Tokyo loop(17)

2013年10月01日 20:41

01341.jpg


東京でも、緑は豊かに景色を彩っている。
空気が澄んできそうな、そんな心地良さ。

[2011/9 渋谷駅~原宿駅 JR山手線内回り列車(E231系)・JR埼京線下り列車(205系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

Tokyo loop(18)

2013年10月02日 21:20

01342.jpg


明治神宮の豊かな森の端にある駅。
緑に囲まれ、そして反対側は最先端を走るモードの街。

[2011/9 JR山手線原宿駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

Tokyo loop(19)

2013年10月03日 21:39

01343.jpg


雑踏の街、新宿。
日本で一番多くの人が出入りする巨大な駅。
夜になっても、人並みが切れることがない。

[2011/9 新宿駅 JR山手線内回り列車(E231系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

Tokyo loop(20)

2013年10月04日 21:47

01344.jpg


怪しく光る青い照明は、人の心を静めるためにあるという。
ホームの端にひっそりと、都会の寂しい一面が見え隠れする。

[2011/9 新大久保駅 JR山手線内回り列車(E231系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

Tokyo loop(21)

2013年10月05日 21:57

01345.jpg


植物が繁茂する様は、生命の力を改めて実感させる。
この電車は、東京の何気ない風景に溶け込んで。

[2011/9 高田馬場駅 JR山手線外回り列車(E231系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

Tokyo loop(22)

2013年10月06日 22:09

01346.jpg


帝都と呼ばれた時代を振り返る、時間を蓄積したコンクリートという石。
ここにもあそこにも、東京に散在する古い構造物の数々を目にしているかもしれない。

[2011/9 目白駅 JR山手線内回り列車(E231系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

Tokyo loop(23)

2013年10月07日 22:17

01347.jpg


路面電車と交わる大塚駅。
山手線は上を、チンチン電車はそれらしく地面を走っている。

[2011/9 大塚駅 JR山手線内回り列車(E231系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

Tokyo loop(24)

2013年10月08日 22:43

01348.jpg


コンクリートに固められた軌道が光っている。
静けさを取り戻した街並みを背景に、列車はスピードを出して走り去る。

[2011/9 大塚駅~巣鴨駅 JR山手線外回り列車(E231系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

Tokyo loop(25)

2013年10月09日 22:44

01349.jpg


何本もの線路が並んでいる。
夜が更けてきた。列車はいつもの音を立てて、流れるように走り去る。

[2011/9 巣鴨駅 JR山手線内回り列車(E231系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

Tokyo loop(26)

2013年10月10日 22:53

01350.jpg


狭い階段、何度も塗り直されたような壁の色。
古い駅の面影。

[2011/9 JR山手線駒込駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

Tokyo loop(27)

2013年10月11日 22:54

01351.jpg


駅前の風景はまた下町に。
狭い路地に店が並ぶ、そしてガード下の人通り。

[2011/9 JR山手線駒込駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

Tokyo loop(28)

2013年10月12日 22:59

01352.jpg


夜の光は美しい。
目で見ることの叶わない世界が、カメラの中に収まっていた。

[2011/9 田端駅 JR山手線外回り列車(E231系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

Tokyo loop(29)

2013年10月13日 23:02

01353.jpg


23時過ぎ、混雑の激しい駅にも静けさが舞い降りる。

[2011/9 田端駅 JR山手線外回り列車(E231系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

Tokyo loop(30)

2013年10月14日 23:22

01354.jpg


上野の森の傍にある駅は、山手線の中で一番乗客の少ない駅だった。
古めかしくて、懐かしさが漂う、小さなローカル線の駅と錯覚する。

[2011/9 JR山手線鶯谷駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

Tokyo loop(31)

2013年10月15日 23:28

01355.jpg


北への玄関口、上野。
僕の旅はこの駅を出発することが多い。
けれど、今日は一つの通過駅。

[2011/9 上野駅 JR山手線内回り列車(E231系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

Tokyo loop(32)

2013年10月16日 23:47

01356.jpg


アメ横の雑踏の横を走る。
LEDの行先表示が、幻想的な光の帯となって記憶に残った。

[2011/9 御徒町駅 JR山手線外回り列車(E231系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

Tokyo loop(33)

2013年10月17日 23:48

01357.jpg


青い微かな光は、帯びた熱を冷ましている。
しなやかに、しかし力強く。
やがて今日、一日が終わろうとしている。

[2011/9 御徒町駅 JR山手線外回り列車(E231系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

青海川・秋(1)

2013年10月18日 05:58

01358.jpg


この駅に着いたときには、空が青を湛え始めていた。
今日、また僕は、この駅を訪れている。

[2008/10 JR信越本線青海川駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

青海川・秋(2)

2013年10月19日 05:58

01359.jpg


駅は、すっかり綺麗になっていた。
この1年と少し前に起きた、地震と崖崩れから立ち直って。

[2008/10 JR信越本線青海川駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

青海川・秋(3)

2013年10月20日 06:02

01360.jpg


数分後、機関車が機械音を立てて走ってきた。
トワイライトエクスプレスだ。
大阪に向かって日本海を旅する寝台特急列車の車窓に、この小さな駅は映っただろうか。

[2008/10 青海川駅 JR信越本線8002特急トワイライトエクスプレス大阪行(EF81形・24系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

青海川・秋(4)

2013年10月21日 06:08

01361.jpg


半年前にできたばかりの新しい待合室は、この駅の情景を大切にしている。
旅人の道標となる駅であり続けますように。

[2008/10 JR信越本線青海川駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

青海川・秋(5)

2013年10月22日 06:10

01362.jpg


青海川の海岸線沿いに旧線跡が続いている。
海を眺める昭和の車窓は、旅人にはドラマチックだっただろう。

[2008/10 JR信越本線青海川駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

青海川・秋(6)

2013年10月23日 06:11

01363.jpg


日本海縦貫線は、今を支える物流の大動脈。
過去を想像している間もなく、貨物列車が猛スピードで走ってきた。

[2008/10 青海川駅 JR信越本線下り貨物列車(EF81形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

青海川・秋(7)

2013年10月24日 06:11

01364.jpg


海の風、列車の風、巻き上がるように吹いたときに、去った機関車の警笛が聞こえた。
朝焼けが青空に変わる頃。

[2008/10 青海川駅 JR信越本線下り貨物列車]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事

青海川・秋(8)

2013年10月25日 06:13

01365.jpg


ホームから眺める日本海は、何も変わらずに美しい。
微かに残る朝焼けに包まれて、風が吹いている。

[2008/10 JR信越本線青海川駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません
関連記事