上越国境・冬(17)

2017年01月24日 10:35

03794.jpg


三角屋根は、山の建物の象徴。
四季いつでも美しい山の風景への入口の駅、今日も静かに旅人を待っている。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

上越国境・冬(16)

2017年01月23日 10:33

03793.jpg


“日本一のモグラ駅”
昭和42年開通の新清水トンネルにある下りホームまで、標高差81m、階段で486段。
有人時代、下り列車は発車10分前には改札を締め切っていたという。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

上越国境・冬(15)

2017年01月23日 10:28

03792.jpg


雪が少しだけ融けても、滴り落ちることなく氷になる。
この土地の自然をそのまま表したような、鋭く尖り、透明な存在。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

上越国境・冬(14)

2017年01月22日 10:27

03791.jpg


山荘のような駅舎は、無人化され、少しずつ古びていった。
色褪せた姿に、徐々に人の少なくなった駅の悲しみを見た。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

上越国境・冬(13)

2017年01月22日 10:26

03790.jpg


雪の重みに耐えかねているのか、細い柱が屋根を支える。
何層もの雪から、鋭い氷柱が伸びている。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

上越国境・冬(12)

2017年01月21日 10:24

03789.jpg


1メートル、もっと積もっているだろうか。
駅舎も広い駅前も、全てが雪に埋まって、それでもまだ降り続く。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

上越国境・冬(11)

2017年01月21日 10:22

03788.jpg


列車の監視台に駅員氏が立っていたのは、いつの時代までだったのだろう。
窓の外には、美しき冬の森。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

上越国境・冬(10)

2017年01月20日 10:21

03787.jpg


雪が積もり、氷柱が駅舎を覆い尽くしている。
列車が来なければ、ここは閉ざされた世界。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

上越国境・冬(9)

2017年01月20日 10:20

03786.jpg


豪雪から守るために、身を硬くしているよう。
春が待ち遠しいと、旅人さえ深く思う。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

上越国境・冬(8)

2017年01月19日 10:17

03785.jpg


この駅を出れば、ループ線の坂を下って次の駅へ。
古い車両が、雪と坂の険しい鉄路に挑み続けている。


2010/1 土合駅 JR上越線8730M水上行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

上越国境・冬(7)

2017年01月19日 10:16

03784.jpg


雪を舞い上げて走る。
険しい山を清水トンネルで貫いて、国境を跨ぎ走る。


2010/1 土合駅 JR上越線8730M水上行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

上越国境・冬(6)

2017年01月18日 10:14

03783.jpg


雪は音もなく降り続ける。
谷川連峰の麓の駅、真冬に列車を降りた旅人は、何を想うのだろう。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

上越国境・冬(5)

2017年01月18日 10:11

03782.jpg


列車と乗客の通るところだけ、雪を除けてある。
他は全てが雪の下に。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

上越国境・冬(4)

2017年01月17日 10:10

03781.jpg


駅に手が入れられたようだ。
地上のホームにも、線路が剥がされた側には柵が建てられた。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

上越国境・冬(3)

2017年01月17日 10:09

03780.jpg


そして、果てしなく続く階段を上り、地上のホームに出る。
駅は、雪に閉ざされることなく人の手で守られていた。


2010/1 JR上越線 土合駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

上越国境・冬(2)

2017年01月16日 09:55

03779.jpg


長く、果てしなく続くトンネルの真ん中、ここが関東最後の駅。
剥がされた待避線の場所に、本線に列車を停めるホームが作られていた。


2010/1 土合駅 JR上越線1733M長岡行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

上越国境・冬(1)

2017年01月16日 09:37

03778.jpg


雪化粧をした駅に見れば、見慣れているはずの電車が勇壮に見えてくる。
ここから先は、トンネルと雪の鉄路。


2010/1 水上駅 JR上越線1733M長岡行(115系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

勢いをつけて(16)

2016年12月15日 02:37

03690.jpg


ぼんやりと、トンネルの灯が繰り返し流れてゆくのを眺めていた。
停まった駅には、上野へ向かう夜行列車の束の間の休息。


2003/12 越後湯沢駅 JR上越線3763M快速ムーンライトえちご新潟行 車窓・612M急行能登上野行(489系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

勢いをつけて(15)

2016年12月15日 02:01

03689.jpg


シートに身を埋めて寝て、暑さに目を覚ます。
ここはどこだろう、そのとき、夜通し走る貨物列車が走り去った。


2003/12 水上駅 JR上越線3763M快速ムーンライトえちご新潟行 車窓・上り貨物列車(EF64形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

駅の夜の美しき時(14)

2016年11月30日 01:05

03674.jpg


真夜中に駅を巡り、闇に浮かび上がる美しさを見て歩く。
雲は流れ、目映い程の月が一瞬、時の流れを止めた。


2009/11 JR上越線 岩原スキー場前駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

駅の夜の美しき時(13)

2016年11月30日 00:57

03673.jpg


信号が停止現示に切り替わる。
何両も連ねた貨物列車に、光り輝くテールライトの残影。


2009/11 越後中里駅 JR上越線下り貨物列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

駅の夜の美しき時(12)

2016年11月29日 00:57

03672.jpg


遠くから機械音が聞こえ、ヘッドライトが眩しく輝く。
地響きのような振動、真夜中を走る貨物列車が駅を通過していった。


2009/11 越後中里駅 JR上越線下り貨物列車


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

駅の夜の美しき時(11)

2016年11月29日 00:56

03671.jpg


長岡から来て、折り返してゆく列車がある駅。
今はただ静かなだけ、暗闇に包まれた駅の姿。


2009/11 JR上越線 越後中里駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

駅の夜の美しき時(10)

2016年11月28日 00:53

03670.jpg


「海抜四七〇米」
大きな窓口は、この駅がスキーヤーに賑わった時代の名残だろうか。


2009/11 JR上越線 越後中里駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

駅の夜の美しき時(9)

2016年11月28日 00:46

03669.jpg


駅舎に入れば、無人駅だと分かった。
開けられたままのドア、越後湯沢駅長名の掲示物。


2009/11 JR上越線 越後中里駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません