風旅記

私的旅行記による、幾つかの一場面をあなたに
土地の記憶のかけらをここに残し、
それが誰かの旅の道標となることを願って
写真が好きな一旅人のささやかな旅行記をここに。

Category土讃線 1/3

四国へ、四万十へ(6)

...

  •  0
  •  -

四国へ、四万十へ(5)

...

  •  0
  •  -

四国へ、四万十へ(4)

...

  •  0
  •  -

四国へ、四万十へ(3)

...

  •  0
  •  -

四国4県点描(10)

...

  •  0
  •  -

四国4県点描(8)

...

  •  0
  •  -

四国4県点描(5)

...

  •  0
  •  -

四国4県点描(4)

...

  •  0
  •  -

四国4県点描(3)

...

  •  0
  •  -

四国4県点描(2)

...

  •  0
  •  -

四国4県点描(1)

...

  •  0
  •  -

旅に出たい気持ちのまま(5)

...

  •  0
  •  -

旅に出たい気持ちのまま(4)

...

  •  0
  •  -

無人の駅で(9)

車体を傾けて本線を通過してゆく列車の車窓に、この駅はどのように映るのだろう。僕一人だけが、今、この駅にいる。2011/8 JR土讃線 坪尻駅© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

無人の駅で(8)

駅舎の佇まいは、いつから変わっていないのだろう。駅前さえ草に覆われて、人の行き来が感じられない。2011/8 JR土讃線 坪尻駅© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

無人の駅で(7)

新しい世代の気動車は、軽々と坂を上ってゆく。単行の普通列車は、この駅に入ることなく猛スピードで通り過ぎた。2011/8 坪尻駅 JR土讃線4220D琴平行(1000形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

無人の駅で(6)

毎日この駅は、目の前の急な坂を駆け抜けてゆく列車を見続けている。2011/8 JR土讃線 坪尻駅© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

無人の駅で(5)

ここはスイッチバックの駅。山の中をどこから来るのか、乗客を待っている。2011/8 JR土讃線 坪尻駅© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

無人の駅で(4)

急な坂を避けた引込線のホームは、苔生して霧に濡れている。まだ出発してはいけないと、信号機は無言の意思を光らせる。2011/8 JR土讃線 坪尻駅© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

無人の駅で(3)

山に挟まれた谷間の駅は、スイッチバックの無人駅。列車はあっという間に小さく、小さくなっていった。2011/8 坪尻駅 JR土讃線4229D阿波池田行(1000形)© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -