風旅記

私的旅行記による、幾つかの一場面をあなたに
土地の記憶のかけらをここに残し、
それが誰かの旅の道標となることを願って
写真が好きな一旅人のささやかな旅行記をここに。

Category東上線 1/1

いつもの電車の風景(12)

...

  •  0
  •  -

いつもの電車の風景(11)

...

  •  0
  •  -

いつもの電車の風景(10)

...

  •  0
  •  -

いつもの電車の風景(9)

...

  •  0
  •  -

いつもの電車の風景(8)

...

  •  0
  •  -

いつもの電車の風景(7)

...

  •  0
  •  -

いつもの電車の風景(6)

...

  •  0
  •  -

いつもの電車の風景(5)

...

  •  0
  •  -

いつもの電車の風景(4)

...

  •  0
  •  -

いつもの電車の風景(3)

...

  •  0
  •  -

いつもの電車の風景(2)

...

  •  0
  •  -

いつもの電車の風景(1)

...

  •  0
  •  -

碓氷峠の記憶(1)

...

  •  0
  •  -

その先へつながる(8)

この駅を管理するのは東武鉄道。東京から埼玉に入って最初の駅は、ベッドタウンの雰囲気。2014/9 東武東上線 和光市駅© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  2
  •  -

雪を見る(5)

葉をすっかり落とした、冬の木々の繊細な模様。列車は自然の繊細な造形の中を走る。[2008/2 玉淀駅~鉢形駅 東武東上線小川町行(8000系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

雪を見る(4)

東上線の都心側・池袋では、今この時にも数分おきに10両編成の列車が発着している。同じ時間に、この終点側では、短い列車が、白と黒に色を削ぎ落とした荒川の渓谷を望んでいる。[2008/2 玉淀駅~鉢形駅 東武東上線寄居行(8000系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

雪を見る(3)

4両編成の列車が、荒川を渡ってゆく。小雪が舞い、冷え切った風が吹き渡る。[2008/2 玉淀駅~鉢形駅 東武東上線小川町行(8000系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

雪を見る(2)

雪の森の中を走ってくる列車は、凛々しくヘッドライトを輝かせている。雪降る午後、列車の青い帯色までもが色を失う冷たい世界。[2008/2 東武竹沢駅 東武東上線小川町行(8000系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -

雪を見る(1)

遅めの時間に目覚めると、妙に静かだった。東京に数年ぶりと言われる雪が降ったのだった。白く静かな景色を走る東武東上線の終点近く。東京の始発、池袋とは別世界が広がっていた。[2008/2 玉淀駅 東武東上線寄居行(8000系)]© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません...

  •  0
  •  -