いつもの電車の風景(12)

2017年06月24日 17:39

04123.jpg


もう、時間が経ったんだ。
僕のこの路線の記憶、そこから列車は少しずつ変化し続けている。


2015/6 鶴瀬駅 東武東上線1047急行小川町行(10030系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもの電車の風景(11)

2017年06月24日 17:36

04122.jpg


幾度となく乗った車両、いつしかリニューアルされていた。
ヘッドライトや表示の輝きが、今の時代の雰囲気。


2015/6 鶴瀬駅 東武東上線3347準急川越市行(10030系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもの電車の風景(10)

2017年06月23日 17:28

04121.jpg


横浜を出て、東京の地下を通り抜け、埼玉まで走ってくる。
この路線に、外の風が吹き込んできたように。


2015/6 鶴瀬駅 東武東上線D4637S川越市行(10000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもの電車の風景(9)

2017年06月23日 17:24

04120.jpg


車両が変われば、列車のあり方も変わる。
快速、見たことのない列車が、猛スピードで通過してゆく。


2015/6 鶴瀬駅 東武東上線4129快速小川町行(30000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもの電車の風景(8)

2017年06月22日 17:22

04119.jpg


昭和38年から活躍し続けた電車、保守的なイメージ。
その姿は既になく、ステンレス・アルミの綺麗な車両ばかりに。


2015/6 鶴瀬駅 東武東上線343川越市行(50000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもの電車の風景(7)

2017年06月22日 17:18

04118.jpg


新旧に関係なく、普通から急行まで。
この駅は通過、スピードを落とすことなく風を巻き起こして。


2015/6 鶴瀬駅 東武東上線1243急行森林公園行(10000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもの電車の風景(6)

2017年06月21日 17:16

04117.jpg


地下鉄に直通する車両も、地上専用の車両も。
同じデザインに揃えられて、一層魅力的に見える。


2015/6 鶴瀬駅 東武東上線3207準急森林公園行(50000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもの電車の風景(5)

2017年06月21日 17:09

04116.jpg


いつ見ても、このデザインは秀逸だと思う。
整っていて、鮮やかで、スマートで。


2015/6 鶴瀬駅 東武東上線D1609T川越市行(50070系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもの電車の風景(4)

2017年06月20日 17:04

04115.jpg


ステンレス車の最初の世代、コルゲートが無骨に見える。
どこか垢抜けない、昭和の時代の東武のイメージ。


2015/6 鶴瀬駅 東武東上線1045急行小川町行(10000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもの電車の風景(3)

2017年06月20日 17:00

04114.jpg


10両編成は、東京の通勤電車のポピュラーな姿。
200mの長さで、次々と列車がやってくるダイナミズム。


2015/6 鶴瀬駅 東武東上線341川越市行(30000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもの電車の風景(2)

2017年06月19日 16:48

04113.jpg


走り始めたとき、それまでの東武のイメージとのギャップに驚いた。
鮮やかなオレンジ、スマートな大きな窓。


2015/6 鶴瀬駅 東武東上線1241急行森林公園行(50000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

いつもの電車の風景(1)

2017年06月19日 16:45

04112.jpg


本線系統から、東上線に移って来ていた。
地下鉄に乗り入れる役割を終えて、小雨の地上を走っている。


2015/6 鶴瀬駅 東武東上線3345準急川越市行(30000系)


© 2010 風旅記(M.M.) *許可なく転載はできません

碓氷峠の記憶(1)

2016年04月24日 05:50

03196.jpg


走り始めて5年だったこの車両も、今は既に車齢25年。
時の流れの速さに驚きながらも、人影疎らな早朝の池袋を起点に記憶をトレースしてゆく。


1996/4 池袋駅 東武東上線小川町行(10030系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

その先へつながる(8)

2015年09月11日 14:33

02788.jpg


この駅を管理するのは東武鉄道。
東京から埼玉に入って最初の駅は、ベッドタウンの雰囲気。


2014/9 東武東上線 和光市駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪を見る(5)

2011年02月25日 16:26

00393.jpg


葉をすっかり落とした、冬の木々の繊細な模様。
列車は自然の繊細な造形の中を走る。

[2008/2 玉淀駅~鉢形駅 東武東上線小川町行(8000系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪を見る(4)

2011年02月24日 16:12

00392.jpg


東上線の都心側・池袋では、今この時にも数分おきに10両編成の列車が発着している。
同じ時間に、この終点側では、短い列車が、白と黒に色を削ぎ落とした荒川の渓谷を望んでいる。

[2008/2 玉淀駅~鉢形駅 東武東上線寄居行(8000系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪を見る(3)

2011年02月23日 16:10

00391.jpg


4両編成の列車が、荒川を渡ってゆく。
小雪が舞い、冷え切った風が吹き渡る。

[2008/2 玉淀駅~鉢形駅 東武東上線小川町行(8000系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪を見る(2)

2011年02月22日 15:35

00390.jpg


雪の森の中を走ってくる列車は、凛々しくヘッドライトを輝かせている。
雪降る午後、列車の青い帯色までもが色を失う冷たい世界。

[2008/2 東武竹沢駅 東武東上線小川町行(8000系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪を見る(1)

2011年02月21日 14:55

00389.jpg


遅めの時間に目覚めると、妙に静かだった。
東京に数年ぶりと言われる雪が降ったのだった。
白く静かな景色を走る東武東上線の終点近く。東京の始発、池袋とは別世界が広がっていた。

[2008/2 玉淀駅 東武東上線寄居行(8000系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません