風旅記

私的旅行記による、幾つかの一場面をあなたに
土地の記憶のかけらをここに残し、
それが誰かの旅の道標となることを願って
写真が好きな一旅人のささやかな旅行記をここに。

Archive2013年06月 1/1

夜景・橋(2)

コンクリートに固められた都会でさえ、20数年の歳月は、線路を少しずつ自然に回帰させてゆく。[2010/6 東京都港湾局専用線跡 晴海橋梁]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

夜景・橋(3)

夜も更けて、マンションの灯りも疎らになってきた今。その今を生きる空間に寄り添って、過去に生きた廃線が残っていた。[2010/6 東京都港湾局専用線跡 晴海橋梁]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

夜景・橋(4)

昭和32年に貨物列車が走り始め、平成元年に廃止になった。錆びて草生した運河のコンクリート橋、そして東京の煌びやかな夜景。[2010/6 東京都港湾局専用線跡 晴海橋梁]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

夜景・橋(5)

今の高層ビル、今に続く工場、そして今では過去のものとなった鉄道橋。輻輳する時間の流れ。[2010/6 東京都港湾局専用線跡 晴海橋梁]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

夜景・橋(6)

運河に架かる線路は、フェンスで仕切られて、鉄路は打ち切られて。そこだけが時の流れから隔離されたように静かだった。[2010/6 東京都港湾局専用線跡 春海橋]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

夜景・橋(7)

柔らかなデザインの鉄橋に、もう列車が通ることはない。夜の暗闇に同化したシルエットは、既にその時代が終わったことを黙して示している。[2010/6 東京都港湾局専用線跡 春海橋]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

上野駅・夜(1)

夜、気が向いて、上野駅を訪れる。北への旅の思いと、少しずつ綺麗になってゆく駅の姿。[2009/6 JR東北本線上野駅]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

上野駅・夜(2)

中距離、長距離の列車が次々と発車してゆく。特急列車は殆どが新幹線に移った今でも、上野駅は北日本への玄関口だ。[2009/6 JR東北本線上野駅]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

上野駅・夜(3)

群馬からの特急列車が到着した。かつて新特急と呼ばれたこの列車、今では上野駅を発着する数少ない在来線特急となった。[2009/6 上野駅 JR高崎線(JR東北本線)4020M特急あかぎ20号上野行終着(185系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

上野駅・夜(4)

荷役があった時代の名残、荷物ホーム。昔のまま何も変わらず、コンクリートの打ちっぱなしのホームの懐かしさ。[2009/6 JR東北本線上野駅]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

上野駅・夜(5)

夜の少し疲れた顔を乗せて、群馬へと折り返してゆく。ポップなカラーの列車も、ヘッドライトを灯して凛々しく顔つきを変える。[2009/6 上野駅 JR高崎線(JR東北本線)4009M特急あかぎ9号前橋行(185系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

上野駅・夜(6)

綺麗なタイルのホームの一番端っこに、無骨なコンクリートの階段があった。きっとその中には、時間を経たまま飾らない構造物むき出しの姿があるのだろう。[2009/6 JR東北本線上野駅]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

上野駅・夜(7)

地平ホームに普通列車が到着した。真上には高架ホームがある二層構造の駅。無骨で煤けたターミナル駅。[2009/6 上野駅 JR東北本線676M上野行終着(E231系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

上野駅・夜(8)

石川啄木の詩をいつまでも眺めていたくなる駅。走馬灯のように、東北の車窓が浮かんでは消えてゆく。ずっと向こうへとつながっている。[2009/6 JR東北本線上野駅]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

上野駅・夜(9)

昼間の雑踏が嘘のように、人のいなくなった駅の静かさ。[2009/6 上野駅 JR東北本線1885M回送列車(E231系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

上野駅・夜(10)

高架ホームへと続く上層の路盤に覆われて、夜よりも暗闇。レールがライトを反射して、複雑な模様を描いている。[2009/6 JR東北本線上野駅]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

上野駅・夜(11)

特急のデザイン、昭和40年代とその四半世紀後。列車は洗練されてスマートになってゆく。[2009/6 上野駅 JR高崎線(JR東北本線)611M急行能登金沢行(489系)・JR常磐線(JR東北本線)66M特急スーパーひたち66号上野行終着(651系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

上野駅・夜(12)

乗車位置を示す札が架かるホーム、ボンネットも古めかしい特急型列車。40年間変わらない、上野駅の情景。[2009/6 上野駅 JR高崎線(JR東北本線)611M急行能登金沢行(489系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

上野駅・夜(13)

金沢、と書かれた行先、急行、のサボが据えられている。往年の特急列車は、クーラーの形にまで凝っていて、きっとスピード感溢れる姿に映ったのだろう。[2009/6 上野駅 JR高崎線(JR東北本線)611M急行能登金沢行(489系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

上野駅・夜(14)

長い間、上野から日本海に向かって走り続けてきたのだろう。歪んだボディーには、疲れが浮き出ていた。[2009/6 上野駅 JR高崎線(JR東北本線)611M急行能登金沢行(489系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

上野駅・夜(15)

上野駅16番線、夜23時過ぎ。列車が発車する少し前の、期待と少しの寂しさ。[2009/6 上野駅 JR高崎線(JR東北本線)611M急行能登金沢行(489系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

上野駅・夜(16)

車体は、直しても、もうだいぶ傷んできているようだった。乗客は足早に車内に入り、発車時刻が近付いてもホームは静かなまま。[2009/6 上野駅 JR高崎線(JR東北本線)611M急行能登金沢行(489系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

上野駅・夜(17)

エンブレムを輝かせて、この運転台の外には碓氷峠の景色が、機関車が、見えていたのだろう。時代と共に、信越本線の峠は新幹線に置き換えられ、この夜行列車は季節臨時列車になり、そしてこの特急型車両は上野から姿を消した。[2009/6 上野駅 JR高崎線(JR東北本線)611M急行能登金沢行(489系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

東京の路面電車(1)

東京に残された路面電車は、殆ど道路を走ることのないチンチン電車。閑静な街中から発車している。[2012/6 早稲田停留所 都電荒川線三ノ輪橋行(7000形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

東京の路面電車(2)

旧32系統を受け継ぐこの区間は、道路の中央の専用軌道を走る。落ち着いた街の風が吹いている。[2012/6 面影橋停留所 都電荒川線三ノ輪橋行(7000形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

東京の路面電車(3)

面影橋という名前が美しい。オレンジとグリーンの対比が、都市の風景に溶け込んでゆく。[2012/6 面影橋停留所 都電荒川線早稲田行(8800形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

東京の路面電車(4)

黒い雲が湧き上がってくる。夏草が、もう少しで一番色濃くなる季節、その少し手前。[2012/6 学習院下停留所 都電荒川線三ノ輪橋行(8800形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

東京の路面電車(5)

坂を下って、上って、1両の路面電車が行き来する。いまどきのデザインの最新の車両も、60年近く前に作られた車両も。[2012/6 鬼子母神前停留所 都電荒川線早稲田行(8800形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

東京の路面電車(6)

静かに発車して、急な下り坂を下りてゆく。街の隙間を縫うようにして。[2012/6 鬼子母神前停留所 都電荒川線早稲田行(8800形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

東京の路面電車(7)

大正時代に開業したときからのホームかもしれない。赤茶けて、柔らかな風情になった石組みが、顔を覗かせている。[2012/6 都電雑司ヶ谷停留所 都電荒川線三ノ輪橋行(7000形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -