風旅記

私的旅行記による、幾つかの一場面をあなたに
土地の記憶のかけらをここに残し、
それが誰かの旅の道標となることを願って
写真が好きな一旅人のささやかな旅行記をここに。

Archive2012年02月 1/1

冬・雑感(4)

東北本線、という名前がいい。呑んで軽く酔いながら暖かな足元を楽しんで、冬の列車に揺られるのが、いい。[2010/1 福島駅 JR東北本線2149M仙台行(701系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

冬・雑感(5)

冬の夜の駅は、旅の気持ちを高揚させる。身を切るような寒風、雪が強く降り始めたのを見て、やっと、日常が完全に吹っ切れた。[2010/1 福島駅 JR東北本線2149M仙台行(701系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

冬・雑感(6)

この駅まで走ってくる間に凍りついたのだろう。乾いた音を立てて、窓に貼り付いていた氷が滑り落ちた。[2010/1 福島駅 JR奥羽本線465M米沢行 車内(719系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

冬・雑感(7)

今晩、夜を走る列車を乗り継いで、どこまで行けるのだろう。この列車はこの駅で終点、凍った車体を強張らせるようにして。[2010/1 米沢駅 JR奥羽本線465M米沢行終着(719系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

冬・雑感(8)

大粒の雪がいつまでも降り続く。僕の心は、見ているだけで、雪と共に真白になってゆく。[2010/1 米沢駅 JR奥羽本線夜間滞泊列車(719系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

冬・雑感(9)

少しずつ雪に覆われ、埋もれ、全てが純白になってゆく。今日の列車の終わったホームは、寒さだけの世界。[2010/1 米沢駅 JR米坂線夜間滞泊列車(キハ110形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

冬・雑感(10)

凍てつく夜の厳しい美しさに、思わずカメラを向ける。手が悴んで、シャッターを押す感覚が、いつもと違う。[2010/1 米沢駅 JR米坂線夜間滞泊列車(キハ110形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

冬・雑感(11)

雪の舞うのも構わずに、夢中になって写真を撮るのが楽しい。在来線に、在来線とは一線を画した特急形車両が走っている様を。[2010/1 山形駅 JR奥羽本線回送列車(E3系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

冬・雑感(12)

雪の中、一晩をこの駅で過ごす列車。冷え切った車体に暖かな光を当てて、氷結を防いでいる。[2010/1 山形駅 JR仙山線夜間滞泊列車(719系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

冬・雑感(13)

今日の旅は、この駅で終わる。感情を発散させながら、車窓に癒される時間。雪の夜を楽しむ。[2010/1 JR奥羽本線山形駅]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

趣味とルール

長文、お許しください。どうしても書いておきたい出来事がありました。[2012/2/6]***昨日、冬の晴れ間、僕はある路線に、久しぶりに列車の撮影に出かけてきた。もうすぐ列車の来る時刻。鉄橋を走る列車を撮ろうと、川辺の土手から中望遠、ファインダーを覗くと、間もなく列車はヘッドライトを輝かせて走ってきた。良い感じに撮れたと思っていると、列車はちょうど僕の目の前で止まった。理由も分からず、何が起きたのか理解でき...

  •  8
  •  -

消え行く列車を車庫に見る(1)

首都圏近郊を走る武蔵野線の車庫。休む列車の大半は、このとき既に、ステンレス車体の205系に代わっていた。[2005/2 JR武蔵野線東所沢電車区滞泊列車(103系・205系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

消え行く列車を車庫に見る(2)

山手線から移ってきた205系は、この路線の顔として既に定着している。夕日に、驚かされる程の輝きを放つ。[2005/2 JR武蔵野線東所沢電車区滞泊列車(205系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

消え行く列車を車庫に見る(3)

冬の澄んだ空の下、夜のラッシュを前に休む車両の姿があった。[2005/2 JR武蔵野線東所沢電車区滞泊列車(103系・205系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

消え行く列車を車庫に見る(4)

夕日を浴びて佇む103系電車。このとき、あとどれだけ乗客を乗せて走るのだろう、と考えていた。あとどれだけ、全力の疾走を見せてくれるのだろうか、と。[2005/2 JR武蔵野線東所沢電車区滞泊列車(103系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

消え行く列車を車庫に見る(5)

整然と並ぶレール、この路線ができた頃は、まだこの辺は何もないところだったのだろう。今でも広い車庫の上に、冬の空が大きい。[2005/2 JR武蔵野線東所沢電車区滞泊列車(205系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

消え行く列車を車庫に見る(6)

一つの路線で、一つの車両が消えていった。殆どの乗客にとって、それは些細で到底気付かないこと、でも僕にとっては記憶に重ね合わせて、寂しい出来事。このときまでの、僕の生活と共にあった車両、それが103系電車だった。[2005/2 JR武蔵野線東所沢電車区滞泊列車(103系・205系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

烏山線へ(1)

早朝の駅、2月の北関東の空っ風。身体の芯まで冷えて、震えてくる。今日2本目の列車が、間もなく発車の時間を迎える。[2011/2 烏山駅 JR烏山線324D宇都宮行(キハ40形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  4
  •  -

烏山線へ(2)

エンジン音が高鳴り、排煙を噴き上げて、列車は発車していく。少しずつ明るくなってきた空、まだ街灯は灯ったまま。[2011/2 烏山駅 JR烏山線324D宇都宮行(キハ40形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

烏山線へ(3)

駅はもう開いている。訪れる人もいない冬の週末の朝、1時間後の次の列車が到着するのを待っている。[2011/2 JR烏山線烏山駅]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

烏山線へ(4)

何年、年十年、列車が走っていないのだろう。この終着駅のホームのその先に、干乾びてしまったか細いレールが続いている。[2011/2 JR烏山線烏山駅]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  6
  •  -

烏山線へ(5)

朝日が昇る。運転台の窓ガラスに、薄っすらと光が差し込む。[2011/2 烏山駅 JR烏山線326D宇都宮行(キハ40形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  6
  •  -

烏山線へ(6)

発車時間を待つ2両の気動車。時間までにあと何人の乗客がやってくるのだろう。[2011/2 烏山駅 JR烏山線326D宇都宮行(キハ40形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

烏山線へ(7)

ロングシートに改造された車内、車両の端から端まで続く、長いシート。きっとラッシュ時などはそれなりに混雑するのだろう。[2011/2 烏山駅 JR烏山線326D宇都宮行 車内(キハ40形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

烏山線へ(8)

冬の朝の太陽が、赤く燃えている。ふとした旅の一場面がドラマチックに彩られる。[2011/2 烏山駅 JR烏山線326D宇都宮行 車窓(キハ40形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

烏山線へ(9)

古めかしい運転台の中には、こんなにも多くの機器が並んでいる。小さかった頃、運転手に憧れていた気持ちを、ふと思い出した。[2011/2 烏山駅 JR烏山線326D宇都宮行 車内(キハ40形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

烏山線へ(10)

車内の暖かさに、うとうとしてしまう。気付けば車窓が変わり、そしてまた気付けばさらに違った車窓に。そして列車は、終点に着いた。[2011/2 宇都宮駅 JR烏山線(JR東北本線)326D宇都宮行終着(キハ40形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

烏山線へ(11)

曇っている。冬の曇天は、寒々しく重たい気持ちになる。車窓に緩やかな山が見え、列車はゆっくりと走っている。[2011/2 小塙駅~滝駅 JR烏山線329D烏山行 車窓(キハ40形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

烏山線へ(12)

東北本線から分かれて、烏山線に入ってから終点まで30分強。この路線を走るディーゼルカーのトップナンバーに乗ってきた。[2011/2 烏山駅 JR烏山線329D烏山行終着(キハ40形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  4
  •  -

烏山線へ(13)

排煙で煤けた気動車は、まだ終点の駅に着いたときのまま、テールライトを光らせている。ワンマン運転のローカル線が増え、ホームにミラーがあるのも普通の光景になった。[2011/2 烏山駅 JR烏山線329D烏山行終着(キハ40形)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -