仙台駅 JR東北本線3584M快速仙台シティーラビット6号福島行(417系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

ある日東北から(12)

この駅に、東北本線を幹線たらしめて、栄華を誇った車両が集まっては旅立ってゆく。2004/1 仙台駅 JR常磐線(JR東北本線)252Mいわき行(457系)・1570M仙台行終着(417系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

ある日東北から(13)

乗り継ぎながら黒磯に着いた。北から走ってきた交流用の列車は、この駅が終点。東北本線が、東北から関東に色合いを変える駅。2004/1 黒磯駅 JR東北本線2150M黒磯行終着(719系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

ある日東北から(14)

線路に薄らと雪が積もっていた。北の感覚を最後に確かめて、東北へのホームを後にした。2004/1 黒磯駅 JR東北本線2150M黒磯行終着(719系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

ある日東北から(15)

上野に向かう列車が、夜のホームに静かに停まっている。長く伸びるホームは幹線の証。2004/4 黒磯駅 JR東北本線3550M快速ラビット上野行(211系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

ある日東北から(16)

今では、上野と黒磯を直通する普通列車は殆どなくなってしまった。いつの間にか、長距離を走る普通列車が消えてゆく。車内の暖かさにうたた寝をしたこの電車も、新しい車両に代わった。全ては思い出の彼方へ。2004/1 黒磯駅 JR東北本線3550M快速ラビット上野行(211系)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

銀河鉄道(1)

...

  •  0
  •  -

銀河鉄道(2)

...

  •  0
  •  -

銀河鉄道(3)

...

  •  0
  •  -

銀河鉄道(4)

...

  •  0
  •  -