オレンジ色の電車を乗り継いで(2)

2017年04月03日 22:32

03956.jpg


行きたいところまで。
気が済むまで、列車を乗り継いでゆく。


2008/4 浜松駅 JR東海道本線469M浜松行終着(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

オレンジ色の電車を乗り継いで(1)

2017年04月03日 20:30

03955.jpg


列車は、夜の駅に停まった。
待合せだろうか、静かに時が流れる。


2008/4 富士駅 JR東海道本線469M浜松行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

穏やかなローカル線の風景(2)

2016年10月07日 11:21

03541.jpg


高架の新しい駅になったばかりのようだ。
オレンジ色のロゴが映える。


2014/10 JR東海道本線 蒲郡駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

西へ300キロ(16)

2015年10月31日 11:16

02865.jpg


西へ300キロ、6時間の旅を終えて、さらに西へと走る列車を見送る。
ここまでの旅、そしてここから始まる、次の旅へ。


2014/10 蒲郡駅 JR東海道本線5119F特別快速大垣行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

西へ300キロ(15)

2015年10月31日 11:14

02864.jpg


まだ新しいのだろうか、整ったレールと枕木の配置。
列車は軽やかな音を立てて、駅へと滑り込む。


2014/10 蒲郡駅 JR東海道本線5119F特別快速大垣行 車窓・5110F特別快速豊橋行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

西へ300キロ(14)

2015年10月30日 11:12

02863.jpg


スピードを上げてトンネルに突入して、耳がつんと痛くなる。
明るい出口の向こうに、あと少し、この旅の目的地が近付いている。


2014/10 三河大塚駅~三河三谷駅 JR東海道本線5119F特別快速大垣行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

西へ300キロ(13)

2015年10月30日 11:08

02862.jpg


東海道の景色は、どこまでも明るい。
走る列車も綺麗になって、国鉄時代の重々しさはなくなった。


2014/10 愛知御津駅 JR東海道本線5119F特別快速大垣行 車窓・3136F豊橋行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

西へ300キロ(12)

2015年10月29日 11:06

02861.jpg


そして、別れのとき。
名鉄特急と、この列車、それぞれの路へ。


2014/10 豊橋駅~西小坂井駅 JR東海道本線5119F特別快速大垣行 車窓・名鉄名古屋本線117快速特急新鵜沼行(1700系・2300系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

西へ300キロ(11)

2015年10月29日 11:05

02860.jpg


胸が高鳴る。
前を走る名鉄の特急に迫り、対向列車は猛スピードですれ違う。
列車が繰り広げる、デッドヒート。


2014/10 豊橋駅~西小坂井駅 JR東海道本線5119F特別快速大垣行 車窓・5318F新快速豊橋行(313系)・名鉄名古屋本線117快速特急新鵜沼行(1700系・2300系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

西へ300キロ(10)

2015年10月28日 11:04

02859.jpg


走り始めた列車が、ぐんぐんスピードを上げてゆく。
遥か向こうに、競争相手の列車がちらりと見えた。


2014/10 豊橋駅~西小坂井駅 JR東海道本線5119F特別快速大垣行 車窓・名鉄名古屋本線117快速特急新鵜沼行(1700系・2300系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

西へ300キロ(9)

2015年10月28日 11:00

02858.jpg


次の列車が発車するまでの、ほんの少しの待ち時間。
その間にも鉄道は、乗客を運ぶために動き続けている。


2014/10 豊橋駅 JR東海道本線5119F特別快速大垣行 車窓・3157F岐阜行(311系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

西へ300キロ(8)

2015年10月27日 10:55

02857.jpg


不思議な気分だ。
僕の日常と接点のない町へ、地べたを走りに走ってやっとここまで来れたような、意識しない内に気付けば着いてしまったような。


2014/10 豊橋駅 JR東海道本線927M豊橋行終着(313系)・5119F特別快速大垣行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

西へ300キロ(7)

2015年10月27日 10:52

02856.jpg


あと少しで、この列車も終点に着く。
朝一番の列車から乗り継いで、東海道本線3本目。


2014/10 二川駅~豊橋駅 JR東海道本線927M豊橋行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

西へ300キロ(6)

2015年10月26日 10:49

02855.jpg


どの駅も大きくて、見慣れない電車が走っている。
JR3社に跨る大幹線の車窓が、新鮮に映る。


2014/10 二川駅 JR東海道本線927M豊橋行 車窓・936M浜松行(311系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

西へ300キロ(5)

2015年10月26日 10:42

02854.jpg


明るい風景を、一直線に西へ。
秋という季節は、日本を一番多様に魅せるのかもしれない。


2014/10 鷲津駅~新所原駅 JR東海道本線927M豊橋行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

西へ300キロ(4)

2015年10月25日 10:17

02853.jpg


そしてまた列車の揺れを揺り籠のようにして。
シートに身を埋めて過ごせば、また、2時間あまりの時と距離で目覚め。


2014/10 浜松駅 JR東海道本線927M豊橋行(313系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

西へ300キロ(3)

2015年10月25日 08:07

02852.jpg


ファストフードの朝食を頬張り、あとは転寝の2時間と少し。
終着駅での乗り換えにホームに降りれば、そこはもう東海の駅。


2014/10 沼津駅 JR東海道本線741M浜松行(211系)・330M東京行(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東海道を下る(9)

2011年05月14日 18:38

00468.jpg


どこか遠くからやってくる列車に、静かに進路を示す信号が、僕は好きだ。
そこには、やがて遠くからやってくる列車を、静かに待ち望む期待が込められている。

[2009/5 JR東海道本線関ヶ原駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東海道を下る(8)

2011年05月13日 18:37

00467.jpg


列車は大垣に向けて坂を下り始める。
残照を浴びて、車体の白さが浮かび上がる。

[2009/5 関ヶ原駅 JR東海道本線5128F豊橋行(117系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東海道を下る(7)

2011年05月12日 18:30

00466.jpg


空は物悲しきグラデーション。
旅立ちの駅、故郷の駅。

[2009/5 JR東海道本線関ヶ原駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東海道を下る(6)

2011年05月11日 18:29

00465.jpg


夕暮れの駅には哀愁が漂う。
ここが、日本で一番の幹線の駅であることも、今、この時間の空気感には何も関係しない。

[2009/5 JR東海道本線関ヶ原駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東海道を下る(5)

2011年05月10日 18:20

00464.jpg


夕暮れの線路際、枯れ草が風に靡いている。
次の列車は、いつやってくるのだろう。
柔らかな風が吹いている。

[2009/5 JR東海道本線垂井駅~関ヶ原駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東海道を下る(4)

2011年05月09日 18:14

00463.jpg


東海道本線の最も静かな区間に向けて。
まだ夏にならない、少し優しげな夕方のグラデーションを走る。

[2009/5 垂井駅~関ヶ原駅 JR東海道本線5345F新快速米原行(313系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東海道を下る(3)

2011年05月08日 09:40

00462.jpg


待っている乗客のもとへ、今、列車がやってくる。
仕事、遊び、用事、楽しいこと、つらいこと、緊張、日常、様々な想いを一つずつ拾って。

[2009/5 新居町駅 JR東海道本線931M豊橋行(117系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東海道を下る(2)

2011年05月07日 09:29

00461.jpg


東海道本線と東海道新幹線が、地上を並走している。
去り行く普通列車。いずれそれを追い抜く新幹線が瞬く間にやってくる。
それでも僕は在来線に魅力を感じ、今日も西へと旅をしている。

[2009/5 新居町駅 JR東海道本線5100F浜松行(313系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません