札幌で、赤い電車に乗って(15)

2017年04月23日 08:19

03989.jpg


駅の外れに、ポツンと1両で停まっている。
この先は、あの車両に連れていってもらうのかもと思いながら、眺めている。


2011/4 滝川駅 JR根室本線滞泊列車(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

北海道へ、記憶の中で(20)

2016年08月28日 08:55

03447.jpg


長いホームに、単行列車は滑り込んだ。
スタイリッシュな特急列車を見送って、再び走り始めるまで眺めていよう。


1998/8 池田駅 JR根室本線2522D帯広行(キハ40形)・4002D特急スーパーおおぞら2号釧路行(キハ283系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

北海道へ、記憶の中で(19)

2016年08月27日 07:15

03446.jpg


初めて北海道に来たときの、今も鮮烈に記憶に残る車窓の風景。
きっと、この辺りだった。違いない。あのときは、まだ雪が残っていた。


1998/8 JR根室本線2522D帯広行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

北海道へ、記憶の中で(18)

2016年08月27日 06:30

03445.jpg


釧路駅の中には、“ツーリング・トレイン”があった。
確か、1泊500円だったと思う。
使われていないホームに停められた旧型客車に入れば、畳敷きになっていた。


1998/8 JR根室本線 釧路駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

北海道へ、記憶の中で(17)

2016年08月26日 13:00

03444.jpg


大きな車窓は、僕の心を透明にしてくれる。
夏の列車、窓を開けて大きく息を吸い込んで。


1998/8 JR根室本線5634D釧路行 車窓(キハ54形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

北海道へ、記憶の中で(16)

2016年08月25日 15:10

03443.jpg


岬に行きたくて、この駅までやって来た。
列車を見送ると、駅には誰一人いなくなった。


1998/8 落石駅 JR根室本線5638D釧路行(キハ54形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

北海道へ、記憶の中で(15)

2016年08月25日 14:45

03442.jpg


霧に霞む根室駅にて。
最果て、という言葉が心に浮かぶ。


1998/8 根室駅 JR根室本線5638D釧路行(キハ54形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

北海道へ、記憶の中で(8)

2016年08月22日 06:00

03435.jpg


今はなき夜行列車で車中2泊、釧路に着いたときには溢れ出るような嬉しさ。
上野から1488Kmを列車に乗り続け、ホームに降りてもまだ身体が揺れているような感覚。


1998/8 釧路駅 JR根室本線4013D特急おおぞら13号釧路行終着(キハ183系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

栄枯盛衰(2)

2012年03月12日 11:36

00771.jpg


道央から道東、450Kmあまりを結ぶ根室本線。
この滝川駅を経由する優等列車はなく、ローカル輸送の普通列車がひっそりと走っている。

[2007/3 滝川駅 JR根室本線2428D滝川行終着(キハ40形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません