ある日高本線の旅(10)

2016年01月24日 20:19

03015.jpg


車庫に向かうのだろうか、列車は早々にホームを離れていった。
月とライトに照らされた駅の情景。


2011/1 苫小牧駅 JR日高本線2238D苫小牧行終着(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日高本線の旅(9)

2016年01月24日 20:17

03014.jpg


苫小牧に着いた列車は、もう夜に包まれている。
凍てつくホーム、一歩一歩、氷を踏みしめる音がする。


2011/1 苫小牧駅 JR日高本線2238D苫小牧行終着(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日高本線の旅(8)

2016年01月23日 20:05

03013.jpg


苫小牧の工業地帯を望む。
夜の暗闇にぼんやりと浮かび上がる煙突、煙。
ここから10キロ以上、ただひたすら走る。


2011/1 勇払駅 JR日高本線2238D苫小牧行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日高本線の旅(7)

2016年01月23日 19:42

03012.jpg


今日という一日を日高本線に過ごし、いつもより早く感じる日没後に帰路につく。
深々と冷えて、線路の雪が車窓の灯を広がらせる。


2011/1 汐見駅 JR日高本線2238D苫小牧行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日高本線の旅(6)

2016年01月22日 13:18

03011.jpg


真冬、1月。
海と空の大きさに心揺さぶられ、列車の一番後ろで一瞬だけ窓を開けて。


2011/1 東町駅~日高幌別駅 JR日高本線2227D様似行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日高本線の旅(5)

2016年01月22日 11:56

03010.jpg


潮風に窓ガラスはぼんやり曇っている。
海を離れて、静内の町へ。


2011/1 新冠駅~静内駅 JR日高本線2227D様似行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日高本線の旅(4)

2016年01月21日 11:45

03009.jpg


鵡川から終点まで、この路線の5分の4もの区間で列車が走らなくなって1年。
このまま休止期間が長引けば、海際の線路は加速度的に傷んでしまうだろう。


2011/1 新冠駅~静内駅 JR日高本線2227D様似行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日高本線の旅(3)

2016年01月21日 11:35

03008.jpg


ある場所では、自然の浜を走る。
その魅力に、車窓に見入った旅の時間を思い出す。
1年前に高波に洗われて、列車の運行ができなくなってしまったことが悲しい。


2011/1 厚賀駅~大狩部駅 JR日高本線2227D様似行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日高本線の旅(2)

2016年01月20日 11:14

03007.jpg


ある場所では、直線的な護岸のすぐ近くを走り、車窓いっぱいに太平洋が広がる。


2011/1 日高門別駅~豊郷駅 JR日高本線2227D様似行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日高本線の旅(1)

2016年01月20日 10:43

03006.jpg


暖房の効いた車内から眺める風景は、この路線を旅しなければ出会うことのできない、期待以上に素敵なものだった。


2011/1 浜田浦駅~鵡川駅 JR日高本線2227D様似行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

冬の海辺から(22)

2014年01月11日 18:08

02167.jpg


日の暮れたこの駅を、列車に乗って旅立つ。
出発の時間まで、まだ少しある。
冷え込みの厳しい夜、情景を心に刻み込んでいる。


2011/1 静内駅 JR日高本線2238D苫小牧行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

冬の海辺から(21)

2014年01月11日 16:48

01453.jpg


凍った道をバリバリと音を立てて歩き、遠目に駅を見る。
列車がまだ来ていない駅は、旅の通過点、そして新たな地へ向かう出発点。


2011/1 JR日高本線 静内駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

冬の海辺から(20)

2014年01月10日 16:33

01452.jpg


列車が行ってしまった後、寒さをこらえながら海の線路を見ていた。


2011/1 JR日高本線 静内駅~東静内駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

冬の海辺から(19)

2014年01月10日 16:32

01451.jpg


列車は冬の哀愁を纏って、終着駅に向かう。
ファインダーから視線を外したとき、警笛が風に乗って届いた。


2011/1 静内駅~東静内駅 JR日高本線2233D様似行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

冬の海辺から(18)

2014年01月09日 16:32

01450.jpg


列車は、海を走っていた。
水辺が残照と厳寒に輝く中を。


2011/1 静内駅~東静内駅 JR日高本線2233D様似行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

冬の海辺から(17)

2014年01月09日 16:31

01449.jpg


程なくして、列車がやってきた。
凍った国道を歩き、車窓に見えた橋に着いて、その寒さに手が悴んで。


2011/1 静内駅~東静内駅 JR日高本線2233D様似行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

冬の海辺から(16)

2014年01月08日 16:05

01448.jpg


凍った駅前広場を前に、大きな駅舎が建っている。
鉄道が地域の玄関として、末永く機能して欲しいと思いながら、歩いてゆく。


2011/1 JR日高本線 静内駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

冬の海辺から(15)

2014年01月08日 16:02

01447.jpg


駅に大きく深い空が広がる。
駅舎に向かう踏切から、見上げている。


2011/1 静内駅 JR日高本線2236D苫小牧行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

冬の海辺から(14)

2014年01月07日 16:01

01446.jpg


車窓を見ていて、ふと、この駅に降りてみようと思った。
10分少し停まっている列車、来た路を望んで。


2011/1 静内駅 JR日高本線2236D苫小牧行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

冬の海辺から(13)

2014年01月07日 15:54

01445.jpg


日が落ちると、風が一際冷たくなってくる。
海を見ながら、列車は走る。


2011/1 東静内駅~静内駅 JR日高本線2236D苫小牧行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

冬の海辺から(12)

2014年01月06日 15:18

01444.jpg


静内から様似まで、このローカル線の終点側を走る区間列車。
この駅で行き違い、それぞれの終着駅を目指す。


2011/1 本桐駅 JR日高本線2236D苫小牧行 車窓(キハ40形)・2231D様似行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

冬の海辺から(11)

2014年01月06日 15:04

01443.jpg


北海道の夕方は、思っているよりも早くやってくる。
日は傾き、雪原に馬が遊ぶ。


2011/1 絵笛駅 JR日高本線2236D苫小牧行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

冬の海辺から(10)

2014年01月05日 14:53

01442.jpg


大きな波が来たら被ってしまいそうな、水際ぎりぎり。
海の景色に、言葉は必要なかった。


2011/1 日高幌別駅~東町駅 JR日高本線2236D苫小牧行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

冬の海辺から(9)

2014年01月05日 14:50

01441.jpg


番屋が浜辺に建っている。
その砂浜を行く列車。


2011/1 日高幌別駅~東町駅 JR日高本線2236D苫小牧行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

冬の海辺から(8)

2014年01月04日 14:45

01440.jpg


凍てつく海を見ながら走る。
空の色を映して青く。


2011/1 鵜苫駅~日高幌別駅 JR日高本線2236D苫小牧行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません