碓氷峠の記憶(1)

2016年04月24日 05:50

03196.jpg


走り始めて5年だったこの車両も、今は既に車齢25年。
時の流れの速さに驚きながらも、人影疎らな早朝の池袋を起点に記憶をトレースしてゆく。


1996/4 池袋駅 東武東上線小川町行(10030系)


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

その先へつながる(8)

2015年09月11日 14:33

02788.jpg


この駅を管理するのは東武鉄道。
東京から埼玉に入って最初の駅は、ベッドタウンの雰囲気。


2014/9 東武東上線 和光市駅


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪を見る(5)

2011年02月25日 16:26

00393.jpg


葉をすっかり落とした、冬の木々の繊細な模様。
列車は自然の繊細な造形の中を走る。

[2008/2 玉淀駅~鉢形駅 東武東上線小川町行(8000系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪を見る(4)

2011年02月24日 16:12

00392.jpg


東上線の都心側・池袋では、今この時にも数分おきに10両編成の列車が発着している。
同じ時間に、この終点側では、短い列車が、白と黒に色を削ぎ落とした荒川の渓谷を望んでいる。

[2008/2 玉淀駅~鉢形駅 東武東上線寄居行(8000系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪を見る(3)

2011年02月23日 16:10

00391.jpg


4両編成の列車が、荒川を渡ってゆく。
小雪が舞い、冷え切った風が吹き渡る。

[2008/2 玉淀駅~鉢形駅 東武東上線小川町行(8000系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪を見る(2)

2011年02月22日 15:35

00390.jpg


雪の森の中を走ってくる列車は、凛々しくヘッドライトを輝かせている。
雪降る午後、列車の青い帯色までもが色を失う冷たい世界。

[2008/2 東武竹沢駅 東武東上線小川町行(8000系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません

雪を見る(1)

2011年02月21日 14:55

00389.jpg


遅めの時間に目覚めると、妙に静かだった。
東京に数年ぶりと言われる雪が降ったのだった。
白く静かな景色を走る東武東上線の終点近く。東京の始発、池袋とは別世界が広がっていた。

[2008/2 玉淀駅 東武東上線寄居行(8000系)]


© 2010 風旅記(M.M.) 風旅記以外への転載はできません