ローカル線・日暮れ(22)

2015年12月15日 16:53

02947.jpg


ドアが開け放たれた車内も、きっと寒いことだろう。
空は青味を深めて、冬の列車の旅を僕の心に刻み込んだ。


2007/12 上総亀山駅 JR久留里線944D木更津行(キハ38形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(21)

2015年12月15日 16:51

02946.jpg


房総半島の暖かな気候ゆえだろう、扉のない改札口。
12月の夕暮れ時はやはり寒く、この駅の待合室にはじっとしていられなかった。


2007/12 上総亀山駅 JR久留里線944D木更津行(キハ38形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(20)

2015年12月14日 16:50

02945.jpg


全てが澄んだブルーに包まれる時間。
仄かに照らされた列車は、発車の時刻を待っている。


2007/12 上総亀山駅 JR久留里線944D木更津行(キハ38形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(19)

2015年12月14日 16:47

02944.jpg


もう今は、この仄かな明かりを灯した小さな機械もなくなっているのだと思う。
3年以上前にタブレットが廃止されて、この駅も1線だけの棒線駅になったという。


2007/12 JR久留里線 上総亀山駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(18)

2015年12月13日 16:46

02943.jpg


テールライトが、列車の存在を静かに主張している。
エンジンの音が聞こえていた。


2007/12 上総亀山駅 JR久留里線944D木更津行(キハ38形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(17)

2015年12月13日 16:45

02942.jpg


空が透き通ってどこまでも遠くへと広がってゆく。
風が一際冷たくなってきた頃、駅はどこまでも静かだった。


2007/12 上総亀山駅 JR久留里線944D木更津行(キハ38形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(16)

2015年12月12日 16:44

02941.jpg


線路の本当の終わり。
見ていると、どうしてなのか、胸が熱くなってくる。


2007/12 JR久留里線 上総亀山駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(15)

2015年12月12日 16:40

02940.jpg


終着駅に着いた列車から数人の乗客が降りてしまえば、そのホームにいるのは、僕ただ一人。


2007/12 上総亀山駅 JR久留里線939D上総亀山行終着(キハ38形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(14)

2015年12月11日 16:24

02939.jpg


冬の日暮れの早さ。
里を走る列車の車窓には、一日を名残惜しむような残照。


2007/12 久留里駅~平山駅 JR久留里線939D上総亀山行 車窓(キハ38形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(13)

2015年12月11日 16:20

02938.jpg


駅長氏だろうか、タブレットを上り列車の運転室に届けている。
古き鉄道の原風景が、ここには残っていた。


2007/12 久留里駅 JR久留里線939D上総亀山行 車窓(キハ38形)・942D木更津行(キハ38形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(12)

2015年12月10日 16:19

02937.jpg


地平に近い低いホームから、踏切で線路を渡って改札へと向かう。
列車は、踏切の手前に停まって、乗客の往来を見守っている。


2007/12 久留里駅 JR久留里線939D上総亀山行 車窓(キハ38形)・942D木更津行(キハ38形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(11)

2015年12月10日 16:17

02936.jpg


向かいのホームにも乗客が待っている。
この駅で、対向列車と行き違うようだ。


2007/12 久留里駅 JR久留里線939D上総亀山行 車窓(キハ38形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(10)

2015年12月09日 16:04

02935.jpg


また一つ、夕暮れの駅に停まる。
普通列車は、僕の知らない駅の一つ一つを穏やかに見せてくれる。


2007/12 下郡駅 JR久留里線939D上総亀山行 車窓(キハ38形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(9)

2015年12月09日 16:00

02934.jpg


軋む音を立てながら、小さな駅に停まる。
薄暮の車窓は、柔らかく澄んだ空の色。


2007/12 馬来田駅 JR久留里線939D上総亀山行 車窓(キハ38形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(8)

2015年12月08日 15:57

02933.jpg


冬の畑は、風に土埃を舞わせて寒々しかった。
長く伸びた影と一緒に、列車はゆっくり走る。


2007/12 東横田駅~馬来田駅 JR久留里線939D上総亀山行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ローカル線・日暮れ(7)

2015年12月08日 15:22

02932.jpg


冬の日は短い。
傾いた光線は、気動車の派手な色にさえ憂いを帯びさせる。


2007/12 木更津駅 JR久留里線939D上総亀山行(キハ38形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日夕暮れを走った古い気動車を覚えている(20)

2014年12月10日 18:31

01787.jpg


列車の去った無人駅は、静かで、そして寂しい空間であった。
旅の過程で、ふとその風景を見渡すとき、吐く息が白い。


2008/12 JR久留里線 上総松丘駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日夕暮れを走った古い気動車を覚えている(19)

2014年12月10日 18:30

01786.jpg


一人の乗客を降ろし、列車は終着駅へと発車した。
夜に真紅のテールライトが流れてゆく。


2008/12 上総松丘駅 JR久留里線943D上総亀山行(キハ38形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日夕暮れを走った古い気動車を覚えている(18)

2014年12月09日 18:29

01785.jpg


里山の無人駅に列車が到着する。
以前は使われていたのだろう。反対側のホームには、既にレールもない。


2008/12 上総松丘駅 JR久留里線943D上総亀山行(キハ38形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日夕暮れを走った古い気動車を覚えている(17)

2014年12月09日 18:14

01784.jpg


列車が去った駅の静まり。
構内を照らす明かりさえ、冬の冷たさを帯びている。


2008/12 JR久留里線 上総亀山駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日夕暮れを走った古い気動車を覚えている(16)

2014年12月08日 17:59

01783.jpg


この列車に、乗客は1人もいなかった。
駅員氏の出発指示、そして走り出した列車と、僕の心に残った哀愁。


2008/12 上総亀山駅 JR久留里線946D木更津行(キハ30・37・38形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日夕暮れを走った古い気動車を覚えている(15)

2014年12月08日 17:54

01782.jpg


ホームの長さが足りずに、列車が場所をずらして停まっている姿。
ローカル線らしい一場面。


2008/12 上総亀山駅 JR久留里線946D木更津行(キハ30形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日夕暮れを走った古い気動車を覚えている(14)

2014年12月07日 17:53

01781.jpg


改札から構内踏切を渡って、古く短いホームに向かう視線。
今までに、どれ程多くの乗客がここを通り抜けていったのだろう。


2008/12 上総亀山駅 JR久留里線946D木更津行(キハ30・37形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日夕暮れを走った古い気動車を覚えている(13)

2014年12月07日 17:44

01780.jpg


キハ30形は、地味でスターにはなれなかった。
高度成長期に、地方の通勤通学を支えた気動車。
今、この車両が走らなくなってから、初めて寂しく思う。


2008/12 上総亀山駅 JR久留里線946D木更津行(キハ30形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ある日夕暮れを走った古い気動車を覚えている(12)

2014年12月06日 17:42

01779.jpg


小さく短いホームに、3両編成の列車は入りきらない。
ホームからはみ出して停まっている車両はドアを閉めて、テールライトを寂しげに光らせている。


2008/12 上総亀山駅 JR久留里線946D木更津行(キハ30・37・38形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません