ターミナル駅 梅田(6)

2014年07月03日 17:45

01655.jpg


僕にとってはこの電車が、大阪を離れ東京に帰る家路の始まり。
マルーン一色の電車に今から乗る。旅の最後の一場面。


2012/7 梅田駅 阪急宝塚線1711急行宝塚行(5100系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ターミナル駅 梅田(5)

2014年07月03日 17:44

01654.jpg


車掌氏は、間もなく発車する家路の電車の一番後ろで、乗客を真っ直ぐに見ている。


2012/7 梅田駅 阪急宝塚線3171普通箕面行(6000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ターミナル駅 梅田(4)

2014年07月02日 16:36

01653.jpg


最新型の車両も、違和感なく伝統的な色を纏っている。
京都から到着した特急列車から、乗客は足早に改札に向かう。


2012/7 梅田駅 阪急京都線16018特急河原町行(9300系)・宝塚線・神戸線下り列車(9000系他)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ターミナル駅 梅田(3)

2014年07月02日 16:34

01652.jpg


3路線が並ぶこの駅は、ターミナル駅らしい機能美を持っている。
ここに来る度に、その大きさと雰囲気が好きになる。


2012/7 阪急京都線・宝塚線・神戸線 梅田駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ターミナル駅 梅田(2)

2014年07月01日 16:29

01651.jpg


走り始めてから40年以上が経っている車両も珍しくない。
古い車両が綺麗に使われ続けているのも、阪急の魅力。


2012/7 梅田駅 阪急京都線16036準急河原町行(3300系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

ターミナル駅 梅田(1)

2014年07月01日 16:27

01650.jpg


同じカラーの列車が並ぶ統一感が、いい。
このターミナル駅から発車し続ける列車が、街の躍動感を僕に教えてくれる。


2012/7 梅田駅 阪急宝塚線1607急行宝塚行(6000系)・1647雲雀丘梅屋敷行(9000系)・神戸線下り列車(5000系・9000系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

阪急マルーン(8)

2011年09月11日 23:58

00588.jpg


今日も終電に近い時間になった。
多くの人を乗せて、数々の物語の途中経過を見届けながら、最古参の普通列車が発車しようとしている。

[2010/9 梅田駅 阪急京都線高槻市行(2300系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

阪急マルーン(7)

2011年09月10日 23:55

00587.jpg


40年以上の間、大阪と京都を結んで走り続けてきた車両。
今晩は、この駅で一夜の休みをとる。

[2010/9 梅田駅 阪急京都線夜間滞泊列車(3300系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

阪急マルーン(6)

2011年09月09日 23:51

00586.jpg


この駅はいつ見ても、日本の私鉄の中で最も素敵なターミナル駅ではないかと思ってしまう。
3路線が発着するが故の規模感ながら、平然と並ぶ列車は壮観であり機能的でもある。

[2010/9 梅田駅 阪急神戸線急行三宮行(5000系)・宝塚線・京都線]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

阪急マルーン(5)

2011年09月08日 23:49

00585.jpg


リニューアルされて、車齢40年とは思えないデザインの美しさを保っている。
関東では東武8000系が、関西では阪急の各形式が、“シンプル”の良さを教えてくれる。

[2010/9 梅田駅 阪急神戸線急行三宮行(5000系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

阪急マルーン(4)

2011年09月07日 22:39

00584.jpg


保守的なのだろうか、どの形式の車両も同じ車体のデザインを踏襲している。
マイナーチェンジを加えながらも、昭和35年以降、いまでも続いている。

[2010/9 宝塚駅 阪急今津線西宮北口行(6000系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

阪急マルーン(3)

2011年09月06日 21:59

00583.jpg


新しく変化したデザイン、急に今の時代にトリップしたような感覚。
大きな窓、伝統と現代の融和。

[2010/9 宝塚駅 阪急宝塚線梅田行(9000系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

阪急マルーン(2)

2011年09月05日 21:59

00582.jpg


到着する列車から、家路を急ぐ人々が改札に向かうと、すぐに静かになってしまう。
夜の駅に、テールライトが光る。

[2010/9 宝塚駅 阪急今津線西宮北口行(7000系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

阪急マルーン(1)

2011年09月04日 21:16

00581.jpg


日本の私鉄の伝統的なデザインだ。
そして、最新の車両まで受け継がれている阪急マルーンの品格。

[2010/9 箕面駅 阪急箕面線石橋行(3100系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません