高原列車に乗って(9)

2018年06月05日 12:00

04933.jpg


様々な車両が混在していた、ローカル線の普通列車。
優等列車の面影も薄く、煤けた姿も魅力的だった。


1980s 中込駅 国鉄小海線下り列車 車窓・上り列車(キハ58系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

高原列車に乗って(8)

2018年06月04日 11:45

04932.jpg


どの座席にも乗客が座っていた。
山岳路線用の2エンジン車の列車、走る音も賑やかに。


1980s 国鉄小海線下り列車 車窓・上り列車(キハ52形・キハ58系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

高原列車に乗って(7)

2018年06月04日 11:30

04931.jpg


すれ違った列車は、貨物の車掌車に旧型の客車。
国鉄の莫大な赤字と、需要と保有車両の乖離が生んだ列車。


1980s 国鉄小海線下り列車 車窓・パノラマ八ヶ岳号(DD16形・ヨ8000形・オハ46形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

高原列車に乗って(6)

2018年06月03日 11:15

04930.jpg


窓を思い切り開けて、風を楽しんで。
車窓に流れる風景を、自然のままの色で受け止めて。


1980s 国鉄小海線下り列車 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

高原列車に乗って(5)

2018年06月03日 11:00

04929.jpg


気動車に、朱色が似合っている。
今思えば、どの列車にも多くの人が乗っていた。


1980s 国鉄小海線下り列車(キハ52形)・上り列車(キハ58系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

高原列車に乗って(4)

2018年06月02日 10:30

04928.jpg


細いレールを走る気動車、賑やかなホーム。
ローカル線にも、自然体の活気があった。


1980s 国鉄小海線下り列車 車窓(キハ52形・キハ58系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

高原列車に乗って(3)

2018年06月02日 10:00

04927.jpg


時が経ち、このホームで最後に見たのは、モーターで走るハイブリッド気動車。
八ヶ岳の麓を走る列車が、こんなにも素朴だったことを忘れかけていた。


1980s 小淵沢駅 国鉄小海線下り列車(キハ52形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

早春・中央本線(3)

2011年03月25日 12:27

00418.jpg


高原の鉄路に走り始めた新世代のディーゼルカーを初めて見た。
そのスマートなデザインと、ハイブリット方式の走行技術。
鉄道の進化を久しぶりに実感した瞬間だった。

[2009/3 小淵沢駅 JR小海線228D小淵沢行終着(キハE200形)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません