いくつもの川を渡り(7)

2017年07月03日 08:00

04142.jpg


いつも見ている電車も、ここまで来れば、日常とは切り離されている。
どこまでもつながる鉄路のどこかに、非日常の始まりがある。


2016/7 熱海駅 JR東海道本線727M熱海行終着(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いくつもの川を渡り(6)

2017年07月02日 07:50

04141.jpg


車窓に緑が多くなってきて、濡れたホームにふと、心が留まる。


2016/7 真鶴駅 JR東海道本線727M熱海行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いくつもの川を渡り(5)

2017年07月02日 07:35

04140.jpg


隣の線路に駅があっても、こちらにはホームもない。
列車線という言葉が合うこの幹線、酒匂川を越えれば旅の気分に。


2016/7 鴨宮駅~小田原駅 JR東海道本線727M熱海行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いくつもの川を渡り(4)

2017年07月02日 06:24

04139.jpg


多摩川を渡れば、列車は、東京から神奈川へ。
ある夏の日、小雨降る中を。


2016/7 品川駅~川崎駅 JR東海道本線727M熱海行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

昨日から(13)

2017年03月30日 14:35

03939.jpg


伊豆の海の明るさを纏い東京に着いた特急列車、いつの日にか、東北本線へ顔を出してくれるだろうか。


2015/3 東京駅 JR東海道本線下り回送列車(251系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

丹沢の山へ(1)

2016年11月18日 08:49

03643.jpg


海を向こうに見てから、列車に乗る。
まるで役所のような駅舎は、車庫のある拠点駅らしい大きさ。


2013/11 JR東海道本線 国府津駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

旅に出たい気持ちのまま(2)

2016年08月01日 23:50

03395.jpg


東海道本線が、湘南色で満たされていた。
急行型の系譜に近郊型、それぞれが遠くまで連れて行ってくれる象徴。


2000/8 品川駅 JR東海道本線9375M臨時快速大垣行(167系)・回送列車(113系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

旅に出たい気持ちのまま(1)

2016年08月01日 23:50

03394.jpg


満員になった夜行列車では足りなくて、追加の列車が走っていた。
硬いボックスシートに身を捩らせて、眠れたような、目が覚めていたような時間。


2000/8 品川駅 JR東海道本線9375M臨時快速大垣行(167系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

西へ300キロ(2)

2015年10月24日 05:49

02851.jpg


早朝の駅で列車に乗る人は、意外と多くいるものなんだと思いながら。
まだ気怠い身体で、列車に身を任せる。


2014/10 新橋駅 JR東海道本線323M沼津行(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

西へ300キロ(1)

2015年10月24日 05:43

02850.jpg


北へ向かうことが多かったが、思い立って、今日は西へ。
普段気付かなかった古いままのホームを見て、その先300キロの旅へ。


2014/10 JR東海道本線 新橋駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京神奈川異世界(8)

2014年07月21日 06:15

02257.jpg


朝の下り列車は、思ったよりも混んでいて、隙間からぼんやりと外を眺めていた。
街並みが少しずつ穏やかに変わってゆく。


2013/7 茅ヶ崎駅 JR東海道本線321M沼津行(E231系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京神奈川異世界(4)

2014年07月19日 04:38

02253.jpg


東京に東北への入口が開いている。
最高速で、時空を超えて。


2013/7 JR東海道本線 東京駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京神奈川異世界(3)

2014年07月19日 04:36

02252.jpg


こんなことがあるんだ。
いつも雑踏の東京駅に、誰もいない。人がいない。


2013/7 JR東海道本線 東京駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京神奈川異世界(2)

2014年07月18日 04:33

02251.jpg


月が、夜を名残惜しんでいる。
東京駅に明かりが点き、旅が今、始まろうとしている。


2013/7 JR東海道本線 東京駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

東京神奈川異世界(1)

2014年07月18日 04:31

02250.jpg


日曜日の、まだ誰もが寝ている時間。
生暖かい空気を掻き分けるようにして着いた、東京駅。


2013/7 JR東海道本線 東京駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

一つだけの無人駅(15)

2013年01月29日 17:26

01096.jpg


街灯の明かりを受けて、藍と橙が絡み合う。
貨物列車は、赤に変わった信号の光を反射して、この駅を通過していった。

[2011/1 根府川駅 JR東海道本線貨物列車]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

一つだけの無人駅(14)

2013年01月28日 17:19

01095.jpg


2階建てグリーン車は、間近で見ると大きい。
暗くなった駅に、たくさんの窓から明かりが注がれる。

[2011/1 根府川駅 JR東海道本線890M東京行(E231系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

一つだけの無人駅(13)

2013年01月27日 17:16

01094.jpg


藍色の際立つ時間、また一本、普通列車が到着した。

[2011/1 根府川駅 JR東海道本線845M熱海行(E231系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

一つだけの無人駅(12)

2013年01月26日 17:08

01093.jpg


誰もいなくなった瞬間。
ホームから望む海、広がる空、無人駅の静かさ。

[2011/1 JR東海道本線根府川駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

一つだけの無人駅(11)

2013年01月25日 17:04

01092.jpg


西の空の、まだ少し残る光を受けて、列車は正面のデザインを微かに浮かび上がらせた。

[2011/1 根府川駅 JR東海道本線327M沼津行(E231系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

一つだけの無人駅(10)

2013年01月24日 16:53

01091.jpg


新しい電車に変わっても、湘南カラーの伝統は変わらない。
残照にステンレスの車体が白く光る。

[2011/1 根府川駅 JR東海道本線3765快速アクティー熱海行(E231系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

一つだけの無人駅(9)

2013年01月23日 16:46

01090.jpg


近付いてくる機械音、貨物列車が力行してきた。
夜を走り抜けて遠くまで行くのだろうか。

[2011/1 根府川駅 JR東海道本線貨物列車(EF66形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

一つだけの無人駅(8)

2013年01月22日 16:42

01089.jpg


穏やかに暮れてゆく。
風に雲が流れ、駅は静かな時間に包まれている。

[2011/1 JR東海道本線根府川駅]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

一つだけの無人駅(7)

2013年01月21日 16:40

01088.jpg


トンネルを抜け、橋を渡って、全速力で特急が走り抜ける。
風を巻き起こして、海風と一緒になって、駅を駆け抜ける。

[2011/1 根府川駅 JR東海道本線3036M特急踊り子116号東京行(185系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

一つだけの無人駅(6)

2013年01月20日 16:34

01087.jpg


電車の屋根の上を眺めるなんて、いつ以来だろう。
大人になって気付かない内に、実はたくさんのことをしなくなっているのかもしれない。

[2011/1 根府川駅 JR東海道本線529M伊東行(E231系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません