列車は塩狩峠を越えて(27)

2018年01月25日 12:44

04631.jpg


一足ごとにくぐもった音を立てる感覚、ホームには乾いた雪。
寒さが改札に向かう足を速める。
僕は、もっと先へと向かう列車へ。


2016/1 名寄駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行終着(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(26)

2018年01月25日 12:44

04630.jpg


少し前までの灰色の空は、どこかに行ってしまった。
青空が出ることもあるんだと思いながら、間もなく終着駅に。


2016/1 東風連駅~名寄駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(25)

2018年01月25日 12:40

04629.jpg


空が明るくなってきた。
冷え切って凍った運転台の窓、輝いている。


2016/1 東風連駅~名寄駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(24)

2018年01月24日 12:36

04628.jpg


一駅が何キロも離れていて、それさえ通過してゆく。
ここでの鉄道は、遠くに行くための存在なのかもしれない。


2016/1 風連駅~東風連駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(23)

2018年01月24日 12:35

04627.jpg


重たげな空が、駅を覆っている。
幾多となく列車を停め、地域の玄関となってきた駅を。


2016/1 風連駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(22)

2018年01月24日 12:34

04626.jpg


雪は止んだのだろうか。
この駅を出れば、この列車の終着駅まで、もう停まらない。


2016/1 風連駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(21)

2018年01月23日 12:34

04625.jpg


停まった駅の、隣の線路。
微かに列車の通った跡、雪がそれを隠してゆく。


2016/1 風連駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(20)

2018年01月23日 12:21

04624.jpg


全ての席が埋まり、立ち客もいる単行列車。
次の町を目指して、全速力で走る。


2016/1 士別駅~下士別駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(19)

2018年01月23日 12:19

04623.jpg


はらはらと雪が舞う。
発車の合図がされると、ホームには誰もいなくなった。


2016/1 士別駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(18)

2018年01月22日 12:15

04622.jpg


僕の中で、何か熱いものが心に滾っている。
真白な車窓のように、純粋な何かが僕を満たしてゆく。


2016/1 剣淵駅~北剣淵駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(17)

2018年01月22日 12:11

04621.jpg


雪の塊が落ちて、思いがけず車窓が開けた。
跨線橋だけが駅だと知らせてくれる、雪景色。


2016/1 剣淵駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(16)

2018年01月22日 12:06

04620.jpg


単行列車の走るローカル線、そのイメージとは違う。
時速90キロ、持てる力を余さずに走ってゆく。


2016/1 東六線駅~剣淵駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車内(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません



今日は、東京も雪。
まだ濡れているだけの地面でも、積もるだろう、電車が止まって家に帰れない人も出てくるかもしれないと大騒ぎ。
窓の外の雪を見て、また、道北の鉄道の逞しさを思っている。

列車は塩狩峠を越えて(15)

2018年01月21日 12:05

04619.jpg


巻き上げた雪が窓に凍り付き、もう、何も見えない。
酷寒の地を、最北に向かって走っているから。


2016/1 和寒駅~東六線駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(14)

2018年01月21日 12:01

04618.jpg


塩狩駅から8Km、峠を降りてきた。
雪はまた強く降り始め、駅の姿が霞む。


2016/1 和寒駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(13)

2018年01月21日 12:00

04617.jpg


隙間には向こうの列車。
車体の美しい黄緑の帯も雪に隠されて、世界はモノトーンに。


2016/1 和寒駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓(キハ40形)・324D旭川行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(12)

2018年01月20日 11:52

04616.jpg


小説で有名になった、ここが塩狩峠。
列車は速度を上げ、雪煙に車窓は見えなくなった。


2016/1 塩狩駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(11)

2018年01月20日 11:49

04615.jpg


ゆっくりだけれど、確かな足取り。
雪の線路を、峠の駅へ登ってゆく。


2016/1 蘭留駅~塩狩駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(10)

2018年01月20日 11:47

04614.jpg


ラッセル車が雪を除けたシェイプ。
舞い上がる粉雪は、今来た線路さえ白く霞ませてゆく。


2016/1 北比布駅~蘭留駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(9)

2018年01月19日 11:45

04613.jpg


列車は、雪を巻き上げながら走ってゆく。
窓ガラスにつき、融けては凍って。


2016/1 北比布駅~蘭留駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(8)

2018年01月19日 11:42

04612.jpg


昔と変わらない運転台のところどころに、真新しい機器。
この車両は時代を越えて、この線路も時代を越えて。


2016/1 比布駅~北比布駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車内(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(7)

2018年01月19日 11:40

04611.jpg


そうではなかった時代があった。
手で扉を開け、乗った車内には板張りの床、写真の中の世界。


2016/1 比布駅~北比布駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(6)

2018年01月18日 11:40

04610.jpg


あと少しで、新幹線が北海道に延びてくる。
今、この列車からは遠く離れた場所に。


2016/1 比布駅~北比布駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(5)

2018年01月18日 11:38

04609.jpg


凍り付いた車窓に、凍てついた駅が遠ざかるのを見ている。
今、旅をしている。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行 車窓(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(4)

2018年01月18日 11:37

04608.jpg


何人かの乗客が、雪の駅に降りて、どこかへと去ってゆく。
単行列車は、今から、雪の峠へと向かう。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

列車は塩狩峠を越えて(3)

2018年01月17日 11:36

04607.jpg


さらさらと、雪は舞い、全てを白に包み込む。
列車の通った2本のレールだけ、真っ直ぐに軌跡を残して。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線3321D快速なよろ1号名寄行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません