思い出すこと(16)

2017年03月23日 22:45

03925.jpg


函館・青森、稚内、網走、そして釧路へ。
夜行の急行が旅立つ札幌駅、遠くの町への想いが漂っている。


1989/3 札幌駅 JR千歳線(JR函館本線)411急行まりも釧路行(DD51形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

思い出すこと(15)

2017年03月23日 22:40

03924.jpg


この列車に乗って、夜を旅する。
長距離列車の誇らしげな姿、大きなヘッドマーク。


1989/3 札幌駅 JR函館本線511急行大雪網走行(ED76形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

思い出すこと(14)

2017年03月22日 22:30

03923.jpg


釧路から、350Kmを走ってきた列車。
終着駅に着いて、僕にはほっとしているように見えた。


1989/3 札幌駅 JR千歳線(JR函館本線)44D特急おおぞら14号札幌行終着(キハ183系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

思い出すこと(13)

2017年03月22日 21:55

03922.jpg


走り始めてまだ1年、列車は期待の青函トンネルを目指す。
30年弱の、在来線旅客輸送の歴史を閉じるまで。


1989/3 札幌駅 JR千歳線(JR函館本線)202急行はまなす青森行(DD51形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

思い出すこと(12)

2017年03月21日 21:50

03921.jpg


ディーゼル機関車の重低音が、札幌の都会的なホームに響き渡る。
それを見ている時間が、僕には幸せだった。


1989/3 札幌駅 JR千歳線(JR函館本線)202急行はまなす青森行(DD51形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

思い出すこと(11)

2017年03月21日 21:45

03920.jpg


機関車が客車を牽く姿を、久しく見ていない。
当たり前に走っていた頃を、懐かしく思い出しながら。


1989/3 札幌駅 JR函館本線311急行利尻稚内行(ED76形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

思い出すこと(10)

2017年03月20日 21:15

03919.jpg


まだ、寒かった。
赤い客車を牽く、赤い機関車。
暖房用の蒸気が、白く吐き出された。


1989/3 札幌駅 JR函館本線953岩見沢行(ED76形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

思い出すこと(9)

2017年03月20日 21:10

03918.jpg


あの頃から、変わらない列車もある。
あの頃に見ただけで、いつしか消えていった列車もある。


1989/3 札幌駅 JR函館本線339M札幌行終着(721系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

思い出すこと(8)

2017年03月19日 21:05

03917.jpg


それまで見たことのなかった列車が、次々と発着している。
大きな札幌駅で、どのホームにいても楽しくて仕方がない。


1989/3 札幌駅 JR函館本線1289M札幌行終着(711系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

思い出すこと(7)

2017年03月19日 21:00

03916.jpg


丸みを帯びたデザインに、愛嬌を感じる。
綺麗に磨き上げられた車体は、特急列車の風格。


1989/3 札幌駅 JR函館本線2029ML特急ライラック29号札幌行終着(781系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

思い出すこと(6)

2017年03月18日 20:45

03915.jpg


このとき、既に学園都市線という名があったのかは、覚えていない。
国鉄の頃のままの姿で、都市札幌を走っていた。


1989/3 札幌駅 JR札沼線(JR函館本線)639D石狩当別行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

思い出すこと(5)

2017年03月18日 16:55

03914.jpg


日々の当たり前の中で、いつしか記憶も薄れてゆく。
津軽海峡を挟んで、今にして夢のような列車が共演していた、確かにそうだった。


1989/3 函館駅 JR江差線(JR函館本線)4004特急日本海4号大阪行(ED79形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

思い出すこと(4)

2017年03月17日 16:50

03913.jpg


それまでの国鉄時代の列車とは、明らかに違う装い。
札幌を目指す特急列車は、僕には新しい世界への誘い。


1989/3 函館駅 JR函館本線5013D特急北斗13号札幌行(キハ183系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

津軽海峡の駅

2017年02月11日 13:51

03830.jpg


空を映して、微かに青味を帯びる雪。
この駅は、津軽海峡と共にある。


2016/2 JR函館本線 函館駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

厳寒の鉄路へ(45)

2017年01月15日 11:27

03777.jpg


永山駅から、列車が遅れていると放送が流れた。
一人のお爺さんが買い物袋を手に、こんな雪で遅れているようじゃあだめだ、とつぶやいた。


2016/1 JR宗谷本線 比布駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

厳寒の鉄路へ(44)

2017年01月15日 11:18

03776.jpg


ポイントの除雪だろうか、作業員氏が雪の線路を歩いて確認している。
鉄道は、人の手で守られている。


2016/1 JR宗谷本線 比布駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

厳寒の鉄路へ(43)

2017年01月15日 11:17

03775.jpg


昭和の時代に、テレビコマーシャルにも出た駅。
その賑わいは、いつまで続いたのだろうか。


2016/1 JR宗谷本線 比布駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

厳寒の鉄路へ(41)

2017年01月14日 11:15

03773.jpg


雪は激しさを増している。
列車の後姿を見送りながら、心に熱いものを感じた。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線1364D旭川行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

厳寒の鉄路へ(42)

2017年01月14日 11:15

03774.jpg


雪は、音さえも消してしまう。
駅を発った列車は、雪に霞み、エンジン音ももう聞こえない。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線1364D旭川行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

厳寒の鉄路へ(40)

2017年01月14日 11:14

03772.jpg


ブレーキの空気音。ヘッドライトが点いた。
出発のとき。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線1364D旭川行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

厳寒の鉄路へ(39)

2017年01月13日 11:10

03771.jpg


何人かの人が、ここを通ってホームに降りてゆく。
そして何人かの人が、ここを通って列車から離れてゆく。


2016/1 JR宗谷本線 比布駅


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

厳寒の鉄路へ(38)

2017年01月13日 11:03

03770.jpg


走り始めて、もうすぐ40年。
次の世代の車両も話題に出始めて、寂しさを感じている。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線1364D旭川行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

厳寒の鉄路へ(37)

2017年01月13日 11:01

03769.jpg


この駅で、60年間見届けてきた。
時代を超えて、走る列車は変わっても、駅はここにずっとあった。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線1364D旭川行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

厳寒の鉄路へ(36)

2017年01月12日 11:01

03768.jpg


爽やかな装いは、純白の風景に似合っている。
雪を纏った列車の姿に魅了されて、いつまでも眺めていた。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線1364D旭川行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

厳寒の鉄路へ(35)

2017年01月12日 10:59

03767.jpg


この駅から、旭川の街へと折り返す。
雪の中、この列車を待っていた人がいる。


2016/1 比布駅 JR宗谷本線1364D旭川行(キハ40形)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません