札幌で、赤い電車に乗って(5)

2017年04月19日 22:18

03979.jpg


いくつかの銘板が、この車両の歴史を教えてくれる。
付随車を連結して、夜の郊外へと向かう。


2011/4 札幌駅 JR札沼線(JR函館本線)1649Dあいの里公園行(キハ143形・キサハ144形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

札幌で、赤い電車に乗って(4)

2017年04月18日 22:17

03978.jpg


混雑を捌くために作られた客車が、気動車に改造されて、混雑の激しくなった路線を走っていた。


2011/4 札幌駅 JR札沼線(JR函館本線)1649Dあいの里公園行(キハ143形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

札幌で、赤い電車に乗って(2)

2017年04月17日 22:13

03976.jpg


多くのホームが並ぶ、札幌駅。
そのあちこちから、気動車のエンジン音が聞こえていた。


2011/4 札幌駅 JR札沼線(JR函館本線)1649Dあいの里公園行(キハ143形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

思い出すこと(6)

2017年03月18日 20:45

03915.jpg


このとき、既に学園都市線という名があったのかは、覚えていない。
国鉄の頃のままの姿で、都市札幌を走っていた。


1989/3 札幌駅 JR札沼線(JR函館本線)639D石狩当別行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

賑やかだった時代は過ぎて(14)

2016年04月11日 21:56

03171.jpg


夢見心地の旅から、現実に引き戻された感覚。
札幌駅、次々と発着する列車、時と空間を今にリセットするひと時。
そのとき眺めた列車さえ、時は流れて過去となって。


2011/4 札幌駅 JR札沼線(JR函館本線)647D石狩当別行(キハ143形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(22)

2015年06月23日 18:16

02655.jpg


札幌駅のいつもの躍動感。
この駅に見る列車は、本当に新しく、綺麗になった。


2012/6 札幌駅 JR札沼線(JR函館本線)592M札幌行終着(735系)・JR千歳線(JR函館本線)1037ML特急すずらん7号札幌行終着(785系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(21)

2015年06月23日 17:22

02654.jpg


電化区間の終わりの駅。
電車はここまで。
専用の線路の終端が見えるホームで。


2012/6 北海道医療大学駅 JR札沼線592M札幌行(735系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(20)

2015年06月22日 17:20

02653.jpg


もう既にこの駅舎はないそうだ。
学生の集う駅でさえ、小さくなってゆく。


2012/6 JR札沼線 北海道医療大学駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(19)

2015年06月22日 17:09

02652.jpg


アルミ製の車体の滑らかな質感は、どこか近未来の感覚。
あと一駅。終着駅に着くまで。


2012/6 石狩当別駅 JR札沼線593M北海道医療大学行(735系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(18)

2015年06月21日 17:08

02651.jpg


真新しい電車が停まっているのを見て、この路線が変貌してゆく様を実感した。


2012/6 石狩当別駅 JR札沼線593M北海道医療大学行(735系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(17)

2015年06月21日 16:40

02650.jpg


北海道医療大学駅で降りようとしたら、ワンマンの運転手氏から、今日は週末だから列車がないかもしれないと心配された。
時刻表サイトを見て、乗れる列車があることを知っていたけれど、親切が嬉しくて、あと一駅、終点まで乗ってゆく。
懐かしい列車の雰囲気と共に。


2012/6 月ヶ岡駅 JR札沼線5430D石狩当別行 車内(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(16)

2015年06月20日 16:35

02649.jpg


さっき下って行った列車とは、どこで行き違ったのだろう。
青、白、黄緑。
爽やかな空気に包まれて。


2012/6 知来乙駅 JR札沼線5430D石狩当別行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(15)

2015年06月20日 16:35

02648.jpg


旅していて、本当に心が晴れやかになる。
僕をまたどこかへ連れて行ってくれる列車が、今、やって来た。


2012/6 石狩月形駅~知来乙駅 JR札沼線5430D石狩当別行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(14)

2015年06月19日 16:34

02647.jpg


遥か遠くに、これから乗る列車が見えてきた。
鉄橋を渡る金属音が、列車が木陰に入ってから遅れて聞こえてくる。


2012/6 石狩月形駅~知来乙駅 JR札沼線5430D石狩当別行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(13)

2015年06月19日 16:27

02646.jpg


銀色に光るレールは、確かに列車が通っていることの証。
線路に生える雑草は、列車が自然を走ってゆくことの期待。


2012/6 JR札沼線 知来乙駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(12)

2015年06月18日 16:24

02645.jpg


待合室だけの小さな建物が、この駅は最初から無人駅だったことを今に伝えている。
田園地帯の真っ只中。


2012/6 JR札沼線 知来乙駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(11)

2015年06月18日 16:20

02644.jpg


薄らと排煙を吹き上げて、列車は次の駅を目指す。
短いホームさえ余す単行列車。


2012/6 知来乙駅 JR札沼線5483D浦臼行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(10)

2015年06月17日 16:20

02643.jpg


誰も降りないし、乗る人もいない。
それでも僕は、律儀に走る列車の姿にこの上ない信頼を感じている。


2012/6 知来乙駅 JR札沼線5483D浦臼行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(9)

2015年06月17日 16:19

02642.jpg


エンジンの音、ブレーキの鉄と鉄の擦れ合う音。
この列車は終点までは行かない。


2012/6 月ヶ岡駅~知来乙駅 JR札沼線5483D浦臼行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(8)

2015年06月16日 16:19

02641.jpg


レールが微かに啼き、やがてジョイント音を奏で始める。
列車は、時刻表の通りにやって来た。


2012/6 月ヶ岡駅~知来乙駅 JR札沼線5483D浦臼行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(7)

2015年06月16日 16:05

02640.jpg


毎日、単行気動車が行き来している。
ずっと向こうまで、列車を必要とする人を乗せて。


2012/6 JR札沼線 知来乙駅~月ヶ岡駅 ※踏切より撮影


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(6)

2015年06月15日 16:00

02639.jpg


空は青いという当たり前のことが、本当に青く透き通った空を見上げたときに、心に突き刺さる。


2012/6 JR札沼線 知来乙駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(5)

2015年06月15日 15:58

02638.jpg


芽吹きの季節。
季節を超えて走る列車を、春が柔らかく包み込むだろう。


2012/6 JR札沼線 知来乙駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(4)

2015年06月14日 15:55

02637.jpg


列車はまだ来ない。
誰もいない。
北海道にも、春が訪れた。


2012/6 JR札沼線 知来乙駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

無人駅から(3)

2015年06月14日 15:53

02636.jpg


ホームの端が欠けている。
駅ができたときからこのホームは変わっていないのだろうか。


2012/6 JR札沼線 知来乙駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません